プレミアムバンダイ限定「S.H.フィギュアーツ 映司グリード」代行ミニレビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

プレミアムバンダイ限定「S.H.フィギュアーツ 映司グリード」代行ミニレビュ―

eiji025.jpg
今更ですが、
プレミアムバンダイ限定
「S.H.フィギュアーツ 映司グリード」の代行ミニレビュ―です。



「仮面ライダーOOO」に登場する
主人公「火野映司=仮面ライダーオーズ」が、
「恐竜系コアメダル」を体内に取り込んで変身した
「映司グリード」の「S.H.フィギュアーツ」です。

「鴻上 光生会長」を裏切った
「真木博士」が持ち出した
「恐竜系コアメダル」の何枚かが、
「映司」の体内に飛び込み、
「オーズ」は「プトティラコンボ」へと
変身できる様になりました。

しかしその一方で、
同じく「恐竜系コアメダル」を体内に取り込んだ
「真木博士」が「恐竜グリード」へと変貌した様に、
「映司」は次第に「グリード」と化していきました。

「映司」は視覚と味覚が変化し、
全てが灰色に見え、
食物の味が分からなくなってしまいました。

そんな状況に置かれても、
「映司」は人々を守るため、
「映司グリード」と化し、
戦い続けます。

「恐竜グリード」との最終決戦に勝利した直後、
体内に取り込まれていた「恐竜系コアメダル」は
発生したブラックホールに吸い寄せられて砕け散り、
「映司」は元の人間に戻る事ができました。


放送当時インタビューで、
「映司」役を演じた「渡部秀さん」は、
「ライダーである人物が怪人と化す」展開について、
「仮面ライダー555」の
「乾巧=仮面ライダー555=ウルフオルフェノク」や、
「仮面ライダー剣」の
「相川始=仮面ライダーカリス=ジョーカーアンデッド」、
「仮面ライダーカブト」の
「神代剣=仮面ライダーサソード=スコルピオワーム」を
意識していた事をコメントしていました。



前置きが長くなりましたが、
それではレビューです。

※本レビューには、作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なので、
ご容赦願います。



「Anything Goes!」大黒摩季

「Regret nothing〜Tighten Up〜」 火野映司(C.V.渡部秀)

※動画投稿者の方々へありがたく使わせて頂きます。


(全体図)
eiji001.jpg
eiji002.jpg
eiji003.jpg
eiji004.jpg

(付属品)
eiji005.jpg
交換用手首(左右各3種)
交換頭部(パープルアイ)

(専用魂STAGE)
eiji006.jpg

(「STAGE」表面)
eiji007.jpg
「STAGE」の表面には、
「恐竜系コアメダル」のマークが
プリントされています。

(オーズタトバコンボ(パープルアイ))

(「頭部」アップ)
eiji008.jpg
eiji009.jpg
eiji010.jpg
本商品に付属する
「交換頭部(パープルアイ)」を、
別売りの「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ」に
取り付ける事ができます。

(全体図)
eiji011.jpg
eiji012.jpg
eiji013.jpg


(「映司グリードの腰部」アップ)
eiji014.jpg
「映司グリードの腰部」の
「ベルトのバックル」が
クリアパーツになっています。

(「映司グリードの胸部」アップ)
eiji015.jpg
「映司グリードの胸部」の
「トリケラの額」も
クリアパーツになっています。

(「背部」アップ)
eiji016.jpg
「恐竜グリードの背中」には
「羽根」が付いているのに対し、
「映司グリードの背中」には、
「ヒレ」が付いています。

(「映司グリード」&「恐竜グリード」2ショット)
eiji017.jpg
eiji018.jpg
eiji019.jpg
eiji020.jpg
「頭部と襟巻きの色」「肩アーマーの有無」「羽根の有無」等の
差異が見られます。


(以下適当に何枚か)
eiji021.jpg
eiji022.jpg
eiji023.jpg
eiji024.jpg
eiji025.jpg
eiji026.jpg
eiji027.jpg
eiji028.jpg
eiji029.jpg

(「映司グリード」VS「恐竜グリード」)
eiji030.jpg

(「恐竜グリード」に圧倒される「映司グリード」)
eiji031.jpg

(「映司グリード」&「仮面ライダーオーズ タトバコンボ(パープルアイ)」2ショット)
eiji032.jpg

(変身ポーズをとる「映司グリード」)
eiji033.jpg
映司グリード「変身!」

eiji034.jpg
オーズドライバー「タカ!トラ!バッタ!」

(「仮面ライダーオーズ タトバコンボ (パープルアイ)」変身)
eiji035.jpg
eiji036.jpg
オーズドライバー「タ・ト・バ!タトバ!タ・ト・バ!」

(「メダガブリュー」を構える「オーズ」)
eiji037.jpg
eiji038.jpg

(必死に「映司グリード」を止めようとする「バース・プロトタイプ」&「バース」)
eiji039.jpg
映司グリード「世界の終末を止めなきゃ…俺は…この力で!」
バース・プロトタイプ「ばかー!その手見てみろ…そんな手で何掴むってんだ。
何を守る?どこに届く!!」
バース「何でも1人でやろうとするな!火野――!」
eiji040.jpg
映司グリード「俺は欲しい…力が――!!うおぉぉぉぉ!!」


(対峙する「オーズ(パープルアイ)」と「ウヴァ」)
eiji041.jpg

(「メダガブリュー」を振り上げる「オーズ」)
eiji042.jpg
eiji043.jpg

(「メダガブリュー」で「ウヴァ」に斬りつける「オーズ」)
eiji044.jpg
オーズ「はっ!」

(さらに斬りつける「オーズ」)
eiji045.jpg
オーズ「うんっ!」
ウヴァ「うっ!うぅぅぅ…」

(「メダガブリュー」で斬り込まれる「ウヴァ」)
eiji046.jpg

(倒れる「ウヴァ」)
eiji047.jpg

(「ウヴァ」撃破)
eiji048.jpg
※本編では、「ウヴァ」はメダルの器と化した上で消滅しました。


(「タトバコンボ(パープルアイ)」から「プトティラコンボ」へと変化する「オーズ」)
eiji049.jpg
eiji050.jpg



(総評)


(長所)

テレビ本編終盤に登場したキャラでありながら、
「恐竜グリード」共々
本シリーズで商品化された事が
何よりもうれしく感じました。

「映司グリード」のデザインが、
忠実に再現されていると感じました。


「交換頭部(パープルアイ)」を、
別売りの「仮面ライダーオーズ タトバコンボ」に取り付ける事で、
「オーズ タトバコンボ(パープルアイ)」を再現できる点も
評価したいと思います。

「タトバコンボ(パープルアイ)」は欲しいと思っていましたが、
単体で限定販売される事には抵抗を感じていましたので、
付属品として「交換用頭部」のみが
立体化されて大変助かりました。

ただ、
「交換頭部(パープルアイ)」が、
「タトバコンボ本体」にしっかりと接続されるのに対し、
元々付いている「頭部」の接続が
ゆるゆるのため、
余計ストレスを感じてしまいました。


(短所)

「恐竜グリード」同様、
「交換用手首」が少ないと感じた点が
残念でした。

そしてしつこいですが、
「S.H.フィギュアーツ 火野映司」とセットで
商品化してほしいと思いました。


残念な点はありましたが、
作品終盤に登場し、
しかも
「ライダー」に変身する主役が変化した
怪人キャラが本シリーズで
商品化された事は、
素直に喜びたいと思います。


このまま、
「仮面ライダー555」に登場した
「ウルフオルフェノク」や、
「仮面ライダーカブト」に登場した
「スコルピオワーム」等、
「ライダー」に変身するキャラが変身した
怪人キャラを
本シリーズで商品化してほしいと思います。

特にイベントで試作品が参考展示された
「ウルフオルフェノク」は、
「ホースオルフェノク」共々
ぜひ商品化してほしいと思います。

そして、
同じ「555」に登場した
「綾野剛さん」が変身した
「スパイダーオルフェノク」も
商品化してほしいと思います。



簡素な内容となりましたが、
今回はこれまで!


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ