プレミアムバンダイ限定「S.H.フィギュアーツ ワルズ・ギル」代行ミニミニレビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

プレミアムバンダイ限定「S.H.フィギュアーツ ワルズ・ギル」代行ミニミニレビュ―

wg022.jpg
今回は、
プレミアムバンダイ限定
「S.H.フィギュアーツ ワルズ・ギル」の代行ミニミニレビュ―です。



「スーパー戦隊シリーズ」第35弾
「海賊戦隊ゴーカイジャー」に登場した
宿敵「宇宙帝国ザンギャック」の
司令官「ワルズ・ギル」の「S.H.フィギュアーツ」です。

「ワルズ・ギル」は
「皇帝アクドス・ギル」の息子で、
「ゴレンジャー」から「ゴセイジャー」までの「スーパー戦隊」が
「ザンギャック艦隊」を撃退した「レジェンド大戦」の数年後、
「第二次地球侵略艦隊」の総司令官として、
地球に襲来しました。

敵味方の区別なく、
常に傲慢な態度を示しますが、
司令官としての能力は低く、
思慮も浅いため、
「ゴーカイジャー」にことごとく
作戦を阻止され続けました。

位置づけとしては
完全にピエロの扱いでしたが、
「特務士官バリゾーグ」に対し、
子供の頃から
父親に似ぬ馬鹿息子と
重臣達に思われ孤独を感じ、
そんな重臣達の鼻を明かしてやりたい
という本音を漏らす場面が、
哀愁が漂い印象的でした。

最期は、
父親から送られた
巨大ロボ「グレートワルズ」に乗り、
一度は「ゴーカイジャー」に勝利するも、
新たに登場した「カンゼンゴーカイオー」の力の前に敗れ去り
戦死しました。

その後、
映画「スーパーヒーロー大戦」で
「アクドス・ギル」共々復活を果たし、
親子揃って巨大化していました。


それではレビューです。

※本レビューには、作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。



(全体図)
wg001.jpg
wg002.jpg
wg003.jpg
wg004.jpg
wg005.jpg
wg006.jpg

(「頭部」アップ)
wg007.jpg
wg008.jpg
wg009.jpg
顔の真ん中が
装飾で隠れるデザインの頭部が
忠実に再現されています。

(「胸部」アップ)
wg010.jpg
「胸部」の装飾も
しっかりと塗り分けされています。

(「腕部フリンジ」アップ)
wg011.jpg
両腕の「フリンジ」は、
伸びた状態の物のみが付属します。

軟質素材でできていますが、
めくった状態で固定する事はできません。

(「肩パーツ」アップ)
wg012.jpg
wg013.jpg
「肩パーツ」は弱冠可動させる事ができます。

ただし、
ほんの少し撥ね上げる感じで、
肩の可動範囲は
あまり広がりません。

(「マントパーツ」アップ)
wg014.jpg
wg015.jpg
「肩パーツ」と
ボールジョイントで繋がっている
「マントパーツ」も、
弱冠可動させる事ができます。

(「裾パーツ」アップ)
wg016.jpg
wg017.jpg
下半身の「裾パーツ」も
弱冠可動させる事ができます。

こちらも、
弱冠真横に撥ね上げる感じで、
下半身の可動範囲は
あまり広がりません。

(付属品)
wg018.jpg
交換用手首(右各3種・左各2種)


(以下適当に何枚か)
wg019.jpg
wg020.jpg
wg021.jpg
wg022.jpg
wg023.jpg
wg024.jpg
wg025.jpg
wg026.jpg
wg027.jpg
wg028.jpg
wg029.jpg


(名乗りを上げる「ワルズ・ギル」)
wg030.jpg
ワルズ・ギル「聞け!地球人ども!
この俺こそが宇宙帝国ザンギャックの総司令官ワルズ・ギル様だ!」

(「ワルズ・ギル」に「ゴーカイガン」の銃口を向ける「ゴーカイレッド」)
wg031.jpg
ワルズ・ギル「この俺が直々に降り立ったからには、もはやこの星の征服も時間の問題。
命の惜しい奴は、俺の足元にひざまずけ!」

(「ゴーカイガン」で撃たれた「ワルズ・ギル」)
wg032.jpg
ワルズ・ギル「ぎゃー!」

(うずくまって痛がる「ワルズ・ギル」)
wg033.jpg
ワルズ・ギル「あああ~痛い~!!」


(劇中ではありえない場面)

(「ゴーカイレッド」相手に健闘する「ワルズ・ギル」)
wg034.jpg

(「ゴーカイレッド」に一矢報いる「ワルズ・ギル」)
wg035.jpg



(総評)

(長所)

物語途中までの
「ボスキャラ」が
本シリーズで商品化された事が
何よりも画期的だと感じました。

「ワルズ・ギル」の
派手な服装が、
忠実に再現されていると
感じました。


(短所)

今回何より、
付属品が「交換用手首」5つのみで
あるにも関わらず、
価格が割高な点が納得できませんでした。


劇中では
アクションと無縁のキャラですが、
玩具独自の解釈に基づき、
装飾部分にもっと可動部を設け、
より大胆なポーズをとれるよう
設計してほしいと感じました。

腕部の「フリンジ」があると
手首を交換しても
隠れてしまうため、
意味がないと感じました。

劇中の様に
はっきりと手首が見える状態を
再現するための、
「交換用フリンジ」を
付属させるべきだと感じました。

また、
全体的に映像の物より
細身になっていて、
少し違和感を持ちました。



何はともあれ、
イベントの参考展示のみで終わる事なく、
商品化された事は
個人的に大変うれしく思います。


今後も
「スーパー戦隊関連のS.H.フィギュアーツ」で
「ボスキャラ」が商品化される事を希望します。


個人的な希望としては
「超新星フラッシュマン」の「大帝ラー・デウス」
「獣拳戦隊ゲキレンジャー」の「ロン」
「侍戦隊シンケンジャー」の「血祭ドウコク」
「海賊戦隊ゴーカイジャー」の「皇帝アクドス・ギル」
「特命戦隊ゴーバスターズ」の「ダークバスター」等があります。


簡素な内容で申し訳ありませんが、
今回はこれまで!
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ