プレミアムバンダイ限定「S.H.フィギュアーツ キバレンジャー」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

プレミアムバンダイ限定「S.H.フィギュアーツ キバレンジャー」代行レビュ―

Exif_JPEG_PICTURE
今回は、
プレミアムバンダイ限定
「S.H.フィギュアーツ キバレンジャー」の代行レビュ―です。








「スーパー戦隊シリーズ」第17弾「五星戦隊ダイレンジャー」に登場する
「吼新星コウ」が変身する「キバレンジャー」の「S.H.フィギュアーツ」です。

「キバレンジャー」は前番組「恐竜戦隊ジュウレンジャー」の「ドラゴンレンジャー」に続く
「スーパー戦隊6人目の戦士」として活躍しました。

子供が大人の体型に変化して変身するという設定が、当時は新鮮に見えました。

同じく子供が変身する戦士として、
後に「超力戦隊オーレンジャー」の「リキ=キングレンジャー」が登場しました。

変身後は専用アイテムでもある物言う剣「白虎真剣」が台詞を担当していました。

「ゴーマ族」の父親と「ダイ族」の母親の間に生まれたため、
物語途中で一時的に「ダイレンジャー」と敵対関係に陥る事態が発生しました。

しかし、母親の犠牲により正気に戻り、
「ダイレンジャー」のメンバーとして復帰し、
「ブライ=ドラゴンレンジャー」の様に死亡する事もなく、
最後まで「ゴーマ」と戦い抜きました。

劇中では、「天風星リン=ホウオウレンジャー」の胸を触ったり、
スカートをめくる等のセ○ハ○を繰り返す「コウ」の姿が描かれました。

本商品をレビュ―された他の皆様もコメントされていましたが、
現在のテレビではもう絶対にできない描写ですね。

「コウ」役を演じた「酒井寿さん」は
ドラマ「3年B組金八先生」のシリーズにも出演し、
2011年に放送された完結編では、最後に一瞬ですが顔を見せていました。

それではレビューです。

※本レビューには作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。

「五星戦隊ダイレンジャー」NewJACK拓郎

「俺たち無敵さ!! ダイレンジャー」NewJACK拓郎

※動画投稿者の皆様へ、ありがたく使わせて頂きます。


(全体図)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(付属品)
Exif_JPEG_PICTURE 交換用手首(左右各2種)
白虎真剣
白虎真剣交換用刃パーツ(長)
交換用胸パーツ

(「頭部」アップ)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「キバレンジャーのマスク」が、イメージに忠実に再現されています。

(「胸部」アップ)
Exif_JPEG_PICTURE 胸に「キバレンジャーのマーク」が造型されています。

(肩パーツ)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 両肩のアーマーは、真上に撥ね上げる事ができます。
前後に向きを変える事等はできません。

(左腰)
Exif_JPEG_PICTURE 「左腰ホルスター」に「白虎真剣」を収納させる事ができます。
その際「柄」と「刃パーツ(短)」を一旦分離させ、
それぞれ「ホルスター」の上下に差し込み、
接続する形になります。

(白虎真剣)

(刃パーツ(短))
Exif_JPEG_PICTURE
(刃パーツ(長))
Exif_JPEG_PICTURE 「白虎真剣」の「刃パーツ」を換装する事で、
「収納状態」「使用状態」を再現できます。

(白虎真剣 「頭」アップ)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「白虎真剣の頭」である「白虎」も造型されています。
ただし口の開閉はできません。

(交換用胸パーツ)
Exif_JPEG_PICTURE 「交換用胸パーツ」に換装する事で、
「非公認戦隊アキバレンジャーシーズン痛」に登場した際の「キバレンジャー」を再現可能です。

(アキバレンジャー版キバレンジャー)

(全体図)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(以下適当に何枚か)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE


(「ショッカー戦闘員」と交戦中の「ゴーカイシルバー」)
Exif_JPEG_PICTURE

(「ゴーカイセルラー」に「キバレンジャーのレンジャーキー」をセットした「ゴーカイシルバー」)
Exif_JPEG_PICTURE ゴーカイシルバー「ゴーカイチェーンジ!」

(「キバレンジャー」に「ゴーカイチェンジ」した「ゴーカイシルバー」)
Exif_JPEG_PICTURE ゴーカイセルラー「ダーイレンジャー!」

(「白虎真剣」で「ショッカー戦闘員」等に立ち向かう「キバレンジャー」)
Exif_JPEG_PICTURE

(「ショッカー戦闘員」を吹き飛ばす「キバレンジャー」)
Exif_JPEG_PICTURE

(「キバレンジャー」に詰め寄る「ショッカー戦闘員」達)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(「白虎真剣の頭」を突き出す「キバレンジャー」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE キバレンジャー「吼新星!乱れ山彦!」

(増幅された騒音に悶え苦しむ「ショッカー戦闘員」達)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE ショッカー戦闘員「イーッ!!」

(構え続ける「キバレンジャー」)
Exif_JPEG_PICTURE

(倒れ込む「ショッカー戦闘員」達)
Exif_JPEG_PICTURE

(「キバレンジャー」の勝利)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE


(「リュウレンジャー」&「キバレンジャー」2ショット)
Exif_JPEG_PICTURE

(握手を交わす「リュウレンジャー」と「キバレンジャー」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(総評)


(長所)

「キバレンジャー」のデザインがほぼイメージ通り再現されている点が、
何よりもうれしく感じました。

「肩アーマー」が可動して、
肩の動きを妨げないよう配慮されていた点も良かったです。

「交換用刃パーツ(長)」を用いる事で、
武器として使用する状態と、ホルスターに収納した状態の両方が再現できる点が良かったです。


(短所)


今回最も納得できなかった点は、限定販売に回された琴です。

「スーパー戦隊のS.H.フィギュアーツ」では、
限定販売に回されるキャラが圧倒的に多いですが、
それでも、「レッド」と「追加戦士」だけは通常販売が通例でした。

それが、
とうとう本商品から
「追加戦士」までが限定販売となってしまいました。

集団ヒーローである事を良い事に、
メンバーを切り売りし、
そのほとんどを限定販売に回すのは、利益の水増しを狙っている様にしか思えません。

そして、
今回「交換用手首」の種類が少なすぎて、
再現できるシチュエーションが非常に限られ、物足りなく感じました。

「アキバレンジャー版」を再現させるための
「交換用胸パーツ」を抜きにしてでも、「交換用手首」の種類を増やしてほしかったです。

まあ「アキバレンジャー」に登場したからこそ、
本シリーズで商品化できたと思われますので、無理なお願いと思いますが…

「白虎真剣」の「白虎の頭部」は、
「口を閉じた状態」との交換式にしてほしいと思いました。

劇中で「キバレンジャー」と会話している場面が印象的でしたので、
ぜひ付属させてほしいアイテムでした。



残念ながら本商品に対しては、
かなり期待外れと言う印象が否めませんでした。

「スーパー戦隊のS.H.フィギュアーツ」は人気も売り上げも芳しくないためか、
通常販売の品数は非常に限られ、プレイバリューも物によって差が激しいと感じます。

メーカー側に対しては、
せっかく商品化するのなら1点1点決して手を抜かずに、
購入者が満足できる様な、より良い商品を作ろうとする姿勢を見せてくれる事を熱望します。

今後「シシレンジャー」「テンマレンジャー」「キリンレンジャー」「ホウオウレンジャー」が
本シリーズで商品化され、「ダイレンジャーの6人」が揃う事はあるのでしょうか?

「ダイレンジャー」に限らず、歯抜け状態の戦隊が揃う日が来るのでしょうか?

余り間隔を空けてリリースされると、
その間に古い物は劣化し破損してしまうかもしれません。

また、
素体が変更された場合、見栄えに差が開くため、揃ってもアンバランスになるかもしれません。

商品化するなら、極力間を空けずに、一気に出してほしいと思います。


それでは簡素な内容となりましたが、
今回はこれまで!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ