ホットトイズ クォータースケール ダークナイト・ライジング バットマン レビュー(前編) - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ クォータースケール ダークナイト・ライジング バットマン レビュー(前編)

 topbat207
今回は、ホットトイズ クォータースケール ダークナイト・ライジング バットマンのレビューです。今回は前後編に分けます。





ホットトイズから、クォータースケールの第二弾として、ダークナイト・ライジングのバットマンがリリースされました。すでに1/6スケールでもバットマンはリリースされており、大型化かつ高価なので、それを超えるクオリティが期待されます。

それではレビューをはじめます。

 

 

(全体像)

 

bat193 bat199

bat139

bat143 
クォータースケールになった分、各部の詳細な造型が可能になり、1/6よりも造型が細かくなりました。フィギュアが大型化したことで、使用している布の縫目等が細かくなっています。

(各部)

(ヘッド)

bat025 bat028 bat029 ヘッドは1/6と同様に作られています。大きくなった分、口や歯の造型の詳細化とあごのひげを剃った後のような青さなども1/6ではできなかったものが再現されています。

眼球可動
bat038 bat039 bat041 bat047
眼球可動は1/6とは違って、ハルクと同様に右と左の眼球可動スティックが独立して動かすことができます。そのため左右をばらばらに動かすことができるのはメリットですが、両方を連動して動かしたりできず、操作のためのピンセットがスティックをはさみにくいのが残念でした。

口元パーツ

bat050 bat052 bat055  bat041

口の部分は4つのパーツで付け替えられます。1/6とは違った口の形が多いです。唇や歯など細かい部分も1/6よりも再現されています。ただ、1/6にあったぐっと結んだ口なども欲しかったですね。

 

ナイトビジョンヘッド

bat065 bat066 ヘッドを付け替えることにより、ナイトビジョン状態を再現できます。この機能はダークナイトで使用されていました。ライトアップは1/6版に比べてかなり光の量が大きく改善されています。

ブルース・ウェインヘッド

bat071 bat073 bat077 クリスチャン・ベール氏のヘッドは一見1/6と同じように見えますが、額、口元、こめかみの細かいしわ、あごのひげを剃った後の青い色など、より詳細に再現されています。

bat087  できればこちらも眼球可動ができたらさらによかったですね。ただ1/4スケールの素体や服はあまり出ていないので、1/6のように他にこのヘッドを使えないのが残念です。

(各部)

bat058  胸の装甲と腹の装甲が若干ずれているような気が・・・。それ以外は1/6より細かくなっています。

bat059  bat104 bat106   胸、原、腕の半透明な部分も1/6同様に仕上げられています。

bat110
bat113スーツの布地に貼り付けられた装甲のような軟質素材のパターンは、1/6と少し違うようです。

107  足と靴は1/6とは違って分離されておらず、可動性は若干劣ります。

bat089  手の接合部には、1/6にはなかった布がかぶせてあり、手の位置によって間接部が見えないようになっています。

(マント)
128  マントは肩の二箇所にそれぞれ接続します。

(ベルト)

bat060bat113   ベルトは1/6よりもさらに質感が増し、穴等の小さい部分も造型されています。

ユーティリティーベルト装着装置

bat159

 

超音波カッター(左)、放射線検出器(右)bat161  bat166 放射線検知器は、上を開けて中を引き出すとダークナイトでバットマンが紙幣に使用した測定状態にできます。


bat163 
超音波カッターは折りたたみ状態から伸長状態に変形できます。

(バットラング)

bat199
bat192  金属製のバットラングは3つ付属します。それぞれ手に持たせることができます。

爆弾
bat185

bat187 ジョンブレイクに5秒したら投げろと渡した爆弾も付属します。

グラップネルガン
bat155    グラップネルガンは上部がスライドできます。銃の側面には、すれたような状態を塗装で再現しています。

bat157下部のマガジンは取り外しできます。

フック

bat263bat274  グラップネルガンの先端に、フックをつけることもできます。

bat125
グラップネルガンは、専用ホルダーに取り付けてユーティリティーベルトにセットできます。ただし、放射線検出器のようにしっかりとベルトには固定できません。

E.M.Pブラスター

bat172
bat173

bat174

bat176ブラスターは伸縮可能で、先端部がライトアップできます。ライトアップの光量は1/6よりも強く、改善されています。

そのほか

bat240  


レビュー作成時間の関係で、前半はここで終わります。
後半はオプションの続き、香港潜入状態、可動性などを更新する予定です。

それでは一旦はこれにて。



20131007 レビュー後編できました。
後編はこちら

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ