プレミアムバンダイ限定「ROBOT魂 ビルバイン(迷彩塗装Ver.)」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

プレミアムバンダイ限定「ROBOT魂 ビルバイン(迷彩塗装Ver.)」代行レビュ―

sbb058.jpg
今回は、
プレミアムバンダイ限定
「ROBOT魂 ビルバイン(迷彩塗装Ver.)」の代行レビュ―です。



1983年に放送された
アニメ「聖戦士ダンバイン」の
主人公「ショウ・ザマ」が乗る
二代目主役ロボ「ビルバイン」が、
クライマックスで
渋いカラーリングに変更された
「迷彩塗装Ver.」の「ROBOT魂」です。


番組放送当時、
初代主役ロボ「ダンバイン」が、
地味なデザインとカラーリングだったため、
もっと子供受けする主役ロボに
交代させるよう、
スポンサーの玩具メーカーから、
製作サイドに
催促があったそうです。

「富野由悠季監督」をはじめ、
製作者側は不本意だったものの、
結局、
ヒーロー然としたデザインと
明るいカラーリングの上に、
飛行メカにも変形する
「ビルバイン」を登場する運びとなったそうです。

しかし、
物語終盤にて、
「ビルバイン」は、
夜間の戦闘に合わせる名目で、
迷彩塗装を施され、
一転地味な印象に変わりました。

この展開には、
スポンサー側としては、
煮え湯を飲まされた気分だったと思いますが、
「富野監督」としては
してやったりだったでしょうね。


それではレビューです。

※本レビューには、作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なので、
ご容赦願います。



「ダンバイン とぶ」MIO

「みえるだろうバイストン・ウェル」MIO

「青のスピーチ・バルーン」小出広美

「水色の輝き」小出広美

※動画投稿者の方々へ、ありがたく使わせて頂きます。



(全体図)
sbb001.jpg
sbb002.jpg
sbb003.jpg
sbb004.jpg

(付属品)
sbb005.jpg
交換用手首(左右各4種)
オーラ・ソード

ハイパーオーラ斬りエフェクト
オーラ・ソード・ライフル
ソードモード用刃
ダンバイン騎乗用ジョイントパーツ(左右)

(「頭部」アップ)
sbb006.jpg
sbb007.jpg
sbb008.jpg
「ビルバインの頭部」が、
雰囲気十分に再現されています。
「通常版」と異なる
「紫色の両眼」が印象的でした。

(「胸部コクピット」の展開)
sbb009.jpg
sbb010.jpg
sbb011.jpg
「胸部コクピットのキャノピー」は、
開閉可能です。

sbb012.jpg
「コクピット内部」も
ちゃんと造型されています。

sbb013.jpg

(「スラスター」アップ)
sbb014.jpg
sbb015.jpg
「脚部裏のスラスター」をスライドさせる事で、
膝の可動域が広がります。

(「オーラ・コンバーター」の可動)
sbb016.jpg
sbb017.jpg
背部の「オーラ・コンバーター」は、
地面に対し平行な位置まで、
向きを変える事ができます。

(「羽根(大)」の展開)
sbb018.jpg
sbb019.jpg
「オーラ・コンバーターの羽根(大)」も
展開状態にできます。

(「股間底部」アップ)
sbb020.jpg
sbb021.jpg
sbb022.jpg
「股間底部の穴」に、
付属する「ディスプレイ用ジョイントパーツ」を取り付ける事で、
別売りの「魂STAGE ACT.5」のジョイントに差し込み、
ディスプレイする事ができます。

(「オーラ・キャノン」アップ)
sbb023.jpg
sbb024.jpg
背部の「オーラ・キャノン」は可動させて、
砲口を正面に向けさせる事ができます。

(オーラー・ソード)
sbb025.jpg
sbb026.jpg
「オーラ・ソード」は、
「鞘」に納めて、
「オーラ・コンバーター(右)」に
取り付ける事ができます。

(「オーラ・ソード」装備状態)
sbb027.jpg
sbb028.jpg
「オーラ・ソードの柄」のカラーリングは、
「ビルバイン(通常Ver.)」に付属する物とは異なります。

(「ハイパーオーラ斬りエフェクト」装備状態)
sbb029.jpg
sbb030.jpg
付属の「ハイパーオーラ斬りエフェクト」を、
「オーラ・ソード」に取り付ける事で、
必殺技「ハイパーオーラ斬り」の状態を
再現できます。

(オーラ・ソード・ライフル)
sbb031.jpg
sbb032.jpg
「オーラ・ソード・ライフル」を、
「オーラ・コンバーター(左)」に
取り付ける事ができます。

(「オーラ・ソード・ライフル(ライフルモード)」装備状態)
sbb033.jpg
sbb034.jpg

(「オーラ・ソード・ライフル(ソードモード)」装備状態)
sbb035.jpg
sbb036.jpg
「ソードモード用刃」を取り付ける事で、
「オーラ・ソード・ライフル(ソードモード)」状態を
再現できます。


(以下適当に何枚か)
sbb037.jpg
sbb038.jpg
sbb039.jpg
sbb040.jpg
sbb041.jpg
sbb042.jpg
sbb043.jpg
sbb044.jpg
sbb045.jpg
sbb046.jpg

(「ビルバイン(迷彩塗装Ver.)」&「ビルバイン(通常Ver.)」2ショット)

(全体図)
sbb047.jpg
sbb048.jpg
sbb049.jpg
sbb050.jpg

sbb051.jpg
sbb052.jpg
sbb053.jpg
sbb054.jpg
「ビルバイン(迷彩塗装Ver.)」と「ビルバイン(通常Ver.)」の比較です。

よく見ると、
結構細かいカラーリングの違いがある事が分かります。

「ヒーロー然とした明るいカラーリングの『ビルバイン(通常Ver.)』」に対し、
「ミリタリー風の渋いカラーリングの『ビルバイン(迷彩塗装Ver.)』」と言う
全く異なる印象を受けました。


(以下適当に何枚か)
sbb055.jpg
sbb056.jpg
sbb057.jpg
sbb058.jpg
sbb059.jpg
sbb060.jpg
sbb061.jpg
sbb062.jpg
sbb063.jpg
sbb064.jpg
sbb065.jpg
sbb066.jpg

(「オーラ・ソード」二刀流)
sbb067.jpg
sbb068.jpg
sbb069.jpg

(「オーラ・ソード・ライフル」二丁拳銃状態)
sbb070.jpg
sbb071.jpg
sbb072.jpg
sbb073.jpg
sbb074.jpg

(「オーラ・ソード・ライフル(ソードモード)」二刀流)
sbb075.jpg
sbb076.jpg

(ウイングキャリバー)

(全体図)
sbb077.jpg
sbb078.jpg
sbb079.jpg
sbb080.jpg
sbb081.jpg
sbb082.jpg
sbb083.jpg
sbb084.jpg
同シリーズ「ビルバイン(通常Ver.)」同様、
「交換用手首」以外の部品の差し替え無しで、
「ウイングキャリバー形態」に
変形可能です。

こちらも、
「ビルバイン(通常Ver.)」の
「ウイングキャリバー」と異なり、
軍用機っぽい雰囲気に
なっていると思いました。

(「ウイングキャリバー底面」アップ)
sbb085.jpg
sbb086.jpg
sbb087.jpg
sbb088.jpg
sbb089.jpg
「ウイングキャリバー底面の穴」に、
「ディスプレイ用ジョイントパーツ」を取り付ける事で、
別売りの「魂STAGE ACT.5」のジョイントを差し込み、
ディスプレイする事ができます。

(「オーラ・コンバーター上部」アップ)
sbb090.jpg
sbb091.jpg
「オーラ・コンバーター上部のパーツ」を、
「ダンバイン騎乗用ジョイントパーツ」に交換する事で、
別売りの「ROBOT魂 ダンバイン」を
「ウイングキャリバー」に騎乗させる事ができます。


(「ウイングキャリバー」騎乗状態「ダンバイン」)

(全体図)
sbb092.jpg
sbb093.jpg
sbb094.jpg
sbb095.jpg
sbb096.jpg
sbb097.jpg

(適当に1枚)
sbb098.jpg


(「ウイングキャリバー」に騎乗する「ダンバイン」)
sbb099.jpg

(「ウイングキャリバー」から飛び降りる「ダンバイン」)
sbb100.jpg

(空中で静止する「ダンバイン」と変形する「ウイングキャリバー」)
sbb101.jpg
sbb102.jpg
sbb103.jpg

(「ダンバイン」&「ビルバイン(迷彩塗装Ver.)」2ショット)
sbb104.jpg

(突進する「ダンバイン」と「ビルバイン(迷彩塗装Ver.)」)
sbb105.jpg

(「ダブルオーラ斬り」炸裂)
sbb106.jpg
sbb107.jpg
sbb108.jpg


(2機の「ウイングキャリバー」に跨いで騎乗する「ダンバイン」)
sbb109.jpg
sbb110.jpg
sbb111.jpg
sbb112.jpg
sbb113.jpg

(2機の「ウイングキャリバー」から飛び立つ「ダンバイン」)
sbb114.jpg

(変形する2機の「ウイングキャリバー」)
sbb115.jpg
sbb116.jpg
sbb117.jpg

(「ビルバイン(通常Ver.)」&「ダンバイン」&「ビルバイン(迷彩塗装Ver.)」
3ショット)
sbb118.jpg

(突進する「ビルバイン(通常Ver.)」・「ダンバイン」・「ビルバイン(迷彩塗装Ver.)」)
sbb119.jpg

(「トリプルオーラ斬り」炸裂)
sbb120.jpg
sbb121.jpg
sbb122.jpg
sbb123.jpg


(「ショウ・ザマ」の乗る「ビルバイン(迷彩塗装Ver.)」に気付かれる事なく
散って逝く「マーベル・フローズン」の乗る「ダンバイン」)
sbb124.jpg

(「ショウ・ザマ」の最期)
sbb125.jpg
ショウ「俺は人は殺さない!!その怨念を殺す!!」



(総評)


(長所)

初めに、
「ROBOT魂 ビルバイン」の代行レビュ―の中で
「ビルバイン」について、
「本来のカラーリングの方が好き」と
コメントしましたが、
「ROBOT魂 ビルバイン」が、
予想以上に完成度が高く
気に入りましたので、
本「ROBOT魂 ビルバイン(迷彩塗装Ver.)」も
購入しました。

渋いミリタリー風の
カラーリングにより、
「ビルバイン(通常Ver.)」の
ヒーロー然としたかっこよさとは対照的に、
軍用機的なかっこよさを感じました。

特に、
クリアパーツ製の
「キャノピー」・「羽根(大)」・「羽根(小)」の色が、
それぞれ「通常Ver.」とはちゃんと異なり、
これらはこれらで、
魅力的だと感じました。

「通常Ver.」同様
「ウイングキャリバー」の変形もシンプルで、
遊びやすいと思いました。

「通常Ver.」の不満点であった、
「オーラ・ソード・ライフル」を
「交換用手首」に持たせづらい点や、
「オーラ・コンバーターの羽根(大)」が
ポロポロ外れてストレスになる点も
改善されていました。

「通常Ver.」では、
別売りの「ROBOT魂 ダンバイン」に付属していた
「ダンバイン騎乗用ジョイントパーツ」が、
本商品にはちゃんと付属していて
ほっとしました。


(短所)

今回最も不満だった点は、
同シリーズの
「ダンバイン」と「ビルバイン(通常Ver.)」の売上を考慮すれば、
通常販売でも十分売れる商品であったにも関わらず、
限定販売に回された事です。

本商品に限らず、
通常販売でも売れる物を、
限定販売にする売り方は
本当にやめてほしいと思います。


また、
「通常Ver.」の不満点が改善されている一方、
「腰の関節が緩い」
「股間底部の穴への
ディスプレイ用ジョイントパーツの差し込みが緩い」
という新たな不満点があった事も
残念でした。

今回も、
「ワイヤー付ショット・クロー」が
付属しなかった点も
残念でした。




何はともあれ、
商品化の機会の少ない
「ビルバイン(迷彩塗装Ver.)」が、
可動フィギュアとして
商品化された事は、
意味深い事だと思います。

私は、
初めて映像で
「ビルバイン(迷彩塗装Ver.)」を見た時は
否定的な印象を持ちましたが、
今回本商品を購入してみて、
気に入りました。


今後も
「ROBOT魂」のシリーズで、
「ガンダム」以外の
「ロボットキャラ」を
積極的にリリースしてほしいと
思います。


試作品が公開された
「蒼き流星SPTレイズナー」の
「レイズナーMk-Ⅱ(本編未登場)」も、
ぜひ商品化してほしいと思います。


「ダンバイン」と同じ
「富野監督」の作品である
「戦闘メカ ザブングル」も、
本シリーズで商品化されるのでしょうか?

「超合金魂」では、
「ザブングル」・「ウォーカー・ギャリア」・「アイアン・ギアー」が
商品化されましたが、
可能性はあるのでしょうか?

もし商品化されるのなら、
「ザブングル」は
ちゃんと「ブングル・トレーラー」に変形し、
「ブングル・スキッパー」と「ブングル・ローバー」に
分離できる物にしてほしいと思います。

「ウォーカー・ギャリア」も
「ギャリィ・ホバー」と
「ギャリィ・ウィル」への分離変形を
きちんと再現できる物にしてほしいと思います。

そして、
「超合金魂」では、
組立式の付属品だった
「ブラッカリィ」を、
きちんと完成済み塗装済みの商品として
単品で商品化してほしいと思います。


いずれにせよ、
今後の展開に期待したいと思います。


それでは、
今回はこれまで!
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ