ホットトイズ クォータースケール ダークナイト・ライジング バットマン レビュー(後編) - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ クォータースケール ダークナイト・ライジング バットマン レビュー(後編)

topbat294.jpg

 
ホットトイズ クォータースケール ダークナイト・ライジング バットマン レビュー(後編)です。





前編はこちら

 




(香港潜入装備バットマン)
bat317 bat310 bat311 bat316  1/6ではダークナイト版しか付属しなかった背中の折りたたみパーツが付属し、香港潜入状態を再現できます。

bat322 bat323 bat324 bat325 bat327

粘着式ボムガン

bat293 bat296 ボムガンは、1/6と同じく二つに分離できます。大きくなった分、1/6付属のものよりも、ボムガンの起動時間の表示等細かく再現されています。

bat298 bat299 同様に劇中のガン形態にも変形可能です。今回はボムガンの接続部がよりしっかりと接続できるように改良されていました。

bat346 
背中には粘着式ボムガンを分離してセットできます。1/6とは違って専用のパーツを介してベルトにセットします。

bat330 
装備状態。

スタンド
bat266 
スタンドは、1/6のような通常型のものではなく、劇中の一場面(どこかわかりませんが)を再現したような特殊なスタンドになっています。

bat268
bat270 
破損した鉄柱や石、地面が再現されています。

bat271 スタンド正面にはバットマンのプレートがあります。

スケアクロウマスク
bat282 bat283 スタンドでディスプレイ用のスケアクロウのマスクが付属します。粗い布の縫目などを詳細に再現しています。届く前は布製かと思ったのですが、実際は軟質素材でできていました。

ベインマスク
bat285 bat286 bat287  破損したベインマスクが付属します。前方の管なども再現されています。


ジョーカーマスク

bat290 bat291 銀行強盗時にジョーカーが被っていたクラウンマスクも付属します。塗装にミスはなくサンプルどおりの仕上がりだと思います。

瓦礫(?)
bat348

   bat329

bat030 クラウンヘッド以外は適当に配置して、バットマンとともにディスプレイできます。

ハンド
bat153 
ハンドは計8つ付属します。


トイサピエンス限定版 バットマンマスク
bat150 bat151 bat152 トイサピエンス限定版には、バットマンのマスクが付属します。


(可動性)  332  首とヘッドは磁石で接続されているので可動性は高いのですが、あまりヘッドを傾けると外れてしまうので注意が必要です。首自体は前後左右に少し動きます。

334 肩はほぼ自由に動かせ、肘も約120度くらいまでは曲げられます。肩、肘ともにクリック式の間接になっており、曲げたままの保持力は高いです。

335 
手の接合部は90度は無理ですが、腕が外れずかなり曲げることができます。

336 腰は背面にはある程度曲げられます。前方にも曲げられますが、腹のスーツが邪魔して保持性は低いです。

337   股は左右には120度くらいまでは曲げられます。

340 ひざは100度くらい?、踝は左右前後にかなり曲げられます。

bat098

足の各部の可動性と保持力が高いので、しゃがんだポーズもなんとか取れると思います。ただ、無理すると股が裂ける可能性があるので注意が必要です。

(そのほか)
bat159   
 bat251 bat105

bat218 

bat242 

bat202

 bat093bat088

 

bat072

nat035 

bat222 bat228

bat128

   bat052  

 

 

bat254

 

 

bat189

 

bat261

 

bat273 

bat184

bat288

 

bat294

香港潜入

bat021

 

bat039

 

bat051

bat050 

 

 bat332    bat343

 

 

bat341

bat167

bat178  

bat091

bat104

 

      bat109

 

bat111 

 bat172

bat114

bat145

bat114  さらば、バットマン・・・

クリスチャン・ベール氏演じるバットマンはダークナイトシリーズで見納めですが、すでに次のバットマン関連の映画での配役も決まっているそうです。さすがにダークナイトバットマンのフィギュアはこれで一段落と思いますが、次のバットマンの立体化にも期待できそうです。

以上、ホットトイズ クォーター・スケール ダークナイト・ライジング バットマン レビューでした。

(総評)
良かったところ
ダークナイト、ダークナイトライジングの劇中のバットマンの装備が付属
各関節がクリック式になっており、1/6よりも間接の保持力が向上
スーツ、ベルト、ヘッドなど、スーツのより詳細なデザインを再現

気になったところ
胸のアーマーと腹アーマーがずれているような
眼球可動の際のピンセットの使用感

ホットトイズクォータースケール第二弾(番号的にはこちらが第一弾)としてリリースされたバットマンですが、現時点出ているダークナイトバットマンとしてはもっとも作りこまれたフィギュアだと思いました。付属品は、1/6スケールでのダークナイトDXとライジングDXの付属品+新規オプションといった内容なので、「ダークナイト」、「ダークナイト・ライジング」どちらも劇中の武装が再現可能です。
ヘッド、ボディ、ベルトや武器などに関しても、1/6では再現できなかったより詳細なディテールが再現され、劇中のスーツにもっとも近い出来になっていると思います。
各関節の可動性はクリック式の間接により1・6のようにスーツに干渉されず曲げたまま保持することが出来ます。特に股関節の可動性は1/6よりも深く曲げることができ、しゃがむポージングもなんとか可能でした。
ただ、私の購入分は胸のアーマーと腹のアーマーの接合部が若干ズレているようで、このような点はないように点検して欲しかったですね。あと、眼球可動システムは1/6とは違って左右独立して動かせるようになっていますが、操作スティックが端についてしまうと付属のピンセットでも操作しにくかったのは残念でした。加えて贅沢な希望かもしれませんが、ブルース・ウェインヘッドにも眼球可動を採用してくれても良かったかなとも思いました。

少し残念な点はありますが、1/6を超える詳細なディテールを再現し、ダークナイト、ダークナイトライジング両方を再現できるバットマンの決定版だと思います。値段が高い上にディスプレイする場所をとるのが悩ましいですが、ダークナイト版バットマンの最高フィギュアとして損はない完成度を誇るフィギュアでした。

ホットトイズの次回のクォータスケールの予定は未定ですが、これくらいのバットマンが出てしまうとやはり同じクオリティのヒースジョーカーが欲しくなってしまうところです。しかし現在のところは版権等の問題があり出るかどうかは不透明ですが、銀行強盗、通常等劇中の服装をすべて再現可能な眼球可動のジョーカーも期待したいしたいところです。そうでなければアイアンマンマーク3などにも期待したいですが、このシリーズでは同じキャラのリニューアルはせずに、今後もこれ以上はない決定版のものだけをリリースしてほしいですね。

それでは今回はこれにて。



ホットトイズ クォータースケール バットマン (楽天)
ダークナイト (字幕版) ダークナイト ライジング (字幕版)


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ