「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーフォーゼ ファイヤーステイツ」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーフォーゼ ファイヤーステイツ」代行レビュ―


037

今回は、
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーフォーゼ ファイヤーステイツ」の代行レビュ―です。






「仮面ライダーフォーゼ」の主人公
「如月弦太朗」が
変身する「仮面ライダーフォーゼ」が、
「ファイヤースイッチ」の力でステイツチェンジした
「仮面ライダーフォーゼ
ファイヤーステイツ」の「S.H.フィギュアーツ」です。

火の属性を持ち、
それを生かして他のモジュールと組み合わせ、
「ゾディアーツ」に立ち向かいました。

「ファイヤーステイツ」は、
炎等の熱エネルギーを吸収し、
自らの力に転換する能力があります。

また、
専用武器「ヒーハックガン」は火炎放射器だけでなく、
消火器の機能も兼ね備えたアイテムです。

それではレビューです。

※本レビューには作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。


Switch On!」土屋アンナ


Giant StepAstronautsMay'n・椎名慶治)


※動画投稿者の方々へ、ありがたく使わせて頂きます。


(全体図)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(付属品)
Exif_JPEG_PICTURE
交換用手首(左右各
4種)
スパイクモジュール
ヒーハックガン本体
ヒーハックガン
握り
ヒーハックガン
ホース(2種)
ポテチョキン(
2種)
差し替え用スイッチ
(スイッチ台座・ファイヤースイッチ(
OFF)スパイクスイッチ(ONOFF))
ヒーハックガン用ファイヤースイッチ

(「フォーゼドライバー」アップ)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
本商品も、
「フォーゼドライバー」から
全ての「アストロスイッチ(一部ベルトと一体化)」を取り外し可能です。

(ファイヤースイッチ
ON
Exif_JPEG_PICTURE
(ファイヤースイッチ
OFF
Exif_JPEG_PICTURE
2種の「ファイヤースイッチ」により、
ON」「OFF」の状態を再現できます。
各スイッチのリングは無可動です。

(スイッチ台座)
Exif_JPEG_PICTURE
「スイッチ台座」を取り付ける事で、
「ファイヤースイッチ」を外した状態を再現できます。

(「ヒーハックガン
握り」接続)
Exif_JPEG_PICTURE
(消火モード「フォーゼ」)
Exif_JPEG_PICTURE
「ヒーハックガン
握り」に設けられた穴に、
「本体ベルト右の突起」を差し込む事で、
劇中で見せた消火モードの「フォーゼ」を再現できます。
但し「握り」と本体との接続は緩めで外れやすくなっています。

(「ヒーハックガン」装備)
Exif_JPEG_PICTURE
もう
1種類の「ヒーハックガン ホース」と組み合わせる事で、
ホースを伸ばした状態で、
前後のグリップを握る「フォーゼ」を再現できます。
2種類のホースは共に柔軟性はありません。

(「ヒーハックガン
本体」装備)
Exif_JPEG_PICTURE
(「ファイヤースイッチ」取付)
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
「ヒーハックガン」前部下に設けられた穴に
「ヒーハックガン用ファイヤースイッチ」を差し込む事で、
「リミットブレイク時ヒーハックガン」を再現できます。

(スパイクスイッチ(
OFF))
Exif_JPEG_PICTURE
(スパイクスイッチ(
ON))
Exif_JPEG_PICTURE
2種の「スパイクスイッチ」が付属し、
ON」「OFF」の状態を再現できます。
スイッチ部分はいずれも固定式です。

(「スパイクモジュール」装備状態「ファイヤーステイツ」)
Exif_JPEG_PICTURE
付属の「スパイクモジュール」を「本体右脚」に換装可能です。

(「スパイクモジュール」装備状態「ベースステイツ」)
Exif_JPEG_PICTURE
もちろん「スパイクスイッチ」と「スパイクモジュール」は
同シリーズ「フォーゼ
ベースステイツ」にも換装可能です。

(ポテチョキン「起動状態」「非起動状態」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
劇中で「フォーゼ」等をサポートしていた
「フードロイド」の「ポテチョキン」が付属します。
「起動状態」「非起動状態」共に変形ギミック等はありません。

(「シザーススイッチ」アップ)
Exif_JPEG_PICTURE
「ポテチョキン」を起動させる「シザーススイッチ」も造型されています。
「スイッチ」部分を取り外す事はできません。

(「ポテチョキン」を持つ「ファイヤーステイツ」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
(「ポテチョキン」から「シザーススイッチ」を取り外す「フォーゼ」)
Exif_JPEG_PICTURE
(「フォーゼドライバー」に「シザーススイッチ」をセットする「フォーゼ」)
Exif_JPEG_PICTURE
(実体化した「シザースモジュール」を構える「フォーゼ」)
Exif_JPEG_PICTURE

(以下適当に何枚か)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(「シザース」「ランチャー」「ドリル」装備状態「ファイヤーステイツ」)
Exif_JPEG_PICTURE
037 038 039 040 041 042


(「フェニックスファントム」の火炎攻撃に苦戦する「フォーゼ」)
043 044
(「フォーゼドライバー」に「ファイヤースイッチ」をセットする「フォーゼ」)
045 046
フォーゼドライバー「
FIRE!」

(「ファイヤースイッチ」を
ONにする「フォーゼ」)
047 048
フォーゼドライバー「
FIREON!」

(右腕が変化する「フォーゼ」)
049 050
(腕を交差させる「フォーゼ」)
051
フォーゼ「熱いのがドッとくるぜ!」

(「ファイヤーステイツ」に変身する「フォーゼ」)
052
(「フェニックス」に消火弾を放つ「フォーゼ」)
053
(再度火炎で攻撃して来る「フェニックス」)
054 055 056
(「フェニックス」の火炎の直撃を受ける「フォーゼ」)
057 058 059 060
(「フェニックス」の炎の熱エネルギーを吸収する「フォーゼ」)
061
(「フォーゼドライバー」から「ファイヤースイッチ」を抜き取る「フォーゼ」)
062 063
(「ヒーハックガン」に「ファイヤースイッチ」をセットする「フォーゼ」)
064 065
066 067
(ジェット噴射で浮遊する「フォーゼ」)
068
(「フォーゼ」を見上げる「フェニックス」)
069 070
(「フェニックス」に「ヒーハックガン」の銃口を向ける「フォーゼ」)
071
フォーゼ「ライダー爆熱シュート!!」

(「フェニックス」に必殺技を炸裂する「フォーゼ」)
072
(「フェニックス」撃破)
073 074

(全標準モジュール起動状態「ファイヤーステイツ」)
075

(「ウインチモジュール」で捕えた「ネガタロスイマジン」に火炎放射を浴びせる「フォーゼ」)
076 077 078
(「ネガタロスイマジン」のパンチを「シールドモジュール」で防ぐ「フォーゼ」)
079
(「エアロモジュール」で浮遊しつつ、「チェーンソーモジュール」で攻撃する「フォーゼ」)
080
(「スパイクモジュール」を直撃させる「フォーゼ」)
081 082
(「ヒーハックガン」「ランチャーモジュール」「ガトリングモジュール」一斉掃射)
083
フォーゼ「ライダー爆熱シュート一斉掃射!!」

(大ダメージを受ける「ネガタロス」)
084

(総評)


(長所)

「ファイヤーステイツ」のカラーリング、装飾等のデザインが忠実に再現されていました。

「ヒーハックガン本体」と「ヒーハックガン
握り」
「ヒーハックガン ホース」
「ヒーハックガン用
ファイヤースイッチ」を組み合わせる事で、
「消火モード」「火炎モード」「リミットブレイクモード」を全て再現できる仕様が、
ファンのツボを押さえていると感じました。

「差し替え用スイッチ」のおかげで、
各シチュエーションを忠実に再現でき、
「スパイクモジュール」で「ベースステイツ」の遊びの幅が広がりました。

(短所)

「エレキステイツ」同様、
デザインの都合上肩周りの可動範囲が制限された点が残念でした。

また、「ヒーハックガン後部のグリップ」を、
しっかりと保持させるための「専用手首」も付属させてほしいと感じました。

それから、
「ヒーハックガン
握り」と「本体ベルト右」との接続が緩く、
「ヒーハックガンホース」の角度も微妙なため、
劇中の「消火ポーズ」をスムーズに再現できない点も、
もったいないと思いました。

今回の撮影で使用した同シリーズの
「仮面ライダーフォーゼ
エフェクトセット TAMASHII NATION SPECIAL」の
「エフェクトパーツ」が、
最初から本商品の付属品にならなかった点が納得できませんでした。

「エレキステイツ」同様、
各属性を生かした攻撃場面を再現するためには
必需品だと感じました。




残念な点はあったものの、
アイテムが増える度に、
同シリーズの「フォーゼ」のプレイバリューが上がる仕様については、
高く評価したいと思います。

簡素な内容となりましたが、
今回はこれまで!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ