PS3 ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル 黄金体験 空条承太郎&スタープラチナ DXF THE RIVAL vs1~オールスターバトルDIO~ ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

PS3 ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル 黄金体験 空条承太郎&スタープラチナ DXF THE RIVAL vs1~オールスターバトルDIO~ ミニレビュー

jo097
今回は、 PS3 ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル 黄金体験 空条承太郎&スタープラチナ DXF THE RIVAL vs1~オールスターバトルDIO~ ミニレビューです。










(承太郎)

jo072 jo071jo068

飛び上がった状態を再現したような承太郎は、学ランやTシャツのしわなどを造形及び塗装で再現しています。

jo059

 

学ランには、飛び上がった際に上にはねた鎖も軟質素材で再現されています。

jo061

顔の造形は第三部と現在の承太郎の中間のヘッドのような感じです。眉毛や目などは塗装されていますが、顔の皮膚も塗装してくれればさらに良かったと思います。

jo064 jo065 

シャツのしわにともなう陰影や、学ランおなびきなども塗装と造形でよく再現しています。

スタープラチナjo037 jo039

jo042 jo045

上半身だけに近いスタープラチナです。ボディはクリアーパーツで作られており、拳の一撃を示すエフェクトパーツが再現されています。

 

jo046 jo047

顔は、第三部のころのカクカクしたスタープラチナの顔をよく再現していると思います。

jo048 jo049

ボディの塗装はわりと簡素ですが、塗り損じもない仕上がりだと思います。

jo051

パンチのエフェクトには、軌跡のクリアーパーツの中にスタープラチナの腕の飾りがあります。

両方

jo074 jo079 jo082 jo083

スタープラチナの左肩とエフェクトパーツの先端を承太郎に接続して、ディスプレイすることが可能です。これに加えて、エフェクトパーツの支えのパーツもあるのですが、なしでも安定して自立することができます。

 

DIO

dio259

DIOは、上着を脱いだ状態なのですが、髪は長いし唇もそこまで厚くなっていないので、正確には上着を脱いだジョセフの血を吸う前のDIOかもしれません。承太郎と比べて下を見下し飛翔しかけているような、かなり独特なポーズをしています。

dio035 dio036

顔の形は承太郎と同じく第三部とそれ以外の中間のデザインのように見えました。余裕十分で自身ありげなDIOの表情を再現して造形されています。

dio010 dio011

dio012

 

上着には陰影が塗装で再現されていますが、ズボンはなされていないように見えます。普通に見てもしわが陰になるのでそこまで気になりませんが、そこは塗装してほしかったです。靴の質感は超像可動と同じく塗装により金属様の質感を再現しています。

dio014

左肩には、ジョナサンジョースターの体である証拠の星型のアザが、薄いですが再現されています。

ザ・ワールド

dio019 dio020 dio022  dio025

dio026

ザワールドの顔は劇中に近いです。スタープラチナと同じく、体はクリアーパーツでできています。拳には同様にパンチの際のエフェクトパーツが付属しています。

 

セット

dio030 dio033  

承太郎とは違って、ワールドとDIOを接続するところはなく、DIOに台をつけてディスプレイします。しかしこのスタンドは安定性が悪いので、立たせる際は注意が必要です。

承太郎 VS DIO

jo084 jo087 jo092   jo101  jo104

jo094

以上、 PS3 ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル 黄金体験 空条承太郎&スタープラチナ DXF THE RIVAL vs1~オールスターバトルDIO~ ミニレビューでした。

(総評)
手軽に対決シーンを再現可能
DIOのスタンドが不安定

劇中の承太郎VSDIOの一場面を再現したスタチューで、スタンドの拳の動きをエフェクトパーツで再現したり、両者の衣服の陰影やなびきなどを臨場感があるように仕上げられていました。承太郎セットとDIOとザワールドをディスプレイすると、手軽に対決シーンが再現できる点が良かったです。

塗装に関しては、そこまで詳細まで徹底してされてはいませんでしたが、ミスもなく仕上げられていました。顔に関しては、第三部のころとその後の絵の中間のような造形でしたが、そこまで似ていないこともなかったです。

一方で、顔の皮膚には塗装がなされていないので、超像可動ほどのリアルさを再現していなかったのが少し残念です。またDIOとザワールド関しては一体1500円くらいなのでこの出来でも気になりませんが、承太郎などはプレートなどを合わせてもちょっと高いかなと思いました。



それでは今回はこれにて。






関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ