ホットトイズ マン・オブ・スティール ゾッド将軍 レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ マン・オブ・スティール ゾッド将軍 レビュー

zod20

今回は、ホットトイズ マン・オブ・スティール ゾッド将軍のレビューです。

 






ホットトイズからゾッド将軍が発売されました。ゾッド将軍は、映画マン・オブ・スティールに登場する クリプトン人の軍人です。惑星クリプトンの崩壊の直前にクーデターを起こすも失敗し、ファントムゾーンに幽閉されていました。しかし、惑星クリプトンの崩壊によって解放され、クリプトンを復活させるためのコデックスを探して地球に飛来します。ゾッド将軍は地球を第二のクリプトン星にテラフォーミングを開始しますが、それはクリプトンの環境に適応できない人類は滅亡することを意味していました。ゾッドはもともと軍人ということもありクリプトン人なかでも戦闘経験及び戦闘力は高く、人類を滅亡から救うべく戦うスーパーマンと激戦を繰り広げました。

フィギュアは劇中でのゾッド将軍をどこまで再現しているかが気になります。
それではレビューをはじめます。




 

(全体像)

zod06zod07zod09zod10

劇中ではCGで再現された重厚な全身のアーマーを見事に立体化していると思います。体型はアーマーがあることやマントによってかなり横に大きく見えます。ただ身長はスーパーマンとほぼ同じようなので、劇中の設定よりは低くなっているようです。背中のマントは容易に着脱が可能です。

 

(ヘッド)

zod11zod12zod13zod14

ヘッドは、若干本人のほうが顔の横幅が広いと感じますが、演じるマイケル・シャノン氏の劇中での表情をよく再現したヘッドだと思います。左の古傷も再現されています。表情のあるヘッドはディスプレイが少し限られますが、劇中ではパワーを生かしてスーパーマンと激突する激しい戦闘スタイルでしたので、好戦的なこの表情はよく合っていると思います。

 

 

(マスク)

175 head_thumb.jpg

劇中では一部登場したフルフェイス状態のマスクも付属します。ボンベ状の部分はつやなしで、顔部分は劇中の半透明の状態に近い表現のため艶ありの塗装で仕上げられています。

 

160
ただ、首の隙間から地肌が見えてしまうのが残念な点だと思います。

161

それ以外は文句ない出来でした。

 

(各部)

zod16

アーマーの質感も申し分ないです。胸の中央のマーク等も再現されています。


071075

腹の側面は、右と左で違うデザインをちゃんと再現していました。胸と腹のアーマーは軟質素材のアーマー部分で連結され、腹アーマーが胴のアーマーの下に入り込むことにより可動と見た目を両立させています。

 

073074

脚の部分も、太もも、膝、脛等のアーマーパーツを分割して再現することにより、膝等の可動性を殺さず見た目も再現されています。

 

背面

110

背面のアーマーも完成度は高いです。背中の左右のアーマーの隙間にマントをセットできるようになっています。

 

112

また、腹や脚のアーマーの隙間から見えるアンダースーツの模様等も再現されているようです。ただ、胸のマークは再現されていないようなので、無理に脱がしても劇中最終決戦状態は再現できなさそうです。

 

(オプション)

164
オプションは握り手、開き手二種類と二つのジョイントが付属します。あとヘッドで紹介したフルフェイスマスクも付属します。

 

台座

235
ゾッド将軍の題名がついたダイナミックスタンドが付属します。台座にはクリプトン星人の中でのゾッドの職である戦士のマークが再現されていました。

 

(可動性)
079
221
肩のアーマーは上下に可動し、腕の上下等には干渉せず、肘も120度程度曲がります。

 

085087091

頭部の可動は前後左右そこそこありますが、アーマーの襟があるため左右には少し制限されます。

 


dou1dou2

胴はアーマー軟質素材部分等の効果により、前にある程度曲げられ、背面や左右にも大きくはないですが動かすことができます。

 

098

太もも上部の軟質素材のアーマーにより、脚は90度近くまで上がります。ただ、若干反発があるのでそのままでのポージングは難しいです。

 

099103104

膝及び踝は、アーマーのパーツの可動部分により、それぞれ可動性が高めです。

 

(そのほか)

zod23zod24

zod22zod20040zod04

zod01

 

028151

 

 

zod25zod02zod17zod18

劇中ではゾットやファオラは、まだ戦闘に慣れていないスーパーマンとってはかなりの強敵として描かれていました。次回作でのスーパーマンは、この戦いの経験による戦闘の変化がどう描かれるかも気になりますね。

 

マンオブスティールのホットフィギュア集合

zod27

実際にはゾッド将軍のほうがスーパーマンより身長が大きいのですが、スーパーマンが大柄に作られているせいか身長差は再現されていませんでした。そこまでは気にならないですが、今後出るスーパーマンのフィギュアではこだわってほしいですね。

 

zod28

3体そろい踏み。できればジョーエルも戦闘用装備での立体化が良かったかもしれないですね。できればファオラもほしかったが、次回作も動いているので難しそうですね。

 

以上、ホットトイズ ゾッド将軍 レビューでした。

 

(総評)

良かったところ 
重厚なアーマーを再現かつ可動性も維持
ヘッドは若干太めだが、本人の臨場感ある表情を再現

気になったところ
マスク状態のヘッド装着時に地肌が見える
アーマーが着脱できればさらに良かった

劇中ではCGで再現されていたゾッドのいかついアーマーを、フィギュアで見事に立体化していました。ほぼ全身鎧ですが、関節部分のアーマーの可動域が多く、可動性は見かけよりかなり高いです。俳優さんの劇中の場面を再現した表情のあるヘッドは、攻撃の際の臨場感あるディスプレイが可能な見事な出来です。付属品は少なめですが、マスクありなしで劇中のある程度の場面に対応できるようになっています。

ただ残念なのはマスク装着の際に端に地肌が見えるのと、アーマーを外した状態も再現できればさらによかったかなと思います。海外では外した人もいたそうですが、胸のマーク等は再現されてなかったそうです。最終戦での戦いでのディスプレイが可能ならばよかったですね。気になる点はありますが、劇中のゾッド将軍をかなり再現したフィギュアなので、マンオブスティールが好きな方にはいいフィギュアだと思います。

現時点ではこの映画からのフィギュア情報はもうありませんが、ゾッドのアーマーの再現性も良いので、スーパーマンと高速戦闘を演じた副官ファオラ・ウルもフィギュア化してほしいところですね。ホットトイズは女性のヘッドは男性ほど得意ではないですが、できるならば出してほしいです。

 

それでは今回はこれにて。

 

 


ムービー・マスターピース ゾッド将軍(あみあみ)(駿河屋) (楽天)ヤフー
ムービー・マスターピース 『』スーパーマン(駿河屋)(キャラネット)(楽天)



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ