ホットトイズ アベンジャーズ アイアンマン マーク7 レビュー(後編) - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ アベンジャーズ アイアンマン マーク7 レビュー(後編)

m7206.jpg
ホットトイズ アベンジャーズ アイアンマン マーク7のレビュー(後編)です。






今回は、ホットトイズ アイアンマンマーク7 レビューの後編になります。
前編はこちら




(可動性)
m7087.jpg
m7088.jpg
m7090.jpg
首の上下の可動性が向上しており、飛行ポーズなどに十分対応できるくらい上に顔を向けることができます。

m7089.jpg
左右の可動性は、首の構造上左右に動かすと若干ヘッドが上に上がります。

m7083.jpg

m7084.jpg
肩の可動性は上下には問題なく動かせます。引き出し式ではない上に胸が厚いので、真っ直ぐ前方に腕を伸ばすことはできません。

m7085.jpg
肘の可動性もわずかですが、マーク6よりも深く曲げることができます。

m7093.jpg
m7094.jpg
m7095.jpg
腰は、マーク4、6と同じく、上に引き伸ばしたあと、前後に曲げることができます。ただ、マーク6のように前方にはある程度曲がりますが、後方にはあまり曲がらないです。

m7091.jpg
股関節の可動性は、前後に関してはマーク6と同等です。ただ、股関節は太腿が若干太いこともありパンツの軟質素材に引っかかりやすく、前後に少し曲げにくくなっています。

m7097.jpg
左右への開脚はマーク6の方が可動域は広いです。ここは同じくらいにして欲しいかったですね。

m7092.jpg
足の接地性は少し狭いため、ここは改善して欲しかったですね。

(オプション)
option417.jpg
替手3組、トニースタークヘッド、首部装甲、スティック
手甲、ミサイル、アームパーツ
スラスターユニット、太腿部ミサイルユニット
ダメージパーツなど胸の肩アーマー
台座はいつもと同じ感じなので省きました。

オプションパーツを前編で掲載していなかったので、ここに掲載します。使用例は前編を参照お願いします。


(そのほか)
m7056.jpg

m7059_20130622082446.jpg

m7068_20130622082503.jpg

m7080.jpg

m7250.jpg

m7122.jpg

m7128.jpg

m7278.jpg

lastm7406.jpg

lastm7035.jpg

lastm7048.jpg

m7069.jpg

飛行状態
m7110_20130622082556.jpg

m7102.jpg

m7168.jpg

lastm7198.jpg

m7206.jpg
m7215.jpg

m7216.jpg

m7231.jpg
首の可動性が向上しているので、完全に飛行状態を再現できますね。


アベンジャーズとともに
キャップ
m7118.jpg

m7264.jpg

m7276.jpg

ブラックウィドー
m7283.jpg

m7316.jpg

ホークアイ
m7322.jpg

m7330.jpg

m7335.jpg

ソー
m7344.jpg
m7350.jpg
lastm7391.jpg

ロキ
m7365.jpg

lastm7415.jpg

コールソン捜査官
m7372.jpg

アベンジャーズ集結まであと一人!
lastm7381.jpg
残るはハルクのみですね。映画が公開されてから約一年かかりましたね。

以上、ホットトイズ アベンジャーズ アイアンマン マーク7のレビュー(後編)でした。

(総評)
よかったところ
通常、武装展開、バトルダメージ、軽装状態に換装可能
各部可動性の改善による飛行ポーズなどへの対応
リパルサー用ハンドの付属による発射状態再現可能

気になったところ
スタークヘッドがロバートダウニーに似ていない
股関節及び足の可動性がマーク6よりも少し減少

アベンジャーズフィギュアのリリースとしては後発のアイアンマンマーク7ですが、それだけあって完成度はかなり高い仕上がりになっていました。
ボディは通常状態、バトルダメージ、武装パージ状態、スタークヘッド付属など、このセットだけで多様なアイアンマンの状態を再現することができます。全身の塗装も精度が高く、ミス等もみられませんでした。
目の発光部の改良による光量の向上、首等の可動性の改善による飛行ポーズへの対応、手首パーツによるリパルサー発射状態への対応など、マーク6まで不満だった点が改良されていました。また、腕のミサイルや各部のパーツについても、マーク6と比較しても容易に交換することができ、扱いやすさにも改善がみられます。いままでのアイアンマンのノウハウから得た、現時点ではもっとも完成度が高いアイアンマンフィギュアだと思います。

ただもっとも残念だったのは、サンプルには忠実なのですがロバートダウニーJrに似ていないトニースタークヘッドです。マーク4に付属したヘッドの方が正直似ていると思いました。最新版だけにもっとロバートダウニーに似ているヘッドを期待していただけに、そこが残念でした。
あとは、股関節と足の接地性がマーク6よりも悪くなっていることでした。

アイアンマンの主役級アーマーは今後はダイキャストに移行することもあり、主役アイアンマンではこのマーク7が非ダイキャストでは最後になるかもしれません。トニーヘッドと可動の点では少し残念なところもありましたが、マーク6からの改良点は多く、完成度をさらに高めたフィギュアでした。

今後もアイアンマンマーク42、ウォーマシーンマーク2、アイアンパトリオットなど、多数のアイアンマンフィギュアが発売予定になっています。しかし、このマーク7まで肩と腕の接合部や股関節の可動性についてはあまり改善されていませんでした。そのため、肩と腕、股関節の構造改良により、パワースマッシュなどのポーズにも容易に対応できる可動性の向上にも期待したいですね。

残るアベンジャーズもいよいよハルクを残すのみになりました。私はニック長官を買っていないのですが、それ以外のアベンジャーズが全員揃う日が楽しみです。そして、ダイキャスト製になるマーク42や、アイアンマンシリーズでは出演が最後になりそうなロバートダウニーJr演じるトニースターク開発作業版も待ち遠しいです。

それでは今回はこれにて。


FIG-KAI-5184.jpgFIG-KAI-5082.jpgFIG-KAI-5338.jpgFIG-KAI-5308.jpgFIG-KAI-4858.jpg
ホットトイズ アイアンマン マーク42(あみあみ)
ホットトイズ アイアンパトリオット(あみあみ)
ホットトイズ ウォーマシーン(あみあみ)
アスマストイズ 実業家 1/6 コスチューム (ブリスター)キャラネット)


(関連レビュー)
ホットトイズ アベンジャーズ コールソン捜査官 
ホットトイズ アベンジャーズ ロキ
ホットトイズ アベンジャーズ ブラックウィドー
ホットトイズ アベンジャーズ ソー
ホットトイズ アベンジャーズ キャプテンアメリカ
ホットトイズ アベンジャーズ ホークアイ
ホットトイズ アイアンマン マーク1
ホットトイズ アイアンマン マーク2(アーマー・アンリーシュド)
ホットトイズ アイアンマン マーク3
ホットトイズ アイアンマン マーク3(バトルダメージ) 
ホットトイズ アイアンマン マーク4
ホットトイズ アイアンマン マーク5
ホットトイズ アイアンマン マーク6
ホットトイズ ウォーマシーン
ホットトイズ アイアンモンガー 

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ