「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアビス」代行超ミニミニレビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアビス」代行超ミニミニレビュ―

Exif_JPEG_PICTURE

今回は、

「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアビス」の代行超ミニミニレビュ―です。





「仮面ライダーディケイド」の

「龍騎の世界」に登場したオリジナルライダー

「ATASHIジャーナル」の副編集長「鎌田」が変身する

「仮面ライダー=アビス」の「S.H.フィギュアーツ」です。

 

「アビソドン」に合体する

「アビスラッシャー」・「アビスハンマー」という

二体のミラーモンスターと契約し、

「門矢士=仮面ライダーディケイド」

「辰巳シンジ=仮面ライダー龍騎」と激闘を繰り広げました。

 

「アビス」に変身する「鎌田」の正体は

「パラドキサアンデッド」で、

「ディケイド」と「龍騎」に敗れた後

「ブレイドの世界」で

「四条ハジメ=仮面ライダーカリス=ジョーカー」と手を組み、

暗躍していました。

 

しかし、

「ディケイド」と

「剣立カズマ=仮面ライダーブレイド」のコンビに撃破され、

完全に消滅しました。

 

それではレビューです。

※本レビューには、作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、

飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。

(全体図)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(付属品)

Exif_JPEG_PICTURE

交換用手首(右各6種・左各5種)

アビスバイザー

アビスクロー

アビスセイバー(2本)

アドベントカード(4枚)

 

(アドベントカード)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(専用魂STAGE)

Exif_JPEG_PICTURE

スタンドベース

支柱

クリップ

クリップ基部

 

「スタンドベース」表面には

「アビスのマーク」がプリントされています。

 

(「頭部」アップ)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

「魚(?)」的な

「アビスのマスク」が

しっかりと再現されています。

 

(「Vバックル」アップ)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

変身ベルト「Vバックル」から

「カードデッキ」を取り外し可能です。

 

(「アビスバイザー」装備状態)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

召喚機「アビスバイザー」を左腕に装備できます。

 

(「アドベントカード」装填)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

「アビスバイザー」の口を開いて

「アドベントカード」をセットし、

装填場面が再現できます。

 

(「アビスクロー」装備状態)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

「アビスラッシャー」の頭状の手甲

「アビスクロー」を右腕に装備できます。

「アビスクロー」の口は開閉可能です。

 

(「アビスセイバー」装備状態)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

「アビスラッシャー」のサメ歯状の大刀

「アビスセイバー」を本体に装備可能です。

 

(以下適当に何枚か)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

 

(総評)

 

 

(長所)

「ディケイド」内の

「龍騎の世界」にのみ登場した

レアなキャラのため、

本シリーズで商品化されても

限定販売が必定だと思っていました。

 

そのため、

今回通常販売で商品化された事は

大変意外でした。

 

厳密に言えば「ディケイド」のキャラですが、

同シリーズの「龍騎」関連の商品と同じ、

ハイクオリティーな物に仕上がっていると思いました。

 

「アビス」の全身のデザインが、

忠実に再現されている印象を受けました。

 

付属の「アビスクロー」と「アビスバイザー」を、

しっかりと両腕に取り付ける事ができ、

劇中の「アビス」のかっこ良さも

忠実に再現されていると感じました。

 

また、

「アビスクロー」と「アビスバイザー」の各「口」が開閉し、

表情(?)を付ける事ができました。

 

 

(短所)

やはり今回も、

契約モンスターである

「アビスラッシャー」・「アビスハンマー」と

セット仕様にしてほしいと思いました。

 

また、

デザインの都合上、

「肩アーマー」により

肩の可動範囲が制限された事が

惜しいと感じました。

 

 

残念な点はありましたが、

テレビ本編に

わずかしか登場しなかったゲストキャラが、

本シリーズで

通常販売の商品として立体化された事は、

画期的だと思いました。

 

それに引き換え、

各「契約モンスター」を含め、

「S.H.フィギュアーツの龍騎関連のキャラ」は、

もっと通常販売に回してほしいと

改めて思いました。

 

 

「ディケイド」放送当時、

悪役ながら「アビス」に魅力を感じました。

 

個人的には

合体する「契約モンスター」が

その要因でした。

 

ぜひ「アビソドン」に合体可能の

「アビスラッシャー」・「アビスハンマー」を

商品化してほしいと思いますが…

 

「S.H.フィギュアーツ」が、

諸々の事情により値段が割高となり、

片っ端から限定品に回されている現状を考えると…

 

商品化された際購入したい気持ちは山々ですが…

 

できる事なら、

シリーズ初期の頃のリリース方式に

戻ってほしいのですが…

 

絶望的でしょうね…

 

 

それでは簡素な内容となりましたが、

今回はこれまで!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ