メディコムトイ RAH DX 仮面ライダーG4 レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

メディコムトイ RAH DX 仮面ライダーG4 レビュー

G4TOP 
今回は、メディコムトイ RAH DX 仮面ライダーG4 レビューです。

 





仮面ライダーG4は、劇場版「仮面ライダーアギト PROJECT G4」に登場する仮面ライダーです。戦闘力はG3-Xを上回りますが装着者が必ず死亡するため封印されていました。劇中では陸上自衛隊一等陸尉・深海理沙に警視庁G3ユニット部隊より設計図を盗み出され、自衛隊で製作されました。自衛隊三等陸尉である水城史朗が装着して、アンノウンだけでなくアギトやG3Xとも熾烈なバトルを繰り広げました。

G3Xの完成度は高かったこともあり、カラバリに近いこちらも高い完成度が期待されます。
それではレビューをはじめます。




(全体像)
g4ag4bg4cg4fg4dg4e 
全体のデザインの多くはG3-Xと共通ですが、頭部、肩のG4マーク、胸の自衛隊マークなどの違いも再現されています。 アーマーのブラックの塗装やその下のアンダースーツも、G3Xと同様に作られています。


(ヘッド拡大) KG1

 
KG3KG4KG5KG6
ヘッド上部のアンテナ、目の色、耳部分の造形等のG3Xとの違いも細かく再現されています。詳細な形状の再現性は高いですね。

KG7

目の部分、ブルーアイザーは、G3Xと同様に裏面モールドを精密に再現しています。見た目も劇中のマスクと遜色ないです。額の細かいランプ部と周囲も見事に再現しています。

(各部)
KG8
肩のG4マークなども忠実になされています。左胸にもマークが再現されています。ベルトであるGバックルは、G3-Xのベルトとほぼ造形は同じですが、カラーが違う部分や細かい近いもつくり分けられています。

KG12KG13
ベルトにはギガントのケーブル接続部分とギガント発射操作操作部分が造形されています。

KG9KG10KG11


KG14
右太腿であるアームズマウントには、G3-Xと同様のホルダーが設置されており、自動小銃GM-01改4式を接続できます。

(オプション)
ハンド KG15
握り手や開き手だけでなく、銃持ち手及びギガントの持ち手や支えるためのハンドなど一式揃っています。

自動小銃GM-01改4式(照準スコープ付属)
KG30 
G3XのGM-01とほぼ外見は変わりません。スコープはG3Xのものと同様に取り外しができます。

多目的巡航ミサイル ギガント KG16

KG17

KG25 
KG24 
ギガント発射装置に付属の四つのミサイルをセットしてギガントが完成します。
ミサイルの羽は取り外しできるので、それぞれ一枚外して
セットします。

 

KG29

各部のマークやG4の表示も再現されています。

KG20KG21KG22
ギガントの接続部のカバーは開閉でき、そこに接続ケーブルを挿入できます。
カバーの下に穴があるので、ケーブルを挿入したままカバーを閉めることができます。

ケーブル接続 
片一方のケーブルをG4の右腰のベルトに接続します。ちなみにケーブルにはちゃんと銅線が入っています。

KG26
ミサイルは後ろの羽が取り外しできるので、ギガント装着時に取り外して搭載が可能です。

ギガント装備状態
ギガント1ギガント2 
専用ハンドを使用することにより、発射状態を再現できます。 ただ、肩にジョイント等がないので、両手しっかりと持たせる必要があります。

可動性に関しては、G3Xとほぼ同じです。G3Xのレビューの参照をお願いします。


(そのほか)
g4tg4ug4v

g5g

kg31

g5h

g4xg4y
g4z

g5f

g5b

 

g5c

 

g5e

g5q

 

劇中のまねとそのようなもの

g5j
氷川 「水城さん! G4システムは呪われたシステムです!
離脱してください!これ以上は危険です!あなたの命までが!」

 

g5i

水城 「オレの答えはわかっているはずだ。
どうする、オレは死を背負い、おまえは生を背負っている」

g5k
水城 「どちらが正しいか、今この場で、答えを出すか!」

氷川「水城さん・・・」

g4l

g4h

g4k

氷川誠として戦いなさい!
g4mg4ng4o

g5o

苦しみ出すG4g5m

水城 「うあああっ!」

g4q
氷川「水城さん!危険です!離脱してください!
水樹さーーーーん!!!」

g5n
吹っ飛ばされる氷川

倒れるG4
g4r
氷川「水城さん・・・ 」

装着者死亡後に起動するG4システム
g4s
氷川「もういい・・・もういいだろ!!! 」

以上、メディコムトイ RAH DX 仮面ライダーG4 レビューでした。

(総評)
よかったところ
G3-Xと同様に、細かいアーマーの装置等の細かい造形を忠実かつ詳細に再現
ギガント用ハンドが付属することにより、ギガント発射ポーズの再現が可能
ギガントのケーブルやカバー開閉などのギミックも再現

気になったところ
膝の可動性はG3-Xと同様に制限
できれば水城ヘッドもあればさらによかった

今回のG4は、G3Xとほぼ同じ構造をしているだけあって、こちらも外見の再現度は高かったと思いました。G3Xとの違いも造形と塗装で差別化されており、各アーマーの塗装や詳細な作りも問題はありませんでした。
多数の合体変形武器を持つG3Xに比べると武装は少なめですが、ギガントのカバー開閉や接続部の作り込み、コード連結などしっかりと再現されている点も好印象でした。
ただ、可動性はG3Xと同様に、アーマーの干渉のため膝の可動性は制限されています。劇中では始めしか出てきませんが、G3Xの氷川ヘッドと同様に、水城ヘッドもついていればさらに良かった気がします。

G3X同様に完成度は高いので、G4が好きな人には購入を検討に値するフィギュアだと思いました。最近の限定販売のライダーはサンプルとの違いも少なく安心して注文できると思います。RAHシリーズでは、今後はアギトシャイニングフォームが控えていますが、ギルスやアナザーアギトなどの発売にも期待がかかります。


それでは今回はこれにて。


(関連レビュー)
メディコムトイ RAH DX 仮面ライダーG3-X



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ