「ROBOT魂 ダンバイン」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

「ROBOT魂 ダンバイン」代行レビュ―

dbin044.jpg
今回は、
「ROBOT魂 ダンバイン」の代行レビュ―です。



1983年に放送された
アニメ「聖戦士ダンバイン」に登場する
主人公「ショウ・ザマ」の初代愛機
「ダンバイン」の「ROBOT魂」です。

物語途中で、
「ショウ」が「ビルバイン」に乗り換えたため、
「ダンバイン」は「マーベル・フローズン」の
愛機となりました。

「ダンバイン」は元々、
「ショウ」の乗っていた機体以外にも、
「トッド・ギネス」用と、
「トカマク・ロブスキー」用の
計3機存在しました。


「ダンバイン」のデザインは、
最初見た時、
カブトムシに見えて仕方ありませんでした。

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」放送当時、
主役機「エヴァンゲリオン初号機」を見ると、
色が似ているせいか、
「ダンバイン」を連想してしまいました。



それではレビューです。



※本レビューには作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。



「ダンバイン とぶ」MIO

「みえるだろうバイストン・ウェル」 MIO

※動画投稿者の方々へ、ありがたく使わせて頂きます。



(全体図)
dbin001.jpg
dbin002.jpg
dbin003.jpg
dbin004.jpg
dbin005.jpg
dbin006.jpg

(「頭部」アップ)
dbin007.jpg
dbin008.jpg
dbin009.jpg
「カブトムシっぽい頭部の角」を含め、
「ダンバインの頭部」のデザインが
きちんと再現されています。

(付属品)
dbin010.jpg
交換用手首(左右各4種)
オーラ・ショット(2個)

オーラ・ソード
オーラ・ソードエフェクト
ビルバイン騎乗用ジョイントパーツ

(「オーラ・ショット」装備)
dbin011.jpg
dbin012.jpg
dbin013.jpg
dbin014.jpg
「ダンバイン」の両腕に
「オーラ・ショット」を装備できます。

(「背部」アップ)
dbin015.jpg

(「オーラ・コンバーター」展開)
dbin016.jpg
玩具オリジナルギミックとして、
「オーラ・コンバーター」を、
左右に展開させる事ができます。

(「オーラ・コンバーター」の可動)
dbin017.jpg
「オーラ・コンバーター」の向きを、
「ダンバインの背中」に対し、
ほぼ直角にする事ができます。

(「羽」の展開)
dbin018.jpg
dbin019.jpg
dbin020.jpg
「ダンバインの背中の羽」も、
可動させる事ができます。

(「本体腰部凹部」アップ)
dbin021.jpg

dbin022.jpg
dbin023.jpg
「本体腰部凹部」に、
別売りの「魂STAGE ACT.5」のジョイントを
差し込む事で、
ディスプレイする事ができます。

(「オーラ・ソード」装備)
dbin024.jpg
専用剣「オーラ・ソード」を
持たせる事ができます。

(「鞘」アップ)
dbin025.jpg
「オーラ・ソード」を「鞘」に納め、
「オーラ・コンバーターの右側」に
取り付ける事ができます。

(「定番のポーズ」のつもり)
dbin026.jpg
dbin027.jpg

(オーラ斬り)
dbin028.jpg
dbin029.jpg
「オーラ・ソード」に、
「オーラ・ソード エフェクト」を取り付ける事で、
必殺技「オーラ斬り」の場面を再現できます。

(「コクピット」の展開)
dbin030.jpg
dbin031.jpg
dbin032.jpg
dbin033.jpg
同シリーズ「ビルバイン」同様、
「胸部のキャノピー」を展開させ、
「コクピット内部」を見る事ができます。

(「コクピット内部」アップ)
dbin034.jpg
dbin035.jpg
dbin036.jpg
「パイロットの人形」は付属しませんが、
「コクピット内部」も再現されています。

(以下適当に何枚か)
dbin037.jpg
dbin038.jpg
dbin039.jpg
dbin040.jpg
dbin041.jpg
dbin042.jpg
dbin043.jpg
dbin044.jpg


(「ビルバイン騎乗用ジョイントパーツ」取付状態「ウイング・キャリバー」)
dbin045.jpg
dbin046.jpg

(「ウイング・キャリバー」に騎乗する「ダンバイン」)
dbin047.jpg
dbin048.jpg
同シリーズの「ビルバイン」が変形した
「ウイング・キャリバー」に、
「ビルバイン騎乗用ジョイントパーツ」を取り付ける事で、
「ダンバイン」を騎乗させる事ができます。

「ダンバイン足裏の穴」に、
「ビルバイン騎乗用ジョイントパーツ」を差し込んだ上で、
「ウイング・キャリバー」の、
「オーラ・コンバーター部」に取り付けます。


(「ダンバイン」&「ビルバイン」2ショット)
dbin049.jpg
「ビルバイン」に比べ、
「ダンバイン」の方が
一回り程小さいです。

(「ダンバイン」を乗せて飛行する「ウイング・キャリバー」)
dbin050.jpg
dbin051.jpg

(「ウイング・キャリバー」から飛び降りる「ダンバイン」)
dbin052.jpg

(「ビルバイン」に変形する「ウイング・キャリバー」)
dbin053.jpg
dbin054.jpg

(一緒に突進する「ビルバイン」&「ダンバイン」)
dbin055.jpg

(「ダブルオーラ斬り」炸裂)
dbin056.jpg
dbin057.jpg



(総評)


(長所)

「ビルバイン」に比べて地味な印象がするものの、
その分「より昆虫っぽい雰囲気」の強い
「ダンバイン」独特のデザインが、
忠実に再現されていると思いました。

「玩具オリジナルギミック」である
「オーラ・コンバーターの左右の展開」は、
個人的には面白く、
しっくりしました。

「オーラ・コンバーター」を、
「ダンバインの背中」に対し、
直角の状態でキープでき、
「ビルバイン」の不満点だった、
「羽」のポロリがない点は、
ストレスを感じる事もありませんでした。

「オーラ・ショット」が2つ付属するおかげで、
「オーラ・ショットの両腕撃ち」が再現できて
うれしかったです。

本商品にも
「オーラ・ソード エフェクト」が付属して、
「ビルバイン」と組み合わせて、
「ダブルオーラ斬り」が再現できる点も、
良かったと思います。

「本体腰部の凹部」のおかげで、
「魂STAGE」にしっかりと
ディスプレイできました。

同シリーズの
「エルガイム」と「エルガイムMk-Ⅱ」の時と違い、
本商品には、
「ウイング・キャリバーへのダンバインの騎乗」を考慮した
「ビルバイン騎乗用ジョイントパーツ」が付属する点が、
かゆい所に手が届いていると思いました。

本商品の付属品に対し、
充実の内容だと
感じました。


(短所)

「ビルバイン騎乗用ジョイントパーツ」について、
「ダンバインの足裏」にはしっかりと差し込めるのに対し、
「ウイング・キャリバーのオーラ・コンバーター部」への接続が緩く、
抜けやすい点が本当に残念でした。


本当に惜しい所が残念でしたが、
先にリリースされた「ビルバイン」に負けず劣らず、
「劇中のデザイン」がかっこよく再現され、
付属品が充実している商品だと思いました。


今後、
「ダンバイン関連のROBOT魂」として、
「プレミアムバンダイ限定」で、
「ビルバイン(迷彩塗装Ver.)」や
「トッド・ギネス用ダンバイン」・
「トカマク・ロブスキー用ダンバイン」が
商品化予定です。


簡素なレビュ―となりましたが、
今回はこれまで!



MGオーラバトラー 1/35 トカマクダンバイン
MGオーラバトラー 1/35 トッドダンバイン

(関連レビュー)
ROBOT魂 ビルバイン レビュー

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ