千値練 RIOBOT 獣神ライガー 咆哮ver. レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

千値練 RIOBOT 獣神ライガー 咆哮ver. レビュー

iri061.jpg
千値練 RIOBOT 獣神ライガー 咆哮ver. レビュー です。



獣神ライガーといえば、今は新日本プロレスの「獣神サンダーライガー」を指すとして定着してますが、20年以上前、最近バンダイでリリースされている「鎧伝サムライトルーパー」の後番組として放送されていたアニメ番組がありました。
今回のフィギュアはそのアニメの主役 大河剣が搭乗するバイオアーマーである「獣神ライガー」のフィギュアのレビューです。
話はダイナミックプロが原作だけあって、主人公の通う学校のクラスメートや友達などが戦いや敵の策略に巻き込まれて死亡することが多々ありました。そして、主人公の祖父も敵幹部の手にかかって殺されたりと、このような展開は現在では多分できないでしょうね。

ライガーはロボットではなくバイオアーマーと呼ばれ、ダメージを受けると操縦者の剣にダメージが伝わるような生体メカとして描かれていました。そのようなバイオアーマーライガーをどのように立体化できたのかが気になります。

それではレビューを始めます。





(全体像)
ri001.jpg
ri003.jpg
ri004.jpg
ri005.jpg
全体のプロポーションや劇中の筋肉質な身体など、よく再現されていると思います。各部に見られるチューブは軟質素材で作られており、可動に支障がないように配慮されています。腹や各部のパイプなど、別パーツで細かいところまで再現されています。

ヘッド
通常
ziri007.jpg
ziri009.jpg
ziri008.jpg
ziri011.jpg
西洋の騎士のマスクのような顔と、逆立つ髪の毛を多数パーツによって再現しています。
塗装及び破損もなく品質も良いです。

ファイヤーライガーヘッド
ri067_20130609183946.jpg
ri078.jpg
ライガーの第二形態である、ファイヤーライガーのヘッドも付属します。このフィギュアは咆哮版のヘッドで、ライガーの口が大きく広がっています。ファイヤーライガー特有の赤い髪と獣の顔など、よく再現されていると思います。ただ、通常、咆哮版のヘッドが二種類とも付属しなかったのが残念です。

各部
ri013.jpg
ri014.jpg
ri015.jpg
ri016.jpg
ri017_20130609183506.jpg
ri018.jpg
ri012_20130609183340.jpg
ri020_20130609183542.jpg
筋肉質な体躯の部分は、塗装及び造形で再現されています。
部品等の破損や塗装不良などはほとんど見られず、身体も高い品質で仕上げられています。


(ファイヤーライガー)
ri066_20130609183929.jpg
剣の怒りが頂点に達した時、ライガーがファイヤーライガーへと変化した姿です。劇中では、敵に牙で噛み付いたり、両手のクロウで切り裂いたりと、通常状態とは違った残虐なラフファイトを得意とします。ただし、ライガーソードなどはファイヤーライガーでも使用します。

ファイヤーライガーは、頭部、肩、手、足のパーツを取り替えて再現します。

ri068.jpg
肩のパーツは、通常に比べて前方に爪がせり出したデザインになっています。

ri069_20130609184021.jpg
左右のライガークロウは、上部に90度ほど上げることができます。

ri070_20130609184038.jpg
足の部分は、通常と比べて爪が伸びています。


(オプション)
ri077.jpgハンド6種類、ファイヤーライガー用、クロウ、足、肩パーツ

ライガー電撃パンチエフェクトパーツ
ri069.jpg

ri027.jpg
ri026_20130609183602.jpg
電撃パンチのエフェクトパーツが付属し、パンチポーズを再現することができます。

ライガーシールド、ライガーソード
ri066.jpg

ri064.jpg
ライガーソードは、ライガーシールドに収納することができます。

ri074.jpg
ソードの柄は外すことができ、持ち手装備の際に対応できます。私の持ち手の一つは親指が人差し指にくっついたままだったので、そのような際にも問題なくセットできます。

ri063.jpg
シールドは、腕に装備する際に持ち手と、腕にアタッチメントでセットできます。

ri067.jpg
盾の固定部分は上下することができ、腕の取り付け位置をある程度変えることができます。

ウィングシールド
ri070.jpg
ri071.jpg
ri072.jpg
ライガーシールドが変化したウィングシールドも付属します。

ウィングシールド装備時
ri115.jpg
ri121.jpg
ウイングを装備したファイヤーライガーです。さすがに重いので、スタンドなしでの自立は難しいです。

スタンド
ri062.jpg
スタンドが付属します。バンダイの魂ステージと比べて、保持力は高めです。フィギュアを固定する先端部分は、台の裏に付属しています。

(可動性)
last035.jpg
ライガーの髪の毛は複数のパーツで構成されており、左右に回転させることで、髪型を変えることができます。
ただ、そこまで大きくは髪型を変えることはできないです。

ri033.jpg
ri034.jpg
首は、頭部と首部それぞれが可動し、前後に可動します。

ri035.jpg
頭部の左右の可動性は問題ないです。

ri036.jpg
肘関節は約100度、手首も写真にはありませんが約45度曲がります。

ri037.jpg
腕は肩の筋肉がせり出して、腕を動かす際に関節を隙間なく前方に動かすことができます。

ri038.jpg
腕は正面で交差することができます。

ri039.jpg
ri040.jpg
胸部、腹部、下腹部の三パーツから構成されており、後方はそこまでではないですが、前方にはかなり曲げることができます。

ri041.jpg
腰は左右に回転出来ます。

last246.jpg
last247.jpg
股関節は、前方への可動の際にはパイプが収納されるようになっています。ライガーはロボットではなくバイオアーマーなので、極力体に隙間ができないように設計されているそうで、そのこだわりは素晴らしいと思いました。


last248.jpg
足首の関節の可動性が高いので、高い接地性があります。

そのほか

ライガー
ri025.jpg

ri046.jpg
ri051.jpg

zri026.jpg
zri042.jpg

ri052.jpg

ri050.jpg


ファイヤーライガー
ri082.jpg

ri094.jpg

ri083.jpg

ri096.jpg

ri102.jpg

ri104.jpg

ri114.jpg


ri109.jpg

iri136.jpg

ri012.jpg

ri020.jpg

last060.jpg
last1ri053.jpg

以上、千値練 RIOBOT 獣神ライガー 咆哮ver. レビューでした。


(総評)
よかったところ
シールドウィング、ライガーソード、シールドの収納形態、ファイヤーライガーなど再現可能
塗装及び部品等に塗装ミス等がほとんどなく品質が高い
各関節の可動性は高く、様々なポーズに対応可能
腕部や股関節では可動の際に隙間ができないようなギミックを搭載

気になったところ
海外版には、ファイヤーライガーの通常、咆哮版どちらも付属していること


バイオアーマーであるライガーの設定を再現するために、腕や股関節に隙間を作らないような可動ギミックを搭載し、劇中の設定に近いプロポーションを見事に再現しています。各関節も高い可動性を有し、多数の劇中のポーズをとらせることができます。
また、飛行及びファイヤーライガー等、劇中の多数のライガーの形態を再現できる点も気に入りました。ライガーという立体化には恵まれないキャラをここまで作りこんだものを今になって手に入るというのが感無量でした。

私のようなライガーが好きな人にはすばらしい完成度のフィギュアなのですが、売れ行きが少ないと見積もったからか値段が同サイズのフィギュアの中でも高価であることがネックですね。
そして日本版はファイヤーライガーの頭部の形状によって通常、咆哮版が売り分けられているのに対し、海外版ではひとつのセットに通常、咆哮どちらのパーツが付属してるのには少し疑問に思いました。やはり日本版も両方付属にする、もしくは海外版も日本版と同じ仕様にしてほしかったです。

このサイズのフィギュアとしては完成度は非常に高いので、ライガーが好きな人には問題なくおすすめできるフィギュアだと思います。ライガーが好きな私としては、この完成度でライガーにはライガーのライバルのバイオアーマーである魔竜王ドルガ、パワーアップ形態であるサンダーライガー、べガルーダなどもでてほしいところです。特に、前半までは敵として戦っていたドルガは、敵としても味方としてもライガーとディスプレイできるので、難しいかもしれませんが、今後の発売に期待したいと思います。

それでは今回はこれにて。


RIOBOT(ライオボット) 獣神ライガー -咆哮ver.-(あみあみ)
RIOBOT(ライオボット) 獣神ライガー -通常ver.-(あみあみ)

千値練RIOBOT(ライオボット) 獣神ライガー (楽天)
千値練 RIOBOT 獣神ライガー(ヤフー)
RIOBOT(ライオボット)獣神ライガー ‐血しぶきVer.‐ WEB限定

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ