プレミアムバンダイ限定「S.H.フィギュアーツ アポロガイスト」代行ミニミニレビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

プレミアムバンダイ限定「S.H.フィギュアーツ アポロガイスト」代行ミニミニレビュ―

apgs018.jpg
今回は、
プレミアムバンダイ限定
「S.H.フィギュアーツ アポロガイスト」の代行ミニミニレビュ―です。




1974年に放送された「仮面ライダーX」に登場した
敵組織「GOD機関」の
「GOD秘密警察第1室長」である
「アポロガイスト」の「S.H.フィギュアーツ」です。

「アポロガイスト」は、
普段は人間の姿をしていて、
「アポロ・チェンジ」の掛け声と共に変身します。

「仮面ライダーX」との戦いに
1度敗れ死亡するものの、
「再生アポロガイスト」として
復活を遂げます。

「アポロガイスト」は、
2009年に放送された「仮面ライダーディケイド」に
リニューアル版が登場し、
刑事ドラマ「相棒」の「伊丹憲一」役で知られる
「川原 和久さん」が
人間態「ガイ」役を演じました。


それではレビューです。

※本レビューには、作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。



(全体図)
apgs001.jpg
apgs002.jpg
apgs003.jpg
apgs004.jpg

(マント無し全体図)
apgs005.jpg
apgs006.jpg
apgs007.jpg
apgs008.jpg
「マント」は脱着可能です。

(付属品)
apgs009.jpg
交換用手首(左右各3種)
ガイストカッター
アポロショット

(「アポロショット」装備)
apgs010.jpg
専用銃「アポロショット」を持たせる事ができます。

(「ガイストカッター」装備)
apgs011.jpg
apgs012.jpg
apgs013.jpg
専用盾「ガイストカッター」を持たせる事ができます。

「ガイストカッター」から
一旦「持ち手部」を取り外し、
「持ち手首」に握らせた上で、
盾本体に戻します。

(適当にポーズ)
apgs014.jpg
apgs015.jpg

(「仮面ライダーX」VS「アポロガイスト」)
apgs016.jpg
apgs017.jpg

apgs018.jpg
apgs019.jpg
apgs020.jpg


(総評)

(長所)


「アポロガイスト」のデザインが
忠実に再現されていると思いました。

また、
パーツの一部を取り外す手間があるものの、
「ガイストカッター」を
しっかりと専用手首に保持でき、
かっこよくポーズをつけられました。

「アポロショット」も、
しっかりと構える事ができました。



(短所)

身体に比べて、
頭が大き過ぎる印象で、
アンバランスだと感じました。

また,
綺麗に塗装されているのはいいのですが、
質感が同シリーズの「昭和ライダー」と比較すると
安っぽい印象を受けました。

確かに、
実際の映像を見ると、
作品が古い事もあり、
安っぽい感じはします。

しかし、
本シリーズの「昭和ライダー」は、
単にデザインが再現されているだけでなく、
「平成ライダー」に引け劣らぬ様、
一工夫されています。

そのため本商品も、
もう少し何とかならないものかと
残念に思いました。

ウェザリングを施す等して、
ディテールアップしてほしいと思いました。

そして、
限定品にしては
「交換用手首」の種類や
付属品が少なすぎる印象が否めませんでした。

せめて
激しい戦闘場面を再現させるための、
「アクション用マント」を
付属させてほしいと思いました。

「マント」が垂れた状態の物しか付属しないのは、
大変もったいないと感じました。



残念な点はありましたが、
「昭和ライダーの敵キャラ」の商品化自体は、
素直に歓迎したいと思います。

今後、
「東映ヒーローネット」で
「再生アポロガイスト」が登場予定です。

「ディケイド版アポロガイスト」も人気がある様なので、
商品化されるといいですね。


簡素な内容となりましたが、
今回はこれまで!



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ