コトブキヤ ARTFX J 幽☆遊☆白書 浦飯幽助 レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

コトブキヤ ARTFX J 幽☆遊☆白書 浦飯幽助 レビュー

007_20120928044536.jpg
今回は、コトブキヤ ARTFX J 幽☆遊☆白書 浦飯幽助 レビューです。



浦飯幽助は、「 幽☆遊☆白書」の主人公です。彼は札付きの不良だったのですが、車にひかれそうな子供を助けて死んでしまいます。あの世へとたどり着いた幽助は、生き返らせるかわりに霊界探偵になることをコエンマから依頼され、以後霊界探偵として地上を乱す妖怪たちと戦うことになりました。
幽助は、前にレビューした飛影、蔵馬と比較すると当時の人気は劣りますが、女性よりも当時ジャンプを呼んでいた男性にはかなり支持されていたと思います。劇中の幽助をどのように再現しているのか気になります。それではレビューを始めます。








動画作成者様 ありがたく使わせていただきます。

(全体像)
009_20120928044607.jpg
010_20120928044621.jpg
011_20120928044636.jpg
013_20120928044706.jpg
014_20120928044721.jpg
全体的に安定した塗装で仕上げられています。全長は劇中通り飛影と同じくらいなのも再現されています。

(顔アップ)
015_20120928044735.jpg
017_20120928044805.jpg
顔はサンプルから劣化なく量産されています。ただ、もうちょっと頭髪などが造形で再現されているとより良かったですね。

(各部)
018_20120928044819.jpg
019_20120928044834.jpg
020_20120928044848.jpg
021_20120928044903.jpg
制服の陰影やしわなどの再現は今までのものの中で最もしっかりしていると思います。

上半身裸
027_20120928045032.jpg
028_20120928045046.jpg
029_20120928045101.jpg
030_20120928045116.jpg
032_20120928045145.jpg
033_20120928045200.jpg
裸の筋肉の陰影な及び造形を再現しています。ただ、上着のグリーンが移りやすいので、着脱するさいは注意が必要です。

ズボン
022_20120928044918.jpg
023_20120928044933.jpg
024_20120928044948.jpg
025_20120928045002.jpg
026_20120928045017.jpg
ズボンも上着と同じく、陰影やしわを良く再現しています。

(オプション)

霊獣プー
034_20120928045215.jpg
035_20120928045229.jpg
037_20120928045300.jpg
コエンマからもらった卵からかえった霊獣。ただのペット並みかと思いきや、暗黒武術会では戸愚呂弟の妖気を遮断する壁(バリア)を張ったり、玄海が乗り移って幽助にアドバイスしたりと、劇中でもそこそこ活躍していました。フィギュア自体は無可動ですが、塗装および造形は劇中によく似せて作られていると思います。頭部とマグネットでしっかりとくっつきます。

台座
063_20120928045932.jpg
台座には霊丸が描かれたデザインになっています。

064_20120928045947.jpg
台座はそれぞれ干渉せずにできるだけ近づかせることができ、フィギュアをより密着して並べることができます。


(そのほか)
038_20120928045315.jpg
039_20120928045330.jpg
040_20120928045344.jpg
041_20120928045359.jpg
042_20120928045414.jpg
043_20120928045429.jpg
044_20120928045443.jpg
045_20120928045458.jpg
046_20120928045513.jpg
047_20120928045528.jpg
048_20120928045543.jpg
ちなみにこの幽助のフィギュアだけ首が左右に可動します。

幽助チーム(不完全)
049_20120928045558.jpg
050_20120928045612.jpg
051_20120928045627.jpg
053_20120928045658.jpg
055_20120928045729.jpg
057_20120928045759.jpg
058_20120928045814.jpg
今になって完成度の高いフィギュアで幽助達がそろうとは思ってもみませんでした。

059_20120928045830.jpg
しかし人気順とはいえ、やはりここに桑原がいないのはどうしても当時ジャンプを読んでいた世代としては納得できない・・・。

062_20120928045917.jpg
幽助はどちらかというと霊丸を撃つポーズのほうが馴染みがあるので、そちらのポーズでも商品化してほしい気がします。

以上、コトブキヤ ARTFX J 幽☆遊☆白書 浦飯幽助 レビューでした。

(総評)
良かったところ
全体的に安定した塗装品質
制服、身体の塗装の塗り分け
ヘッドが左右に可動

気になったところ
霊丸などもっと動きのあるポーズのほうが良かった
飛影、蔵馬に比べるとオプションが少ないかも

全身の塗装品質、造形などは相変わらず高かったです。上着を着脱することにより、上半身裸の状態を再現できるのも良かったです。首が左右に可動できるので、他の二体と違ってある程度は見栄えが変わると思います。ただ、連載当時に読んでいた私としては、霊丸のエフェクトパーツを使用できる霊丸発射の構えなど、より幽助らしいポーズのほうが良かったと思いました。できればもっと動きのあるポーズも欲しかったですね。

これでこのシリーズは一旦終わりのようですが、何度も書くように桑原がいないのはどうしてもさみしい気がします。人気も実力的にもいままでの三人に比べたら劣りますが、霊剣や次元刀などストーリーには欠かせないキャラだっただけに、受注生産でもいいから出してほしいところです。また、常時メンバーではありませんが、幻海師範も霊力使用時(若い方)、通常時、覆面時などを差し替えで再現して出てほしいですね。
個人的には、敵側も戸愚呂弟、鴉、武威、仙水、ヨミ、骸なども出たらいいかも知れませんね。

それでは今回はこれにて。


ARTFX J 幽☆遊☆白書 浦飯幽助

ARTFX J 幽☆遊☆白書 蔵馬

ARTFX J 幽☆遊☆白書 飛影


(関連レビュー)
コトブキヤ ARTFX J 幽☆遊☆白書 飛影
コトブキヤ ARTFX J 幽☆遊☆白書 蔵馬

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ