ホットトイズ ロボコップ ED-209 (トーキング版) レビュー(後編) - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ ロボコップ ED-209 (トーキング版) レビュー(後編)

 

 ed06
今回は、ホットトイズ ロボコップ ED-209 (トーキング版)レビューの後編になります。







前編はこちら

バトルダメージ
ed02ed03

腕を交換することで、バトルダメージ状態を再現できます。
劇中ではロボコップに左の機銃を使って破壊されました。

 

(トーキング機能)
一応動画で撮ってみました

今回は三種類のED209の起動音と三種類のボイスが収録されています。

動画にはありませんが、ED209本体の電源を入れると劇中での起動音が自動的に鳴ります。

もうひとつはED209の歩行音、起動停止音と思われる音が収録されています。

 

トーキング内容

  • 「Please put down your weapon. You have 20 seconds to comply.」
    銃を捨てろ、20秒与える
  • 「You now have 15 seconds to comply.」
    あと15秒だ
  • 「You are in direct violation of Penal Code 1.13, Section 9. You have 5 seconds to comply. Four…three…two…one…I am now authorized to use physical force.」
    君は刑法113条9項に違反している 。
  •  
    このセリフの後には銃撃音が入っています。
    音声は、起動音3種類に続いてトーキング3種類がリモコンのボタンを押すごとに再生されます。
    音量は割と大きめなので、劇中のED209のような迫力ある音声が楽しめます。
    逆に音量の調節はできないので、音量調節もできればよかったですね。

    個人的には、オムニ社玄関に配置されたED-209のしゃべった

    「You are illegally parked on private property」.
    そこに留めるのは違法駐車だ。
    「You have 20 seconds to move your vehicle」.
    20秒以内に車を移動しろ。

    これらもあってほしかったですね。


    (可動性)
    足の伸縮状態
    eda06_thumbeda01_thumb
    足の上部は上下に移動可能で、待機状態と起動状態、それ以上に足を伸ばした状態にできます。


    eda05_thumb[2]eda03_thumb[9]

    eda02_thumb[1]eda04_thumb
    足の上部部分は、足を下に引っ張ると伸ばすことができます。劇中では最大までは伸びてませんでしたが、
    最大まで伸ばすとかなり全長が高くなります。


  • 大きさ比較 
    ed04
  • もっとも足を伸ばした状態だと、30センチのウォーマシンマーク2と並べてみるとかなり大きいことがわかります。
    ただ横幅もあるので、ディスプレイにはより広いスペースが必要になります。


    (可動性)
    101_thumb 
    両腕ともに外側は120度開きます。


    102_thumb
    内側は20度曲げられ、機銃を正面に向けることができます。


    103_thumb
    左右ともに、腕は360度回転します。


    107_thumb
    108_thumb 
    腕の付け根は上下、前後に動かすことができます。



    110_thumb
    肘は90度曲がり、肩上のパーツも60度動きます。

    112_thumb
    頭部?は、正面を0とすると左右にそれぞれ60度ほど回すことができます。

    頭部と胴体の連結部
    114_thumb116_thumb
    頭部との連結部は、左右だけでなく上下にも動かせます。

    125_thumb126_thumb
    足上部の関節は、上下左右に傾けることができ、足のさまざまな動きに対応できます。
    ただし、上げ過ぎると腕の付け根の部分にあたってこすれるので注意が必要です。

    015016
    足のシリンダーのある関節では、シリンダーと連動して前後に40度ほど動きます。


    129_thumb
  • 関節部分は左右に30度ほど動かせます。

    131_thumb

    足伸長部との接続部も左右に45度ほど回すことができます。両脇のカバーのような部分も外側に曲げられます。

     

    133_thumb136_thumb
    足の爪は40度ほど内側に曲がり、足先も30度ほど前後左右に可動します。
    そのため接地性と安定性は非常に高いです。



    (そのほか)
    ed18ed13ed17ed05ed07ed09 

    段差を降りられないところ
    ed20 


    ed01
    起き上がれないED-209の感じ。劇中では階段から落ちてこの状態になりましたが、
    小さい子みたいに足をばたつかせて音をたてて暴れるのが印象的でした。


    ed02 

    ed07ed08
    以上、ホットトイズ ロボコップ ED-209 レビューでした。


    (総評)
    良かったところ
    可動部位はかなり多く、劇中のポーズを多数再現可能
    左手の交換により、バトルダメージ状態を再現可能
    トーキング機能は音量も大きく臨場感がある

    気になったところ
    ボイスは全種類収録、トーキングの音量調節ができればさらによかった


    以前出たものの改良型ということで、トーキング機能以外では
    どこまで現在のホットトイズのクオリティになっているか心配でしたが、
    見た目はボディ全体のウェザリング及び金属様塗装やデカール、導線やコード等の使用により、
    現在のホットトイズレベルの高い完成度になっていました。
    また可動部位が多いため、足の伸縮による起動状態、待機状態の再現など
    劇中の多数のポーズが可能です。
    加えてロボコップに右の機銃を利用して破壊されたバトルダメージも再現可能です。

    ただ劇中でのボイスはあと二種類あれば全部だったので、ついで入れてほしかったのと
    音量を調節できるとさらに良かったですね。 
    あとは足の上部と腕と胴体の接合部分のパーツが接触してすれる可能性があるので、
    そこは注意して動かしたほうがいいと思います。

    値段は高く幅があるので置き場所もスペースが必要ですが、現在のホットトイズクオリティに十分に改良されたED-209だと思います。ただ主役であるロボコップがあればよりディスプレイ も映えると思うので、ダイキャストロボコップも早く出てほしいですね。

    それでは今回はこれにて。 



    FIG-KAI-5517FIG-KAI-5515FIG-KAI-5516
    ホットトイズ ED-209(トーキング版) (あみあみ)(キャラネット)(楽天)



  • (関連レビュー)
    ホットトイズ DIECAST ロボコップ ドッキングステーション付き レビュー

    関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
    トラックバック
    Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

    ブログパーツ