THE DARK KNIGHT TRILOGY PLAY ARTS改 ジョーカー レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

THE DARK KNIGHT TRILOGY PLAY ARTS改 ジョーカー レビュー

jo215.jpg
今回は、THE DARK KNIGHT TRILOGY プレイアーツ改 ジョーカーのレビューです。



プレイアーツ改より、ダークナイト版ジョーカーのフィギュアが発売されました。劇中では、故 ヒース・レジャーが演じ、世界中でその演技が高評価されました。ホットトイズからも複数回フィギュア化されており、人気も高いです。今回はプレイアーツ改ということで、劇中のジョーカーをどのように再現しているのかが気になります。

それではレビューを始めます。





(全体像)
jo174.jpg
jo175.jpg
jo176.jpg
jo177.jpg
全体的にはホットトイズのように着膨れしている感はなく、劇中よりもスマートなフォルムをしています。バットマンやキャットウーマンのように黒一色の衣装でなく、衣装もどちらかというとくすんだ色で再現されています。ホットのものよりも暗めですが、各部等にも汚しや陰影を再現した塗装があり、リアルに仕上がっています。

頭部
jo181.jpg
jo182.jpg
jo183.jpg
頭部は、劇中やホットトイズと比べると、若干しわが多めですが、メイクのはげた部分や口の周りのにじみなど、劇中の雰囲気を再現したヘッドになっています。

オプションヘッド
jo211.jpg
jo212.jpg
jo213.jpg
こちら側は、よりメイクが滲んだ状態のヘッドになります。劇中に合わせた使い分けが出来ると思います。ただ、どちらのヘッドも、目の色が暗めなので、周りのメイクもあって目が目立たないですね。

各部
jo184.jpg
jo185.jpg
一番上のコートとその下のスーツは一体化していますが、その下のチョッキやネクタイは別パーツで再現されています。

jo192.jpg
jo193.jpg
コートの陰影やしわなども造型及び塗装で再現されています。

joker031.jpg
コートの裏地も綺麗に塗装されています。

jo187.jpg
jo188.jpg
ズボンにはすれたような跡など塗装で再現されています。
足のズボンのしわもよく再現されています。
靴も汚れた感じがよく出ています。

jo186.jpg
腰のチェーンは軟質素材で出来ているので、あまり強くひっぱると外れそうなので注意が必要です。

可動性
jo195.jpg
肘は90度曲がります。

jo196.jpg
腕はほかのプレイアーツと同じく、引き出し式により若干前に出せます。

jo197.jpg
jo198.jpg
jo199.jpg
首の可動性は前後左右とも良好です。

jo200.jpg
jo201.jpg
jo202.jpg
胴体は3つのパーツに分割されており、前後左右ともよく動きます。

jo203.jpg
股関節は前には90度、肘は約160度曲がります。

jo204.jpg
左右には120度くらい開くことができます。靴の可動性も高く設置性も良いです。

joker032.jpg
コートの裾は、フィギュアとの接続部がジョイントになっており、風になびいたような状態を再現することができます。


オプション
joker030.jpg
ハンド4つとナイフ、カード2個が付属します。ナイフは私のものはちょっと曲がっていました。

クラウンヘッド
jo206.jpg
jo207.jpg
jo208.jpg
jo209.jpg
jo210.jpg
ジョーカーが冒頭で銀行強盗に入る際につけていたマスクです。コートの上には付けなかったのですが、塗装も申し分なく良い出来だと思います。


(そのほか)
jo218.jpg
jo219.jpg
jo215.jpg

jo223.jpg
jo232.jpg
jo226.jpg
jo233.jpg
jo240.jpg
jo242.jpg


バットマンと
jo221.jpg
joker002.jpg

joker005.jpg
joker008.jpg


joker017.jpg
joker022.jpg

joker024.jpg
以上、プレイアーツ改 ダークナイトトリロジー ジョーカー レビューでした。

(総評)
よかったところ
全体的にスマートだが、汚しや影の塗装の制度も高い仕上がり
可動性が高く、ポーズ対応問題なし
ヘッドが三種類付属

気になったところ
ハンドは、開き手、握り手は両手とも欲しかった

劇中よりも全体的にスマートですが、ヘッドの再現、服の影や皺などの質感等、かなり高い仕上りだったと思います。衣服も、コート、チョッキなどを別パーツで再現しており、製作にかなりこだわって作っていることがわかります
可動性はどの部位も高く、劇中では激しいアクションはしないジョーカーですが、様々なポーズに対応できます。コートもジョイントのおかげで、風になびいた状態を再現することができます。
オプションも、ヘッド3種類とカードやナイフとその持ち手など付属しています。ただ、ハンドが両手とも揃ったものがないので、それも付属してればよかったなと思いました。

ホットトイズのジョーカー2.0は、ジョーカーフィギュアとしては最高級の完成度ですが、価格が年々上昇していることもあり、なかなか買いにくいところもあります。比較して、このジョーカーは、値段も安価であり可動性や破損を気にせず動かすことができます。価格を考えても十分にリアルな塗装や造型を再現しているので、ホットトイズを所持している人でも、色々ポーズを変えて楽しみたい人にはこちらのほうもおすすめだと思います。

今後は、マンオブスティールやキャプテンハーロックなど、映画のフィギュアも出てくる予定ですが、主要キャラが出てしまったダークナイトからもまた誰か出て欲しいですね。それでは今回はこれにて。



プレイアーツ改 ダークナイト・トリロジー バットマン シリーズ(ヤフー)
プレイアーツ改 ダークナイト・トリロジー バットマン シリーズ (楽天)
スクウェアエニックスオンラインショップ


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ