プレミアムバンダイ限定「S.H.フィギュアーツ キョウリュウブラック&キョウリュウピンクセット」代行ミニミニレビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

プレミアムバンダイ限定「S.H.フィギュアーツ キョウリュウブラック&キョウリュウピンクセット」代行ミニミニレビュ―

Exif_JPEG_PICTURE
今回は、
プレミアムバンダイ限定
「S.H.フィギュアーツ キョウリュウブラック&キョウリュウピンクセット」の
代行ミニミニレビュ―です。







「スーパー戦隊シリーズ」第37弾「獣電戦隊キョウリュウジャー」に登場する
「イアン・ヨークランド」が変身する「キョウリュウブラック」と
「アミィ 結月」が変身する「キョウリュウピンク」がセットになった
「S.H.フィギュアーツ」です。

「イアン・ヨークランド=キョウリュウブラック」は、
「獣電竜パラサガン」に勝利し、「弾丸の勇者」の称号を得ました。

「イアン」は、
元々は超古代文明を研究する考古学者でした。

しかし、
「デーボス軍」の「哀しみの戦騎 アイガロン」に親友の「御船士郎」を殺害されたため、
復讐のために「キョウリュウブラック」として戦っていました。

二度と仲間を失いたくないと考え、他のメンバーと距離を置いていた「イアン」でしたが、
「桐生 ダイゴ=キョウリュウレッド」に諭され、
「キョウリュウジャー」の一員として一緒に戦う事を決意します。

「御船士郎」役を演じた「海老澤健次さん」は、
「炎神戦隊ゴーオンジャー」で「石原軍平=ゴーオンブラック」役を演じていました。

「イアン」は大勢のガールフレンドと頻繁にデートをする姿が印象的でした。

しかし、
決して女たらしではなく、
飽くまで寂しい気持ちを抱える女性を元気づけたいという優しさが行動理由である事が
劇中で描かれました。

無論女性ばかりに優しく男には冷たいという事もなく、
「アイガロン」から奪還した「士郎」の形見の琥珀を常に携帯する等、
男同士の友情も大切にしていました。

メンバーの中ではサブリーダー的な存在で、
「ダイゴ」不在の時は、不安を抱えながらも立派に役目を果たしました。

また拳銃の名手でもあり、
「ガブリボルバー」「パラサショット」で華麗な射撃を披露していました。

「アームド・オン」により両腕に「ディノスグランダー」を装備し、
パワフルな戦い方を披露する事もありました。


「アミィ 結月=キョウリュウピンク」は、
「獣電竜ドリケラ」に勝利し、「角の勇者」の称号を得ました。

「アミィ」はアメリカから留学して来た令嬢で、
普段はファミレス「TIGER BOY」でアルバイトをしています。

性格は、だらしない一面があるものの、
追加戦士の「ラミレス」や「空蝉丸=キョウリュウゴールド」が
メンバーに溶け込めるよう配慮する姿も描かれました。

少女マンガ「らぶbeぼーる タッチダウン!」の大ファンで、
同作のファンである「デーボス軍」の「楽しみの密偵 ラッキューロ」に、
人類を滅ぼさぬ様説得した事がありました。

その後「ラッキューロ」は、
「賢神」となった「キャンデリラ」の元で、
「賢神見習い」となりました。

「アミィ」は「空蝉丸」から指摘されて以降、
「ダイゴ」の事を何となく意識する様になりました。

「ダイゴ」の方も、
自分と「アミィ」が似た者同士で気が合うと語っていました。

やがて復活した「デーボス」との最終決戦を通じて、2人の関係は発展し、
Vシネマ「帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー 100 YEARS AFTER」では、
2人の子孫が登場しました。

「アミィ」は、変身前・変身後共に蹴り技が得意で、
回し蹴りで戦闘員「ゾーリ魔」を蹴散らす姿が印象的でした。


前置きが長くなりましたが、
レビュー開始です。

※本レビューには作品の設定と異なる写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。



(全体図)

(キョウリュウブラック)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(キョウリュウピンク)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(付属品)
Exif_JPEG_PICTURE 交換用手首(キョウリュウブラック用右4種・左5種 キョウリュウピンク用右5種・左5種)
交換用腕部(キョウリュウブラック用・キョウリュウピンク用)
獣電池(パラサガン・ドリケラ)
ガブリボルバー2個
ガブリカリバー2個
パラサショット
ドリケランス
ケントロスパイカー用合体パーツ(ザクトルスラッシャー+ステゴシールド)



(キョウリュウブラック)

(「頭部」アップ)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「キョウリュウブラックのマスク」が、デザイン・雰囲気共に忠実に再現されています。

(肩アーマー)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「左肩アーマー」は可動式で、上に撥ね上げる事が可能です。

(左胸マーク)
Exif_JPEG_PICTURE 左胸には「パラサガンのマーク」がきれいにプリントされています。

(獣電モバックル)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE ベルトの「獣電モバックル」の向きを左右90度まで変える事ができます。
劇中の様に「獣電池」を収納したり、取り外す事はできません。

(パラサガン獣電池)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
「キョウリュウブラック」の相棒である「獣電竜パラサガン」の「獣電池」が付属します。

(ガブリボルバー)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「キョウリュウジャーの変身アイテム」でもある「ガブリボルバー」が付属します。
劇中の様に「獣電池」を装填させる事はできません。

(ガブリカリバー)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「ガブリボルバー」と同じ「キョウリュウジャーの共通武器」である
「ガブリカリバー」も付属します。
こちらも「獣電池」の装填を再現する事はできません。
また、「ガブリボルバー」と「ガブリカリバー」を合体させて、
「ガブルキャノン」状態にする事もできません。

(交換用腕部)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「アームド・オン」により、
追加装甲をまとった状態を再現するための「交換用腕部」が付属します。

(パラサショット)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「キョウリュウブラック用獣電アームズ」である「パラサショット」が付属します。
劇中の様に、他のメンバーの「獣電アームズ」と合体させる事はできません。



(キョウリュウピンク)

(「頭部」アップ)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「キョウリュウピンクのマスク」も、デザイン・雰囲気共に忠実に再現されています。

(肩アーマー)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE こちらの「左肩アーマー」も、可動させて上に撥ね上げる事が可能です。

(左胸マーク)
Exif_JPEG_PICTURE こちらの左胸にも「ドリケラのマーク」がきれいにプリントされています。

(獣電モバックル)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE こちらの「獣電モバックル」の仕様も、「キョウリュウブラック」と同一となっています。

(ドリケラ獣電池)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「キョウリュウピンク」の相棒である「獣電竜ドリケラ」の「獣電池」も付属します。

(ガブリボルバー)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「ガブリボルバー」の仕様も「ブラック」と同じです。

(ガブリカリバー)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 無論「ガブリカリバー」の仕様も同じです。

(交換用腕部)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE こちらにも「アームド・オン」の「交換用腕部」が付属します。

(ドリケランス)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「キョウリュウピンク用獣電アームズ」である「ドリケランス」が付属します。
こちらも、他のメンバーの「獣電アームズ」と合体させる事はできません。

(ケントロスパイカー用合体パーツ)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 別売りの「キョウリュウブルー&キョウリュウグリーンセット」付属の
「ケントロスパイカー用合体パーツ(ドリケランス)」と 、
「キョウリュウゴールド」付属の
「ケントロスパイカー用合体パーツ(ファングショット)」と合体させ、
「ケントロスパイカー」を完成させるための
「ケントロスパイカー用合体パーツ(ザクトルスラッシャー+ステゴシールド)」が付属します。

(ケントロスパイカー)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 上記の3パーツを合わせると、「キョウリュウジャーの必殺武器」である
「ケントロスパイカー」が完成します。


(以下適当に何枚か)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE



(総評)


(長所)


「キョウリュウブラック」と「キョウリュウピンク」のデザインとイメージが、
よく再現されていると感じました。

「キョウリュウピンク」については、
女性らしい体型と、男性メンバーとの身長差も再現されていました。

各専用武器の「パラサショット」「ドリケランス」をしっかりと保持させて、
かっこ良く構えさせる事ができました。

名乗りの際の「専用手首」が付属し、かっこよくポーズをつけられると感じました。


(短所)


例の如く、
限定販売に回された点は言わずもがな、
本商品に関しては、2014年4月発売(発送)のため、
消費税分が8%加算された点も歯がゆかったです。

出るのがあと1ヶ月早ければ、
「キョウリュウブルー&キョウリュウグリーンセット」と同じ価格で済んだので、
本当に残念に感じました。

ただしそうなると、
元々「キョウリュウブルー&キョウリュウグリーンセット」が2月、
「キョウリュウゴールド」が3月の発送だったので、
全体のリリース開始を前倒しにする必要がありました。

いっその事、「キョウリュウレッド」発売の翌月の2013年11月から、
他のメンバーのリリースも開始してほしかったものです。

商品内容に関しても、
「キョウリュウブラック」について、
「ディノスグランダー」装備状態を再現させるための「交換用腕部(左右)」が
付属する事を期待しましたが、叶いませんでした。

一方「キョウリュウピンク」についても、
「交換用スカート」が付属せず、
得意技である回し蹴りのポーズを再現させる事ができませんでした。

変身前後に関係なく、
「キョウリュウピンク」の持ち味なので、
大変勿体ないと感じました。

そして、
今回こそ「ガブルキャノン」が付属する事を期待しましたが、叶いませんでした。

それから、
本商品と「キョウリュウブルー&キョウリュウグリーンセット」の付属品を組み合わせて、
「スラッシュシールドショット」を再現できる仕様になっていない点も大変残念でした。

「スラッシュシールドショット」は、
「パラサショット」・「ステゴシールド」・「ザクトルスラッシャー」が合体したアイテムですが、同シリーズの「ハリケンジャー」付属の「ハリケンガジェット」同様、
手持ちの付属品で再現できそうでできないため、非常にもやもやとさせられました。

「キョウリュウブルー&キョウリュウグリーンセット」に続いて、
発売前に劇中で登場したアイテムは、延期してでも追加してほしいと痛感させられました。



残念な点はありましたが、
「獣電アームズ」をしっかりと本体に保持させる事ができた点だけは、救いだと感じました。



簡単なレビュ―となりましたが、
今回はこれまで!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ