プレミアムバンダイ限定 「S.H.フィギュアーツ トリケラレンジャー」代行ミニミニレビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

プレミアムバンダイ限定 「S.H.フィギュアーツ トリケラレンジャー」代行ミニミニレビュ―

Exif_JPEG_PICTURE
今回は、プレミアムバンダイ限定
「S.H.フィギュアーツ トリケラレンジャー」の代行ミニミニレビュ―です。







「スーパー戦隊シリーズ」第16弾「恐竜戦隊ジュウレンジャー」に登場した
「エトフ族ナイトの勇気の戦士」の「ダン」が変身した
「トリケラレンジャー」の「S.H.フィギュアーツ」です。

「ダン」は「ジュウレンジャー」の中では、陽気なムードメーカーという位置づけでした。

個人的には、
いじめられている親友に助けを求められてもどうする事もできなかった意気地無しの少女に、
「ダン」が勇気を与える話が印象的でした。

「ダン=トリケラレンジャー」役の「藤原秀樹さん」は、
2014年公開の映画
「獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ」に
「トリケラレンジャー」の声で出演していました。

それではレビューです。

※本レビューには作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。

※また、
キャラクターを馬鹿にする意図等は一切ございませんので、
そちらの点もご容赦願います。


(全体図)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(付属品)
Exif_JPEG_PICTURE 交換用手首(左右各4種)
レンジャースティック
レンジャースリンガー
トリケランス(2本)
トリケランス(合体形態)
合体用プテラアロー
合体用サーベルダガー(2本)

(「頭部」アップ)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「トリケラレンジャーのマスク」のデザインが忠実に再現されています。

(ダイノバックラー)
Exif_JPEG_PICTURE 変身ベルト「ダイノバックラー」の
「トリケラトプスの守護獣メダル」部分が一応造型されています。

(左腰ホルスター)
Exif_JPEG_PICTURE 「左腰ホルスター」に「レンジャースティック」が収納できます。

(レンジャースティック)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「ドラゴンレンジャー」を除く「ジュウレンジャーの共通アイテム」である
「レンジャースティック」を装備可能です。

(レンジャースリンガー)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 付属の「レンジャースリンガー」を装備可能です。
「レンジャーガン」と「サンダースリンガー」への分離は不可です。

(トリケランス)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「トリケラレンジャー専用の伝説の武器」である「トリケランス」が付属します。
2本を繋いで「合体形態」にする事はできません。

Exif_JPEG_PICTURE
リーチが短すぎるため、とても槍には見えません…

(トリケランス(合体形態))
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
2本の「トリケランス」を連結させた状態の「トリケランス(合体形態)」も付属します。
2本に分離させる事は不可です。

Exif_JPEG_PICTURE
こちらも短すぎるため、ほとんど鉄アレイにしか見えません…

(合体用プテラアロー・サーベルダガー) 
Exif_JPEG_PICTURE 「ハウリングキャノン」を完成させるための
「合体用プテラアロー」と「合体用サーベルダガー(2本)」が付属します。


(以下適当に何枚か)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE



(総評)


(長所)


「トリケランジャー」のデザインとイメージが、忠実に再現されていました。

名乗りを上げる時のポーズに必要な「専用手首」が付属している点も評価したいと思います。


(短所)


本商品に関して、
「トリケランス」が短すぎる点が、最も納得できませんでした。

事前に公開された写真を見た時は、
何かの間違いではと思わずにいられませんでした。

実際の商品では、
イメージ通りの長さの「トリケランス」が付属する事を期待しましたが、
見事に裏切られる結果となりました。

今回程、
ちゃんと映像作品等の資料を確認した上で造型したのか、
作り手の姿勢を強く疑った事はありませんでした。

同じ不満を抱いた皆様によると、
昔出版された「ジュウレンジャー」の全集に写真が掲載されていた
「トリケランス(特写用)」を参考にしたのではとの事です。

それが事実なら、
ちゃんと「ジュウレンジャー」のソフトがある中で、
何故そちらではなく、上記の本を参考にしたのかについて
納得のいく説明をしてほしいとさえ思います。

「長い槍の再現ができませんでした」という言い訳は、
既に同シリーズの商品の付属品で槍をちゃんと造型しているため、通用しません。

いくら「ハウリングキャノン合体用パーツ」が付属しているとは言え、
価格の関係で短くなったというのも納得できません。

今回程、
ファンの視点が完全に抜け落ちていると感じた事もありませんでした。

他商品でも、
「S.H.MonsterArts エイリアン ビッグチャップ」のフードがすけすけで、
頭部の骸骨が丸見えになり違和感たっぷりでした。

こちらもちゃんと映像作品で確認した上で造型したのかと思いました。

ちゃんとファンである消費者の視点に立った上で試作品を吟味した上で、
商品化のゴーサインを出してほしいと熱望します。


話がそれましたが、
今回、
イメージ通りの「トリケランス」をかっこよく構える「トリケラレンジャー」を
再現できなかった事が、本当に残念でした。

こんな事は、
もう今回限りにしてほしいと痛感しました。


それでは、
不満だらけの内容となりましたが、
今回はこれまで!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ