COOモデル 1:6フィギュア デス ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

COOモデル 1:6フィギュア デス ミニレビュー

dd5

今回は、COOモデル 1:6フィギュア デス ミニレビューです。






(全体像)
d1d2d3d4
全身を覆うローブは頭部と全身部分の二つに分かれており、身体に先に着せてから頭部のローブをかぶせます。ローブの長さは十分ですが、左右には若干余裕がないので、足を大きく開いたポーズはとりにくいです。

d5d6
ローブの中身は骸骨のフィギュアになっています。全身の隙間には汚しの塗装がなされており、長年さらされたような骸骨の表面を再現しています。ただ、骨だけに若干華奢です。

※まっすぐ立たせにくいので、若干ゆがんで立たせてます。

 

(頭部)d7
頭部はくぼみ等には塗装により汚しがなされています。歯や鼻、目のくぼみなども塗装されています。

d8d9d10
ボディも黄色がかっており、隙間には頭部等と同じく、汚しの塗装がなされています。

(オプション)
d13d14
ハンドパーツは6種類、ジョイントは4つ、靴等に使用する脚用ジョイントも付属します。


d15
鎌には金属製のチェーンを巻きつけます。
d16
チェーンの先端にはドクロをかたどった造型がなされています。

可動性d11
口はかなり上下に開くことができます。

d12
腕の関節は90度曲がり、上腕部に回転部分があり腕を回転させることができます。

d17d18
首と背骨下部が前後に可動し、前方後方に曲げることができます。
ただ、無理に曲げると破損しそうなので注意が必要です。
あと、左右にも腰より上を回すことができます。


d19d20
足の間接はそれぞれ90度曲がり、しゃがんだポーズも対応できます。

(そのほか)
dd11
dd1

dd2dd3dd4dd5dd6dd7dd8



(総評)
良かったところ

ケープと骸骨の簡素なセットだが、死神のイメージを十分再現している
骸骨のフィギュアの各部の可動性は高いため、ポーズの幅は広い

気になったところ
鎌が重いため、持たせたままポーズを維持することは難しい
オプションは少なめで、スタンドもほしかった

ホットトイズ等とは違った、版権の存在しない人間の骸骨を使用した死神のフィギュアです。骸骨とケープ、鎌等のセットですが、骸骨にケープを付けると十分に死神を再現できていました。骸骨の素体は、軽めの上にホットなどと比べると塗装は見劣りしますが、
各関節や足や腕の回転部分等の可動部分があり、しゃがみ等多数のポーズにも対応できます。

気になった点は、鎌が大型で重いためそのまま鎌を構えたポーズをとらせるのは
難しく、スタンドを併用する必要があります。
あと、オプションも少なめなので、他メーカーの版権ありフィギュアのセット内容と比べると値段は割高に感じました。

ただ、死神系のキャラクターはアニメ、特撮等でも多数登場するので、
死神としてアニメフィギュアと絡ませたり、特撮での怪人役として
ライダー等とディスプレイできるなど、汎用性は高いフィギュアだと思います。

このメーカーからは、骸骨剣士、骸骨ガンマン等骸骨シリーズも出ているので、
様々な骸骨フィギュアが今後も出そうです。

それでは短いですが今回はこれにて。




COO Model 1/6フィギュア デス
COO Model 1/6フィギュア スケルトン・ソルジャー
COO Model 1/6フィギュア 骸骨 長槍戦士
COO Model 1/6フィギュア カウボーイ 骸骨兄弟


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ