プレミアムバンダイ限定 「S.H.MonsterArts デストロイア エヴォリューションセット(1995)」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

プレミアムバンダイ限定 「S.H.MonsterArts デストロイア エヴォリューションセット(1995)」代行レビュ―

des070.png

今回は、
プレミアムバンダイ限定
「S.H.MonsterArts デストロイア エヴォリューションセット(1995)」
の代行レビュ―です。




1995年に公開された
映画「ゴジラVSデストロイア」に登場した
怪獣「デストロイア」の
「分裂体」「集合体」「飛翔体」がセットになった
「S.H.MonsterArts」です。


「分裂体」は、
「微小体」「クロール体」を経て
「デストロイア」が進化した姿で、
大きさは人間程で
「ミクロオキシゲン」を放射できます。

映画を鑑賞した時、
「分裂体」は怪獣と言うよりも、
ホラー映画のクリーチャー的な
印象を受けました。

その次の「集合体」は、
複数の「分裂体」が合体し
巨大怪獣となった状態です。

「集合体」は、
「オキシジェン・デストロイヤー・レイ」を放射する事ができます。

さらに「集合体」は、
「飛翔体」に変化し、
飛行する事もできます。


「デストロイア」は「完全体」となって、
「ゴジラ」と対決の末敗れ、
「飛翔体」となって逃げる所を
「スーパーXⅢ」に撃ち落とされ
絶命します、



それではレビューです。

※本レビューには、作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。


Blue Oyster Cult - Godzilla

※動画投稿者の方へ、ありがたく使わせて頂きます。




(分裂体)

(全体図)
des001.jpg
des002.jpg
des003.jpg
des004.jpg
des005.jpg
des006.jpg
des007.jpg

(「ハサミ」アップ)
des008.jpg
des009.jpg
「ハサミ」の付いた両腕は、
弱冠上下に動かす事ができます。

(「裏面」アップ)
des010.jpg
des011.jpg
真ん中の足は、
根元から弱冠向きを変える事ができます。

(「触手」アップ)
des012.jpg
des013.jpg
本体上部の「触手」は、
根元から弱冠向きを変える事ができます。

(「頭部」アップ)
des014.jpg
des015.jpg
des016.jpg



(集合体)

(全体図)
des017.jpg
des018.jpg
des019.jpg
des020.jpg
des021.jpg
des022.jpg

(「頭部」アップ)
des023.jpg
des024.jpg
des025.jpg

(「インナーマウス」の伸縮)
des026.jpg
des027.jpg
「集合体の頭部のインナーマウス」を、
少しだけ引き出す事ができます。

(「差し替え用頭部」取り付け状態)
des028.jpg
さらに「インナーマウス」が長く伸びた状態の
「差し替え用頭部」も付属します。

(「ハサミ」アップ)
des029.jpg
des030.jpg
両腕の「ハサミ」は、
開閉させる事ができます。

外れやすいので慎重に取り扱う必要があります。

des063.jpg
腕の向きを変える事もできます。


(「首」アップ)
des031.jpg
des032.jpg
「首」は少しだけ曲げる事ができます。

(「触手」アップ)
des033.jpg
des034.jpg
本体上部の「触手」は、
3箇所の関節部分から曲げる事ができます。

(「尻尾」アップ)
des035.jpg
des036.jpg
「尻尾」は関節部分から
曲げる事ができます。

(「裏面」アップ)
des037.jpg
des038.jpg
外側と内側の「足」は、
それぞれ付け根と膝(?)の関節から
曲げる事ができます。




(飛翔体)

(全体図)
des039.jpg
des040.jpg
des041.jpg
des042.jpg
des043_20130820013404c7b.jpg
des044.jpg

(「頭部」アップ)
des045.jpg
des046.jpg
「飛翔体の口」は
開閉可能です。

(「首」アップ)
des047.jpg
des048.jpg
「首」の向きを
少しだけ変える事ができます。

(「主翼」アップ)
des049.jpg
des050.jpg
「主翼」は、
付け根から少しだけ動かす事ができます。

(「尾翼」アップ)
des051.jpg
des052.jpg
「尾翼」も、
付け根から少しだけ動かす事ができます。

(「尻尾」アップ)
des053.jpg
des054.jpg
「尻尾」の向きを
少しだけ変える事ができます。


(以下適当に何枚か)
des055.jpg
des056.jpg
des057.jpg
des058.jpg
des059.jpg
des060.jpg
des061.jpg

(「デストロイア(集合体)」VS「ゴジラジュニア」)

(「ゴジラジュニア」を押さえ込む「集合体」)
des062.jpg

(「インナーマウス」を伸ばして攻撃して来る「集合体」)
des064.jpg
des065.jpg

(以下適当に何枚か)
des066.jpg
des067.jpg
des071.jpg
des072.jpg


(「集合体」「分裂体」「飛翔体」3ショット)
des068.jpg
des069.jpg
des070.jpg

(「デストロイア」進化の系譜)
des073.jpg
des074.jpg
des075.jpg


(「デストロイア(分裂体)」VS「ゴジラジュニア」)
des076.jpg

(「分裂体」の触手に噛みつく「ゴジラジュニア」)
des077.jpg

(「分裂体」に尻尾攻撃を決める「ゴジラジュニア」)
des078.jpg
des079.jpg

(「分裂体」から「集合体」に進化する「デストロイア」)
des080.jpg
des081.jpg

(「集合体」に押さえ込まれる「ゴジラジュニア」)
des082.jpg

(「集合体」の攻撃を受け絶叫する「ゴジラジュニア」)
des083.jpg

(「ゴジラジュニア」の上に乗る「集合体」)
des084.jpg

(「インナーマウス」を「ゴジラジュニアの口」に差し込む「集合体」)
des085.jpg

(「集合体」から「飛翔体」に進化する「デストロイア」)
des086.jpg
des087.jpg

(「飛翔体」の空中からの攻撃に苦戦する「ゴジラジュニア」)
des088.jpg

(「飛翔体」に体当たりされる「ゴジラジュニア」)
des089.jpg



(「ゴジラ」VS「デストロイア」)


(「集合体」から「完全体」に進化する「デストロイア」)
des090.jpg
des091.jpg
des092.jpg

(「完全体」を尻尾で叩く「ゴジラ」)
des093.jpg

(反対に「完全体」に尻尾で突かれる「ゴジラ」)
des094.jpg
des095.jpg

(取っ組み合う2大怪獣)
des096.jpg
des097.jpg

(「ゴジラ」を踏みつける「完全体」)
des098.jpg

(「完全体」に熱線を吐く「ゴジラ」)
des099.jpg
des100.jpg
des101.jpg

(倒れる「完全体」)
des102.jpg

(「分裂体」「集合体」「飛翔体」に分裂する「デストロイア」)
des103.jpg

(「ゴジラ」に襲いかかる「分裂体」「集合体」「飛翔体」)
des104.jpg

(「分裂体」を踏み潰す「ゴジラ」)
des105.jpg

(「集合体」を熱線で吹き飛ばす「ゴジラ」)
des106.jpg

(逃げようとする「飛翔体」)
des107.jpg

(「飛翔体」に熱線を浴びせる「ゴジラ」)
des108.jpg
des109.jpg

(墜落する「飛翔体」)
des110.jpg

(勝利の雄叫びを上げる「ゴジラ」)
des111.jpg
des112.jpg




(総評)


(長所)

今回、
「進化する怪獣」である
「デストロイア」の
「完全体」以前の形態が
商品化された事が
何よりもうれしく思いました。

ミニサイズながら、
関節が設けられ、
ポーズを付けられるおかげで、
「ゴジラ」「ゴジラジュニア」との戦いを
雰囲気たっぷりに再現できると感じました。

塗装により質感等が、
リアルに再現されていると思いました。

「集合体の差し替え用頭部」が付属していて、
遊びの幅が広がりました。



(短所)

今回何よりも納得できなかった点は、
たとえセットとは言え、
ミニサイズの商品の上に、
付属品もほとんどないにも関わらず、
価格が高すぎるという事です。

いくら何でもこの内容で、
8,400円は高すぎると思います。

上記金額の半額でもいい位だと思います。

せめて「スーパーXⅢ」や、
同シリーズの「デストロイア(完全体)」の拡張パーツとして
「オキシジェン・デストロイヤー・レイ エフェクトパーツ」等を
付属させるべきだと感じました。

本シリーズに対し、
以前から
内容と価格が釣り合っていないと感じていました。

デザイン料が理由かと考えていましたが、
造型師の方によると、
それ程見返りはないそうです。

だとすると、
余計メーカー側の価格設定に対し、
不信感を抱かずにはいられません。

ただでさえ高額の上に、
限定販売でこの内容とは、
消費者を食い物にしようとする
メーカー側の悪意に満ちていると
感じてしまいます。


本シリーズでは今後、
「MFS-3 3式機龍」
「ビオランテ」
「バトラ(成虫)」
等が続きます。

いずれもお高い商品ですが、
今回の「エヴォリューションセット」を購入した後では、
本当に価格に見合った内容になっているのか
気になって仕方ありません。


メーカー側には、
もっと消費者の視点に立った
商品内容と価格設定を
心掛けてほしいとつくづく感じました。


それでは、今回はこれまで!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ