ホットトイズ アイアンマン3 ウォーマシン・マーク2 レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ アイアンマン3 ウォーマシン・マーク2 レビュー

wmstop.jpg

今回は、ホットトイズ アイアンマン3 ウォーマシン・マーク2 レビューです。





ホットトイズからアイアンマン3 ウォーマシン・マーク2が発売されました。このウォーマシンは劇中には出てこず、これがリペイントされたものがアイアンパトリオットになっています。 前作のウォーマシンはアイアンマンマーク2にハマー社の武装を追加したどちらかというと フルアーマーアイアンマンといったフォルムでしたが、今回のウォーマシンは背中のキャノン砲以外は すっきりしたデザインをしています。このフィギュアはホットトイズの初ダイキャストフィギュアということで、 どのように仕上がっているのかが注目です。 それではレビューを始めます。

 





(全体像)

 wm01wm02wm03wm04

前のウォーマシンと比べて、かなり武装が減ってスリムになっています。ホット初のダイキャストを使用したフィギュアで、半分以上のパーツがダイキャストを使用しているようです。ダイキャスト部分の質感はもちろんですが、それ以外のパーツも違和感ないように塗装されて仕上げられていました。

(ヘッドアップ)

wm05wm06wm07wm08

wm11ヘッドは一つのみで、今回はヘッド自体にライトアップ機能が搭載されています。
ヘッドはサンプルと変更のない仕上がりでした。

(各部) wmm1wmm2wmm3wmm4wmm5wmm6

ダイキャストパーツ等の使用により、質感の高いアーマーを再現しています。ダイキャストパーツとそれ以外の素材のパーツとの違和感もなく見え、腕等のマーキングなども綺麗に再現されています。塗装等の問題もありませんでした。

 

wmm7wmm9wmm8

 

背面
wmm14
wmm11wmm12wmm13

 

ライトアップ機能wmm17wmm18
目のライトアップは、頭部中央のカバーを開けてスイッチをONにすると点灯します。
カバーの着脱が若干外れにくいことがあるので、スイッチ操作に若干手間がかかるところが残念でした。

wmm19wmm20
胸のアークリアクター及び手も同様にライトアップが可能です。ただどのアイアンマンフィギュアもそうですが、光の量ははじめは申し分ないですが、少し点灯しているとだんだん暗くなってきます。


(キャノン砲)

背中にはキャノン砲をセットできます。
接続箇所は背中の溝に沿って5ヶ所あるので、それぞれの部分に差し込んでセットします。

050
キャノン砲は上下左右に可動します。

(オプション)
wmm15
ハンドはリパルサー発射用、握り手、指可動手、敬礼手が付属します。

wmm16

左腕は、マシンガン展開状態に付け変えることができます。

台座 wmm22

台座は格納庫風の地面が再現されたものになっています。このフィギュアは重いので、スタンドの支柱もほかのフィギュアのものよりもしっかりとしています。

 

wm06
ウォーマシン設置状態
クリップはかなり挟み込む力が強いので、重いウォーマシーンを浮かせて支えることもできます。

wm07

床の部分は脚に合わせて、足の置き場の幅を変えることができます。あと、台の側面はライトアップできます。

 

可動に関するギミック
070

首は上方に大きく、左右にも可動は問題なく動かせます。首を前後に動かして、頭部の位置を前後に移動できます。

肩の可動性

052053

肩は下に引き下げることによってより幅広い可動域に対応できるようになりました。
肩等とボディとの接触が若干気になりますが、マーク7まで改善されなかった可動域が改善されていました。

肘の可動性

054

腕を下に引き出すと可動性が向上し、110度くらい曲げることができるようになりました。

 

腹、胸の可動性055056

057059

腹は上下に二段階展開することにより、前後の可動に対応できるようになります。

061
胸は45度くらい左右に回転します。

足の可動性
062
スカートは上に持ち上げることにより、足の可動性妨げないようになりました。

064065
両足を下に引き出すことにより、より前方への足の移動が可能になりました。

066
両足を引き出すことにより、脚をより前方に可動できるようになり、約90度脚を上げることができるようになりました。これにより、いままでのアイアンマンよりも多数のポーズに対応しやすくなりました。膝も約90度曲げることができます。

ただ、股関節の保持性がダイキャストのせいか低めなので、足を大きめに開いた状態などでの自立等は、スタンドを使ったほうがより安定してディスプレイできる感がありました。

 

069
足の裏は、下に引き出すことにより、接地性を高めることができます。

(そのほか)
wms06wms07wmm3wmm1wmm2wms14wms15wms09wms11wms08wms12 
 

wm02wm03 
パワースマッシュ1

wm05wm01

パワーポーズ買っていないので、アイアンマンマーク7と
wms16 

wms19 wm09
wms18

wm08

アベンジャーズのロキと
wms01wms02 
映画アベンジャーズのときには、ウォーマシンは別のところで戦っており、ニューヨークの戦闘には参加できなかったとなっているそうです。アベンジャーズ2ではウォーマシンが出るとの情報もありますが、多分新アーマーを出しそうな気がするので、その際はまたホットから別のフィギュアが出そうな気が・・・

wms05

wms03

以上、ホットトイズ アイアンマン3 ウォーマシン・マーク2 レビューでした。

(総評)
よかったところ
ダイキャスト使用により、質感の向上と重量及び自立安定性の向上
肩、肘、股関節等のアイアンマンと比較して可動性が向上

気になったところ 
股関節の保持性
ライトアップスイッチがすべてカバーの中に位置 

ホットトイズ初のダイキャストフィギュアのため、どのような出来になるか気になりましたが、ダイキャストとそのほかの素材パーツとの違和感もなく、いままでのアイアンマン以上の質感を再現したフィギュアに仕上がっていました。また、重量の増加によって自立させた際の安定性が向上しており、いままでのものよりも自立させやすくなりました。可動性はいままでのアイアンマンと比較して、肩、肘、腹、股関節で改善され、より広範囲の可動に対応できるようになりました。


気になった点は、肩や首、膝等の関節の可動及び保持性は良いのですが、股関節がフィギュアの重さに負けて前後左右に保持性が低いところです。先日レビューしたケルティックプレデターのようにクリック関節等をつけてくれるとよかったと思います。 あとはライトアップスイッチがすべてカバーの中になるので、いちいち開くのがめんどうなところです。

今後は別カラーリングとローズヘッドが付属するアイアンパトリオットの発売が控えていますが、カラフルなパトリオットより無骨なカラーリングが好きならばこちらのほうがいいかもしれません。

今回のフィギュアのギミック等はアイアンパトリオットとマーク42に継承されると思うので、これらもより完成度を高めたフィギュアになると期待できると思います。ただ、ダイキャストパーツのため重量が増加しているので、今度出るアイアンパトリオット、マーク42、ロボコップなどには股関節の強化を期待したいです。

それでは今回はこれにて。

あみあみ ムービー・マスターピース DIECAST アイアンマン3 ウォーマシーン・マーク2
あみあみ ムービー・マスターピース DIECAST アイアンマン3 アイアン・パトリオット
あみあみ ムービー・マスターピース DIECAST アイアンマン3 アイアンマン3-マーク42
あみあみ ムービー・マスターピース アイアンマン・マーク39(スターブースト)

(関連レビュー)
HOTTOYS アイアンマン3 トニー・スターク(マンダリン邸襲撃版)
HOTTOYS アイアンマン3 トニー・スターク(開発作業版)
HOTTOYS アイアンマン マーク7
HOTTOYS ウォーマシン



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ