エンターベイ 1/4 HD マスターピース コレクション ターミネーター2 T-800 バトルダメージ verレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

エンターベイ 1/4 HD マスターピース コレクション ターミネーター2 T-800 バトルダメージ verレビュー

bd162.jpg
今回は、発売から間が空いてしまいましたが、エンターベイ 1/4スケール HD T-800 バトルダメージバージョン レビューです。







(全体像)
bf012.jpg
bd014.jpg
1/4スケールのフィギュアを購入したのはこれが初めてですが、1/6スケールを超える大きさにまず圧倒されます。全身の衣服はバトルダメージが再現されており、銃弾を受けた穴、破損などが細かく再現されています。エンドスケルトンが見えた部分も、金属の質感を再現したパーツを使用しており、血糊なども塗装で再現されています。

大きさの比較
bd205_20130509201906.jpg
1/6スケールのロキと比べるとかなり大きいことがわかります

(ヘッドアップ)
bd065.jpg
bd068.jpg
bd069.jpg
bd071.jpg
bd072.jpg
右半分のエンドスケルトンが露出した状態が見事に再現されています。ホットトイズDX T-800と比較しても、こちらのほうが劇中のシュワちゃんの顔をリアルに再現していると思います。さらに顔についた血糊や皮膚との境目の再現など、詳細にわたって再現されています。

bd073.jpg
首にも銃弾のダメージが再現されています。


右目点灯
bd074.jpg
頭の後ろのエンドスケルトンが露出した部分を押すと右目が赤く点灯します。

bd076.jpg
bd079.jpg
頭の後ろのエンドスケルトンが露出した部分を押すと、左目が発光します。20秒ほどで自動消灯します。



(各部)
bd080.jpg
bd082.jpg
bd083.jpg
bd084.jpg
bd085.jpg
銃弾で空いたと思われる穴や、破れや擦れなどの破損がリアルに再現されています。

bd088.jpg
皮ジャン自体の作りも細かい部分まで良く再現されています。


bd090.jpg
bd091.jpg
左足はズボンの破れとエンドスケルトンが露出した状態が再現されています。

bd098.jpg
bd092.jpg
bd093.jpg
bd094.jpg
bd095.jpg
bd096.jpg
bd097.jpg
ズボンにも銃弾による穴が再現され、靴には汚しもしくは擦れた跡などが再現されています。



(オプション)
ハンド
bdd046.jpg
bdd043.jpg
ダメージバージョン及び通常バージョンのハンドが付属。ダメージバージョンでは、エンドスケルトンの部分や皮膚がはがれた状態が再現されています。

左腕
ba059.jpg
ba060_20130509182659.jpg
ba061.jpg
左腕のちぎれたエンドスケルトンの部分は金属で再現されています。周りにつく血糊もリアルに塗装されています。

Tシャツ
ba051_20130509202802.jpg
ダメージのないTシャツも付属します。やりたければこのフィギュアにも着せることもできそうですが、多分前回出た通常バージョン用に衣装したほうがよさそうですね。


ガトリングガン
031_20130508011417.jpg
041_20130508011644.jpg
ホットトイズ版よりも大きいこともあり、細かい装飾、プリント、汚しなど詳細に作り込まれています。全体の組成はプラと金属部分で造られています。

ba033_20130509184010.jpg
ba034_20130509184007.jpg
銃身が金属製で、各部ともホットトイズのものよりも精巧にできています。先端の部分も回転します。

ba039_20130509184005.jpg
錆やすれたような後も塗装で再現されています。

ba040_20130509184158.jpg
別に必要なギミックではないものの、トリガーも可動します。ここまで作り込むのはすごいと思いました。

ba039_20130509184156.jpg
大きいからこそここまで作りこめるということもありますが、ホットトイズの1/6スケールのガトリングガンを超える完成度でした。

銃弾ベルト
ba054.jpg
ba055_20130509184312.jpg
銃弾ベルトは軟質素材でできており、自由に曲げることができます。

bd112.jpg
銃弾ベルトはガトリングガンの挿入口に差し込んで使用します。

ガトリングガンの銃弾(薬きょう?)
056_20130508012047.jpg
ガトリングガンの薬きょうらしきパーツも付属しますが、小さいので包装のままにしておきました。

バック
052_20130508011943.jpg
銃弾を入れていたバックも再現されています。ホットトイズのものとは違って中にスポンジなどは入っていないので、膨らませた状態にするにはスポンジなどを入れる必要があります。


M79グレネード
bd103.jpg
T-1000に最後のダメージを与えた武器です。本物の木と金属で造られており、見た目も非常にリアルに再現されています。

bd102.jpg
銃身は金属でできており、擦れたような傷も見事に再現されています。
bd104.jpg
bd105.jpg

先端の照準は起こすことができます。

bd106.jpg
さすがにトリガーは動きません。金属部分にもダメージ処理がなされています。

bd107.jpg
bd108.jpg
銃の下部分は木製で出来ています。

bd109.jpg
bd110.jpg
劇中通り真ん中から折れて銃弾をセットすることができます。


グレネード弾
bd111.jpg
銃弾は10発付属します。全体が金属でできており質感も十分です。


ba053_20130509185136.jpg
これをセットできる弾薬をセットする帯も付属しています。

台座
bd001.jpg
bd002.jpg
bd003.jpg
最終戦での床が再現されているスタンドが付属します。支柱を付ける穴は三つあります。ただ、支える支柱が小さいので、重量のあるシュワちゃん本体を支えるのは若干不安があります。


bd081.jpg
胸の腹のダメージなども再現されています。うちに来たものは上着を脱がせられたのですが、他のものでは胴体との接着がきついものがあったそうなので、すべてのものが脱がせられるとは限らないようです。


(可動性)
bd166_20130508220814.jpg
肘、肩どちらもクリック式の可動関節になっているので、金属製の重い武器を持たせてもへたれることなく構えることができます。その分1/6スケールのものよりも各関節が固く、動かしにくい感はあります。

bd015.jpg

bd016.jpg
bd017.jpg
胴体は前後左右に若干動かせます。


bd212.jpg
bdbd171.jpg
股関節は90度は無理ですが、かなり開くことができます。

bd011.jpg
足は膝、股関節ともに90度曲がります。左ひざは太股部と脹脛部分とエンドスケルトン部分それぞれの境に可動域があり、右足よりも深く曲げることができます。

169_20130508220811.jpg
首は後ろにはある程度曲がりますが、前にはあまり動きません。

bd009.jpg
ブーツはかなり固いので接地性は高くありませんが、フィギュアの重心と関節の固さもありこのようなポーズでも自立させやすいです。

ダメージ少ない状態
bd064.jpg
左腕はダメージなしの状態に付け替えることができます。付け替える際は服を脱がしてからのほうがやりやすいです。ただ、腕には汚し塗装などないので、全体と合わせるならばもう少しダメージ塗装などがあると良かったですね。


(そのほか)
bd173.jpg
bd160.jpg
bd136.jpg
bd139.jpg

ガトリングガン装備(サイバーダイン社襲撃+バトルダメージ)
bd119.jpg

bd128.jpg
bd132.jpg
bd130.jpg
劇中ではなかったダメージを負った状態でのサイバーダイン社襲撃の状態です。通常版のシュワちゃんを持っていないのが悔やまれますが、ガトリングガンでT-1000と戦ったらという状況を再現できます。

最終戦状態
bd215.jpg
腕をちぎられ、T-1000にとどめをさした際の状態です。最後、この状態で溶鉱炉へ沈んでいく姿は悲しかったです。

bd226.jpg
bd175.jpg
bd162.jpg


bd018.jpg
bd019.jpg
bd004.jpg

bd230.jpg

bd146.jpg

bd185.jpg
bd202.jpg
完成度がかなり高いフィギュアなのですが、このサイズだとT-1000やサラコナーなどと絡ませてディスプレイできないのが残念です。T-1000も1/4スケールで出ないかな?

bd189.jpg
以上、エンターベイ 1/4 HD T-800 バトルダメージバージョン レビューでした。

(総評)
良かったところ
ヘッドはホットトイズよりもシュワちゃんに似ている
各部のバトルダメージの再現は精密かつ秀逸
武装も充実し、金属や木などを使用している
可動性は1/6スケールフィギュアほどではないが、バランスが良く
自立性も高い

気になったところ
箱はもうちょっとコンパクトにできないものだろうか・・・

今回のフィギュアは、ホットトイズではなくエンターベイ製ということもあり、大きいけど作り込みは甘い可能性があると疑っていたのですが、実際に届いたフィギュアは文句ない完成度でした。大きいこともありますが、ホットトイズと比較してヘッド及び各部ともに細かいとこまで良く再現されています。ヘッドに関してはホットトイズDXのシュワちゃんよりもシュワちゃん本人に似ていると思います。

武装も充実しており、M79やガトリングガン等も再現されています。武器も金属等を使用して重量や質感も再現しています。ただ、ガトリングガン等一部の武器はこの状態では劇中では使用していないので、以前出た劇中初期バージョンでないと劇中のサイバーダイン社襲撃を再現することができないのが残念ですね。

あと、可動性は1/6スケールほど高くないのですが、フィギュアのバランスが良いためある程度無理なポーズでも自立させることができました。現時点ではT-800BDとしては文句なく一番再現度が高いフィギュアだと思います。
気になったのは、収納する箱がメディコムトイの1/6スケールフィギュアの6倍くらいと大きいので、日本の住環境(特に私の部屋ですが)を鑑みて、もうすこしコンパクトにしてくれるとありがたいです。

大きさが違うので一概に比較はできませんが、現時点でのT-800フィギュアとしてはホットトイズを超えた完成度だと思います。ただ、本体も箱も場所を取るのでそこが解決できる方はおすすめだと思います。

ホットトイズから1/4スケールのエンドスケルトンがそろそろ出るみたいなので、これと共にディスプレイしたいですね。そしてここまで高い完成度のものを先に出されたことで、これに対抗してホットトイズが1/6スケールBDと1/4スケールのT800をどうクオリティアップしてくるかも楽しみですね。

それでは今回はこれにて。





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ