PBM! 仮面ライダーフォーゼ コズミックステイツ レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

PBM! 仮面ライダーフォーゼ コズミックステイツ レビュー

fcs176.jpg
今回は、PBM! 仮面ライダーフォーゼ コズミックステイツ レビューです。





PBM! 仮面ライダーフォーゼ コズミックステイツのレビューです。

仮面ライダーフォーゼ コズミックステイツは、コズミックスイッチの力でステイツチェンジするフォーゼの最強形態です。劇場版では、メテオフュージョンステイツ、メテオなでしこフュージョンステイツが存在するため、これらを合わせると実質は最強フォームではないのですが、テレビ本編では最後まで最強フォームとして戦い抜きました。
それではレビューを始めます。
※間違い指摘ありがとうございました!20130323間違い修正)


仮面ライダーフォーゼOP switch on!

仮面ライダーフォーゼ『COSMIC MIND』FULL



(全体像)
fcs012.jpg
fcs013.jpg
fcs014.jpg
fcs016.jpg
頭部のコズミカルメット、全身のブルーのコズミックガーメント、胸のスイッチグラングまで、劇中のスーツに近く再現されています。全身を覆うブルーのスーツの光沢がきれいです。

(ベースステイツとの比較)
296_20130323165504.jpg
297_20130323165521.jpg
体型はほとんど変わりませんが、ボディのカラー、胸のアーマーやヘッドデザイン、肩のウイング、背面のノズル等違った部分も多いです。

(ヘッド)
fcs021.jpg
023_20130323154306.jpg
024_20130323154323.jpg
fcs028.jpg
コズミカルメットは、特徴的なくまどりのような模様が再現されています。


026_20130323154355.jpg
目の部分の中のレッドの内部構造も綺麗に仕上がっています。額のラインはオレンジに輝くクリアパーツで再現されています。

027_20130323154411.jpg
頭の先端や両耳の先端部分は、RAH DX ジョーカーと比べてあまりとがってはいないので、ジョーカーのように破損しにくくなっています。


胸部
fcs019.jpg
fcs020.jpg
ベースステイツの肩の部分にウィングが貼り付けられています。しかしこのウィングが干渉するため、腕を上に上げることは難しいです。


fcs018.jpg
fcs034.jpg
胸のスイッチグラングは、内部にスイッチがプリントで再現されており、その上に透明なパーツの二重構造になっています。前に出たディケイドコンプリートフォームではシールを貼っただけだったのですが、今回は改善されていました。


fcs029.jpg
fcs031.jpg
背中のコズモマニューバは、ベースステイツと比較してロケットノズルが付加されている上に、全体的に大型化しています。

fcs037.jpg
fcs040.jpg
fcs041.jpg
fcs042.jpg
腕と足のモジュールデッカーは、塗装はコズミック仕様に変更されています。

fcs036.jpg
腕には、リングが追加されています。

fcs032.jpg
fcs033.jpg
ボディスーツは、メタリックブルーで彩色されています。

(オプション)
295_20130323165447.jpg
ハンドは、10種類は付属しており、バリズンソード、フォーゼドライバなど多数の状態を再現できます。

フォーゼドライバ
052_20130323155041.jpg
ベースステイツと同形状のフォーゼドライバが再現されています。

アストロスイッチ
アストロスイッチは、1番以外はベースステイツと同じで、一番にはコズミックスイッチを挿すようになっています。※ベースステイツのレビュー参照


コズミックスイッチ
スイッチ(閉じ)
057_20130323155200.jpg
058_20130323155217.jpg
059_20130323155234.jpg

スイッチ(開き)
060_20130323155251.jpg
061_20130323155308.jpg
062_20130323155325.jpg
063_20130323155343.jpg
コズミックスイッチは二種類付属し、一つは開状態、もうひとつは閉状態を再現しています。スイッチ部分のボタンとふた等も綺麗に再現されています。

使用例
364_20130323171229.jpg
スイッチは、ベースステイツのドライバーにも差し込むことができ、コズミックステイツ変身の状態を再現することができます。

バリズンソード(ブーストモード)
078_20130323155802.jpg
079_20130323155819.jpg
081_20130323155854.jpg

082_20130323155912.jpg
083_20130323155929.jpg
084_20130323155947.jpg
085_20130323160004.jpg


バリズンソード(スラッシュモード)
065_20130323155417.jpg
066_20130323155434.jpg
067_20130323155451.jpg


069_20130323155526.jpg
070_20130323155543.jpg
071_20130323155600.jpg
バリっと開いて、ズンと伸びるギミックは再現されていませんが、どちらのモードともに塗装ミスもなく高品質で仕上がっています。



068_20130323155509.jpg
076_20130323155727.jpg
074_20130323155652.jpg
075_20130323155710.jpg
剣先の塗装や造形も良くできていますね。

086_20130323160022.jpg
088_20130323160055.jpg

363_20130323171213.jpg
ソードの持ち手にはスイッチを挿す穴が用意されており、コズミックスイッチを挿してリミットブレイク等の劇中の場面を再現することができます。


089_20130323160112.jpg
バリズンソードは、先端の形状のみならず劇中通りレバーの位置も再現しています。レバー等は残念ながら非可動です。


(使用例)
208_20130323163223.jpg
211_20130323163311.jpg
レバーは非可動ですが、二つのバリズンソードを使用することで、ソードの開閉シーンを再現することもできます。


(可動性)
fcs049.jpg
fcs048.jpg
首は胸のパーツが干渉し、あまり前方には曲がりません。

384_20130323175722.jpg
肩は翼が干渉するため、腕をあまり上に上げることはできません。前方に腕を突き出したポーズもとれないのは残念です。できればフィギュアーツのように可動式にしてほしかったですね。

股関節は私の購入分ではかなりスーツがきついので、左右の開脚は可能ですがライダーキックや蹴りを再現するのは難しかったです。

※その他可動性はベースステイツレビュー参照


(その他)
236_20130323163935.jpg
246_20130323164208.jpg
233_20130323163847.jpg
116_20130323160835.jpg


fcs097.jpg
fcs098.jpg
fcs108.jpg
fcs149.jpg
fcs176.jpg
fcs202.jpg
fcs232.jpg

fcs361.jpg

モジュールセット装備
278_20130323165023.jpg
劇中で使用したように、モジュールセットも装備することができます。

298_20130323165537.jpg
301_20130323165624.jpg
312_20130323165913.jpg
337_20130323170537.jpg
351_20130323170910.jpg


以上、PBM! 仮面ライダーフォーゼ コズミックステイツ レビューでした。


(総評)
良かったところ
全身のスーツや造形の再現度は高い
バリズンソードやコズミックスイッチ、多数のハンドなど充実



気になったところ
肩の及び首の可動性がベースステイツよりも低下している
持ち手の保持力が低く、バリズンソードを安定してホールドできない


メディコム平成ライダーでは、ディケイドコンプリートフォームに続く最強フォーム第二弾のこのコズミックステイツです。全体的なデザインは劇中のスーツをかなり良く再現していると思います。コズミックスイッチ、バリズンソードも二種類ずつ付属し、変形はないものの造形を忠実に再現していました。フォーゼドライバも、アストロスイッチがしっかりと接続でき、ベースステイツのようにすぐ外れたりすることはないです。

その一方で、肩のウイングが原因でベースステイツと比較すると肩の可動性が低下しており、首も胸のアーマーの干渉でかなり可動性が低下しています。その他はバリズンソードを持ち手にしっかりとホールドできないため、ソードを安定して保持することは難しそうでした。

あと、私の購入分では股関節のスーツがベースステイツよりもきつく、ライダーキック等をとらせるのは難しそうでした。構造上の問題から可動性等がベースステイツよりも低かったの残念ですが、スーツのデザインの再現性はかなり高いです。またバリズンソードが二形態付属することもあり、オプションに関しては問題なかったと思います。

PBM!では、メテオ最強フォームであるメテオストームも出てほしかったですね。最近はライダー系の12インチフィギュアの展開もプレミアムクラブが多くなっていますが、一般販売でもリリースはしてほしいと思います。

最後になりますが、如月弦太朗を演じた福士颯太さんは、今年4月よりNHK連続ドラマ小説「あまちゃん」にレギュラーで出演します。現在放送中の「純と愛」には、オーズを演じた渡部秀さんが出演しており、連続でライダーを演じた俳優さんが出演することになります。長期のドラマを演じきった渡部さん、そして今から演じる福士さんともに今後の活躍に期待したいと思います。

それでは今回はこれにて。






(関連レビュー)
PBM! 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ
PBM!仮面ライダーフォーゼ モジュールセット
PBM!仮面ライダーメテオ
PBM!如月弦太朗 

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ