「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ プトティラコンボ」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ プトティラコンボ」代行レビュ―

mrop038.jpg
今更ですが、
「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ プトティラコンボ」の代行レビュ―です。



「仮面ライダーオーズ」に登場する
主人公「火野映司=仮面ライダーオーズ」が、
「プテラ・トリケラ・ティラノ」の
3枚の「紫色の恐竜系コアメダル」で変身した
「仮面ライダーオーズ プトティラコンボ」の「S.H.フィギュアーツ」です。


「オーズ本編」では、
「ドクター真木」により解き放たれた
「紫の恐竜系コアメダル」の数枚が
「火野映司」の体内に侵入し、
彼の意識を奪い、
強制的に「プトティラコンボ」に変身させていました。

その後、
「映司」は自らの意思で、
自由に「プトティラコンボ」に
変身できるようになりました。

「紫のコアメダル」には、
他のコアメダルを
破壊できるという
特性がありました。

「紫のコアメダル」は、
他の属性のコアメダルとは
組み合わせて使用できないため、
亜種フォームはありません。

「プトティラコンボ」が地面から取り出す
武器「メダガブリュー」は、
「紫のコアメダル」の影響下の
「タトバコンボ(パープルアイ)」や
「ラトラーターコンボ」も使用していました。


テレビ本編最終回で、
「恐竜グリード=ドクター真木」と共に、
「紫のコアメダル」が失われたため、
その後日談である
映画「仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX」では、
「オーズ」は、
「プトティラコンボ」に変身できませんでした。

しかしその後、
映画「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」では、
特に説明もなく、
「オーズ」が「紫のコアメダル」を取り出し、
「海賊戦隊ゴーカイジャー」に貸す姿が描かれました。


それではレビューです。

※本レビューには、
作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。



「Anything Goes!」大黒摩季

「POWER to TEARER」火野映司×串田アキラ(C.V.渡部秀・串田アキラ)

※動画投稿者の方々へ、ありがたく使わせて頂きます。




(全体図)
mrop001.jpg
mrop002.jpg
mrop003.jpg
mrop004.jpg
背中の「羽根」は軟質素材でできています。

(付属品)
mrop005.jpg
交換用手首(左右各5種)
オースキャナー
メダガブリュー(バズーカモード・アックスモード)

(オーズドライバー)
mrop006.jpg
変身ベルト「オーズドライバー」は、
「コアメダル」の箇所が、
ちゃんと紫色に塗装されています。

(「メダガブリュー(アックスモード)」装備状態)
mrop007.jpg

(「メダガブリュー(バズーカモード)」装備状態)
mrop008.jpg
「メダガブリュー」の
「アックスモード」と「バズーカモード」を、
それぞれ持たせる事ができます。

「メダガブリュー」の、
「アックスモード」から「バズーカモード」への変形は
再現されていません。

また、
「セルメダル」の装填や、
その際の「上顎の可動」等も
再現できません。


(以下適当に何枚か)
mrop009.jpg
mrop010.jpg
mrop011.jpg


(「仮面ライダーオーズ」VS「カザリ」)
mrop012.jpg

(「オーズドライバー」に
「プテラ・トリケラ・ティラノ」のコアメダルをセットする「オーズ」)
mrop013.jpg
※「オーズドライバー」に
「プテラ・トリケラ・ティラノ」のコアメダルが
セットされていると想像しながらご覧ください。


(「プトティラコンボ」に変身する「オーズ」)
mrop014.jpg
オーズドライバー「プテラ!トリケラ!ティラノ!」

(「プトティラコンボ」登場)
mrop015.jpg
オーズドライバー「プ!ト!ティラーノザウルース!」

(「メダガブリュー」で「カザリ」に攻撃する「オーズ」)
mrop016.jpg

(「オーズ」のキックを受ける「カザリ」)
mrop017.jpg

(「オースキャナー」をスライドさせる「オーズ」)
mrop018.jpg
オーズドライバー「スキャニングチャージ!!」

(「カザリ」に向かって突進する「オーズ」)
mrop019.jpg

(「カザリ」を「メダガブリュー」で斬り裂く「オーズ」)
mrop020.jpg
オーズ「せいやーー!!」

(「コアメダル」を破壊された「カザリ」)
mrop021.jpg

(力尽きる「カザリ」)
mrop022.jpg

(「カザリ」撃破)
mrop023.jpg
※「オーズ本編」では、
「カザリ」は「プトティラコンボ」に致命傷を受けた後、
「恐竜グリード=ドクター真木」に止めを刺されました。



(「仮面ライダーオーズ プトティラコンボ」VS「ガメル」)
mrop024.jpg

(「ガメル」を軽々と持ち上げる「オーズ」)
mrop025.jpg
mrop026.jpg

(「ガメル」にジャイアントスイングをかける「オーズ」)
mrop027.jpg

(「ガメル」の背後からキックを決める「オーズ」)
mrop028.jpg

(「オースキャナー」をスライドさせる「オーズ」)
mrop029.jpg
オーズドライバー「スキャニングチャージ!」

(「メダガブリュー(バズーカモード)」を構える「オーズ」)
mrop030.jpg
mrop031.jpg
mrop032.jpg
mrop033.jpg

(「メダガブリュー(バズーカモード)」を発射する「オーズ」)
mrop034.jpg
オーズ「せいやーー!!」

(倒れる「ガメル」)
mrop035.jpg

(「ガメル」撃破)
mrop036.jpg
※「オーズ本編」では、
「ガメル」は、
「仮面ライダーバース」と
「仮面ライダーバース・プロトタイプ」によって倒されました。



(以下適当に何枚か)

mrop037.jpg
mrop038.jpg
mrop039.jpg
mrop040.jpg
mrop041.jpg
mrop042.jpg
mrop043.jpg
mrop044.jpg
mrop045.jpg
mrop046.jpg


(総評)

(長所)

シャープなデザインのマスクや
紫色の塗装により、
「プトティラコンボ」の雰囲気が
忠実に再現されていると思いました。

「メダガブリュー」の
刀身が、
クリアパーツで再現され、
こちらも雰囲気たっぷりだと感じました。

本体右腰の凸部が長めに造型され、
しっかりと「オースキャナー」を
差し込む事ができ、
同シリーズの「仮面ライダーオーズ タトバコンボ」のように、
ポロポロ「オースキャナー」が外れて
ストレスになる事がありませんでした。

別パーツになるものの、
「メダガブリュー」の
「アックスモード」と「バズーカモード」のそれぞれを
装備した状態の「プトティラコンボ」を
再現できて良かったと思います。


(短所)

「プトティラコンボ」が
身体の各所を変化させた
「エクスターナルフィン(翼)」
「ワインドスティンガー(角)」
「テイルディバイダー(尻尾)」
を再現させるための部品が
付属しない点が残念でした。

「拡張パーツセット」という形で、
ぜひとも商品化してほしかったです。

また、
両腰の装飾が、
足を動かす度に、
外れてしまい、
ポーズをつけにくかったです。

「メダガブリュー」については、
「アックスモード」と
「バズーカモード」の変形は無理でも、
「上顎の可動」だけでも、
再現させてほしかったと思います。


残念な点はありましたが、
重厚なデザインの
「プトティラコンボ」のかっこよさは、
十分再現されていると感じました。


簡素な内容となりましたが、
今回はこれまで!


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ