プレミアムバンダイ限定 「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー斬月・真 メロンエナジーアームズ」代行ミニミニレビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

プレミアムバンダイ限定 「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー斬月・真 メロンエナジーアームズ」代行ミニミニレビュ―

Exif_JPEG_PICTURE

今回は、
プレミアムバンダイ限定
「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー斬月・真 メロンエナジーアームズ」の
代行ミニミニレビュ―です。







特撮番組「仮面ライダー鎧武」に登場する
「仮面ライダー斬月・真 メロンエナジーアームズ」の「S.H.フィギュアーツ」です。

劇中では、
「ユグドラシルコーポレーション研究部門のプロジェクトリーダー」である「呉島貴虎」が
「ゲネシスドライバー」に「メロンエナジーロックシード」を装填し変身しました。

「貴虎」が「戦極凌馬=仮面ライダーデューク」「湊耀子=仮面ライダーマリカ」
「シド=仮面ライダーシグルド」等の裏切りに遭い追放されて以降、
彼の弟の「呉島光実」が「斬月・真」に変身する様になりました。

「光実」はかつて尊敬していた「葛葉紘汰=仮面ライダー鎧武」を敵視する様になり、
「斬月・真」で幾度も激戦を繰り広げました。

最後は、開発者である「凌馬」によってドライバーを破壊されてしまいます。

リアルタイムで視聴していた時、
「斬月 メロンアームズ」で「鎧武」達を十分圧倒していた「貴虎」が、
そのまま「斬月・真」へとパワーアップするという大番狂わせの展開が印象的でした。

「斬月 メロンアームズ」が「鎧武」に敗れた上でパワーアップするものと予想していたので、
完全に意表を突かれました。

ただ、
「斬月・真」「デューク」「マリカ」「シグルド」
「鎧武 ジンバーアームズ」「バロン レモンエナジーアームズ」の武器が、
全て「ソニックアロー」で統一されていた点が、代わり映えがせず残念に思いました。

「貴虎」が変身する「斬月」と、「光実」が変身する「斬月・真」との兄弟対決は見物でした。

それではレビューです。

※本レビューには作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。


(全体図)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(付属品)
Exif_JPEG_PICTURE 交換用手首(右各5種・左各4種)
メロンエナジーロックシード(開・閉)
ソニックアロー(通常・引き)

(「頭部」アップ)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「斬月・真のマスク」が、イメージに忠実に再現されています。
ゴーグル部はクリアパーツとなっています。

(「右胸」・「右肩」アップ)
Exif_JPEG_PICTURE 「右胸」と「右肩アーマー」もクリアパーツとなっています。
いずれも気泡が入った様なデザインとなっています。

(右肩アーマー)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「右肩アーマー本体・大袖」は、いずれも可動式で、上に撥ね上げる事ができます。

(背部)
Exif_JPEG_PICTURE 「アームズ」が変形した「背部装飾」もきちんと再現されています。
固定式なので、「アームズ」部を「果物状態」に変形させる事はできません。

(ゲネシスドライバー)
Exif_JPEG_PICTURE 変身ベルト「ゲネシスドライバー」も、きちんと造型されています。
ただし、劇中の様に「レバー」を引くギミックは再現されていません。

(「ロックシード」なし)
Exif_JPEG_PICTURE ドライバーから「メロンエナジーロックシード(開)」を取り外す事が可能です。

(レバーを掴む「斬月・真」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「ゲネシスドライバーのレバー」を掴んだ状態を再現させるための
「交換用手首I」が付属します。
実際は手首をレバーに添える形になります。

(メロンエナジーロックシード(閉))
Exif_JPEG_PICTURE 「メロンエナジーロックシード(閉)」も付属します。
展開状態にする事は不可です。

(足裏)
Exif_JPEG_PICTURE 足の裏の溝もきちんと造型されています。

(ソニックアロー(通常))
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「次世代型ライダーの共通武器」である「ソニックアロー」が付属します。
主に剣として使用する際の「ソニックアロー(通常)」が付属します。
弦を引く事も、中央のパイプを伸縮させる事もできません。

(「ロックシード」装填状態)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「エナジードライブベイ」に「メロンエナジーロックシード(開)」を装填させる事ができます。

(ソニックアロー(引き))
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 光矢を放つ際の状態を再現した「ソニックアロー(引き)」も付属します。
こちらも「通常状態」に変形させる事はできません。

(「ロックシード」装填)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE こちらの「エナジードライブベイ」にも「メロンエナジーロックシード(開)」を装填可能です。


(以下適当に何枚か)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE


(「斬月・真」VS「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE

(「鎧武」を「ソニックアロー」で斬りつける「斬月・真」)
Exif_JPEG_PICTURE


(総評)


(長所)


まず、
「斬月・真 メロンエナジーアームズ」のデザインが忠実に再現されていると思いました。

デザインの都合上、「右肩アーマー」等が多少妨げになってはいるものの、
比較的自由にポーズを付ける事ができると感じました。

2種の「ソニックアロー」にそれぞれ「メロンエナジーロックシード(開)」を装填でき、
必殺技発動状態を再現できる点も魅力的でした。

「ゲネシスドライバーのレバー」に添えるための「交換用手首I」が付属し、
一応変身場面の雰囲気を再現できる点も個人的には気に入りました。


(短所)


劇中では「斬月 メロンアームズ」よりも活躍したキャラであるにも関わらず、
限定販売に回された点が納得できませんでした。

また、
「ソニックアロー(通常)(引き)」と「メロンエナジーロックシード(開)」との接続が弱く、ポロポロ外れて多少ストレスを感じました。

また、
劇中で「ソニックアロー」から放たれる「光矢」を、
ぜひともエフェクトパーツで再現してほしいと思いました。

さらに欲張ると、
「ソニックアロー(通常)」に取り付ける「斬撃エフェクト」があれば、
さらにプレイバリューが高まると感じました。



「斬月 メロンアームズ」の方を未購入のため、そちらとの比較はできませんが、
「斬月・真」としてのかっこ良さは十分に再現されていると感じました。

本シリーズの「次世代型ライダー」では、
「デューク」「鎧武 ジンバーアームズ」「バロン レモンエナジーアームズ」が
限定商品としてリリース予定となっています。

残る「マリカ」「シグルド」も商品化されるのでしょうか?

「次世代型ライダー」では真っ先に退場した「シグルド」はともかく、
クライマックスまで活躍した「マリカ」の方なら見込みがあるかもしれませんね。

「斬月・真」「デューク」「シグルド」「マリカ」の4ショットを再現したいという
ファンの要望に、メーカー側は応えてくれるのでしょうか?

間もなく最終回を迎える「鎧武」のキャラの中で、
今後「S.H.フィギュアーツ」で商品化されるのは何かが気になりますね。
(※本レビュー公開時点2014年9月26日)

「仮面ライダー龍玄・黄泉」「仮面ライダーナックル」
「デェムシュ」「レデュエ」「ロシュオ」「ロード・バロン」の中のどれか1点位は
商品化の可能性があるのでしょうか?

いずれにしましても、
今後の情報を待ちたいと思います。


簡素な内容となりましたが、
今回はこれまで!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ