ホットトイズ DX13 ターミネーター2 T-800 バトルダメージ ver. レビュー(後編) - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ DX13 ターミネーター2 T-800 バトルダメージ ver. レビュー(後編)

bd65_thumb.jpg

ホットトイズ DX13 ターミネーター2 T-800 バトルダメージ ver.レビュー後編です。





前編はこちら






 

オプション追加

ピストル114
ピストルは、DX10とほとんど同様のものでした。

欲を言えば、スワットから奪って少し使った武器も付いてたら完璧だったと思いました。さすがに贅沢かもしれませんが。

ダメージ大状態

(全体像)
bdz2bdz1bdadd2ヘッド、革ジャン、左腕を交換することにより、製鉄所後半のバトルダメージ状態を再現できます。

(ヘッド)bdz3bdz4bdz5bdz6bdz7
もう一つのヘッドと比較して、露出したエンドスケルトン、血の塗装がより派手になっています。こちらのほうが若干もう一つのヘッドよりも本人に似ているように見えます。

(ライトアップ)bdz8bdz12
左目の目は後頭部のスイッチを入れることで点灯できます。光量は十分ですが、少し連続点灯してるとだんだんと暗くなってきたので、電池消耗が激しいのかもしれません。

(眼球可動)bdz13
眼球可動システムは、専用の棒で操作して方向を変えます。その分、もう一つのヘッドよりも細かい操作はしにくいです。


(可動性)
可動2可動3

可動4

ヘッドは前後左右に大きくはないですが可動できます。左右の回転についてはまったく問題はないです。

可動1
肘は120度くらい曲がりますが、衣服の干渉で曲げたまま保持しにくいかもしれません。

可動5

前屈はあまり動きませんが、後ろにはかなり曲げることができます。腰もある程度は左右回転も可能でした。

 

可動6
股関節は前に90度、横にはズボンの干渉もあり45度くらいでした。左ひざは90度が限界でしたが、右ひざはほぼ太股に付くくらい曲げられます。ただ、靴部分はあまり動きませんでした。

(そのほか)

(ダメージ少バージョンそのほか写真)bda

bda7bda8bda2bda5bda3bda4

bda1

bdb2 bd53
bdb1



劇中再現ぽい写真

※写真によっては劇中っぽく照明を調節して撮ってみました。そのまま撮ったほうがマシだったらすいません。

凍結したT-1000への一撃アスタラビスタベイビー Hasta la vista, baby. (地獄で会おうぜ、ベイビー) のつもり・・・
前編掲載の写真を変えました。



ケガをしたサラを抱えて製鉄所内に逃げるT-800

サラT800

T-800 VS T-1000 製鉄所

T2BDトップbdb4

 

tbd3tbd4tbd2

 

T-800 VS T-1000 製鉄所 二戦目

bd54

 

刺さった鉄棒をスライドさせて引き抜くシーンのまね

bd56bd57bd58
昔、どこかの番組で、ロバート・パトリック氏にこのシーンをどうやって撮ったかアメリカまでインタビューしにいったことがありました。そのときはひげ面のロバート氏自身がハイテンションで説明していたのが印象的でした。

T-1000の反撃
bd59bd61

bd64

メイン回路破壊
bd62

機能停止・・・
bd63


サラたちに迫るT-1000(写真は適当ですいません)
サラ1000

溶鉱炉

T-800のグレネード、ラストショット
408

tbd1

 

T-1000 撃破bd65

 

チップとアームは始末したが・・・bd66

T-800 「いや、まだだ」

bd67 
T-800「ここにもチップが・・・。これも始末するのだ」

ジョンの涙の訳を理解するT-800
bd68
T-800「人間がなぜ泣くのかわかった。だがオレは涙を流せない」

サラと握手するT-800
bd69

 

溶鉱炉に沈むT-800

bd70 

T-800「さよなら」

錆びたチェーンが用意できなかったので、棒で代用してます

bd71bd72

 

機能停止 

T-800、機能停止・・・

エンディングのまね
道

サラ・コナー「目の前には未知の未来が・・・。だが今は希望の光が見える。

機械のターミネーターが命の価値を学べるなら、

われわれ人類にもできるはずだ」


今回のフィギュアはT2のホットトイズの最後のT-800になりそうなこともあり、普通に撮るよりも変えて撮影してみました。普通のほうがマシと思った方はすいません。

 

以上、ホットトイズ DX13 ターミネーター2 T-800 バトルダメージver.レビューでした。

(総評)
よかったところ
ヘッドがDX10のものより改善されていた
ヘッド、衣服、腕の交換で、バトルダメージ度合いを変えることが可能
武器等も多く付属し、ほぼ劇中の再現をすることができる

気になったところ
衣服のボタンらしき銀色の部品がよくとれる

今回のフィギュアは、エンターベイのT-800BDの出来がよかったこともあり、前回のDX10のままのヘッドをベースにして出してきたら正直大丈夫かと思っていました。しかしヘッドは改修されてよりシュワちゃんに似てきており安心しました。ヘッド二種類かつ衣服等の組み合わせで、サーバーダイン社からの脱出時から最終戦までの状態を再現できるのはよかったです。

小さいながらも頭部のライトアップも再現され、眼球可動システムとあいまって多様なディスプレイにも対応できます。ただ、衣服についているボタンを再現したシルバーの部品が取れやすいので、取り扱う際には注意が必要です。あとT-1000のスタチューですが、パンチするシーンに使用するにはいいですが、それ以外はあまり利用しないのと場所もとるので、より可動部分を増やすか、ボーナスアクセサリでもよかったかなと思いました。

より改良されたヘッド、二種類のバトルダメージを再現可能などT-800フィギュアとしては、T-800が好きな方は購入する価値あるフィギュアだと思います。二個購入して二つの状態同時に飾る人もいるようですが、それも頷ける出来でした。

ターミネーター関連のフィギュアの今後は、1/4スケールでは予定があるようですが、1/6スケールではこれで予定は終了のようです。本当はジョンコナーがほしいところですが、子供のフィギュアは素体から開発難しいかもしれないので、出るかは微妙ですね。 ただもし出るならば、ジョンとT800を是非一緒にディスプレイしたいですね。

それでは今回はこれにて。


ホットトイズ T800 BD (ヤフー)
ホットトイズ T-800 BD (楽天)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ