ホットトイズ ダークナイト アルフレッド・ペニーワース&バットスーツ格納庫 ボーナスフィギュア:ブルース・ウェイン付き レビュー(後編) - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ ダークナイト アルフレッド・ペニーワース&バットスーツ格納庫 ボーナスフィギュア:ブルース・ウェイン付き レビュー(後編)

b03

ホットトイズ ダークナイト アルフレッド・ペニーワース&バットスーツ格納庫 ボーナスフィギュア:ブルース・ウェイン付き レビュー(後編)です。





 

前編はこちら

 

(ブルース・ウェイン)
177181182

187

正規品としては初めてのブルース・ウェインのフィギュアが付属していました。体型は衣服の生地が劇中の感じよりも厚めのため、若干劇中よりも若干太く見えました。

 

ヘッド

189190192194196

199

顔の造型は前バージョンとほとんど変わらないようですが、こちらのほうが塗装がより細かくなって顔の陰影が複雑になり、眉毛がちょっと下がって見えました。

 

204

スーツは劇中のスーツよりもストライプがはっきりしており、布地も厚めに感じました。全体的にまとまったシルエットになっていましたが、もうちょっと薄手の生地でもよかったかもしれませんね。

 

205

靴は特段特徴もない作りでした。もうちょっと塗装はあったほうがよかったかも。

 

ブルースウェインとしてはホットトイズ初フィギュア化だったので、ボーナスアクセサリ扱いなのでそこまではできなかったのかもしれませんが、ジョーカー2.0の衣装制作に協力したKATO氏が制作したものに準じたボディにフィットしたスーツでのフィギュア化に期待していました。できればジョーカー2.0に匹敵するブルースに仕上げてほしかったですね。

 

(スタンド)

b02
フィギュアにはそれぞれの名前が書かれたスタンドが付属します。バットスーツは格納庫にディスプレイするのが前提らしく付属しません。

 


(バットマン)

b04b06b07b05

バットスーツ用の素体に付属のヘッド等を接続すると、バットマンを組むことができます。全体的にはDX12と見た目はさほど変わりませんが、首がより奥まで差し込めるようになって短く見える等の微調整がなされたようです。

 

b25

ヘッドは目の周りの塗装がより詳細になり、造形はほぼ同じようですがこちらのほうがよりアップグレードしているようです。

 

口パーツ

b10b11b12

口のパーツは前作とは違うものが3つ付属します。

125

ヘッドにコネクターを取り付けて、バットマン本体に接続できます。

 

b08

可動部位は前のものとほぼ同じですが、私の購入分では胸と腹の間の可動が少し低くなっており、腕のアーマーなどが接着されて取れにくくなっていました。

 

b13b14

ベルトはDX12とは違い、格納庫のアイテムをコネクターを使用してセットできます。

 

b03

マントは前方には針金が入っており、前方や後方にマントの形状をある程度変えられます。

 

オプション(バットマン用)
b13

ハンド6種類、ヘッド接続パーツ、コネクターが付属します。

 

b14

前作版は脚のブーツが外れませんが、今回のものはスーツ状態で飾るために外れるようになっています。ヘッドやベルトなどはDX12バットマンにも使用できるので、バットスーツは格納庫に飾って新パーツに交換したDX12バットマンと同時にディスプレイすることもできます。

 

 

 

(そのほか)

b15b16b18b20b21b22

085

b03002

劇中では使ってなかったと思いますが、ヌンチャクも持たせることはできますね。

 

b12b11

 

 

b08

b08 
aaovb05b04b07

b01b02b07

以上、ホットトイズ ダークナイト アルフレッド・ペニーワース&バットスーツ格納庫 ボーナスフィギュア:ブルース・ウェイン付き レビューでした。

 

(総評)
良かったところ
劇中の格納庫の外見及びライトアップの再現
格納武器がそれぞれ別パーツでバットマンにも使用可能
劇中のアルフレッドをよく再現したヘッド
バットスーツを前作より改良されたバットマンに組み換え可能

気になったところ
ボーナスセットのブルースウェイン衣装の作り込み
香港潜入時のバットマン背面パーツが付属しなかったのが残念

 

劇中ではそこまで登場しなかった格納庫の詳細な再現で、全面の金網はもちろんのこと、内部のサビやスレなどの使用感も見事に再現していました。また、ライトアップは劇中に近い見栄えで見え、スイッチのONOFFのために扉を開閉しなくてもいいようにリモコンに対応している点もよかったです。そして、内蔵している武器もそれぞれバットマンに持たせてディスプレイに使用できるように別パーツで用意されていました。そしてセットに付属したアルフレッドも、若干しわが浅いような気はしますが劇中の感じをよく再現していました。付属のバットスーツはバットマンに組み替えることができ、DX12バットマンを購入した人でも格納庫のバットスーツのヘッド、口パーツや首のパーツやベルトは流用できるので、パーツを交換して利用できる点も良かったと思いました。

残念な点は、ダークナイト版の格納庫ということで劇中のアイテムの多くが揃っていましたが、ライジング版のE.M.Pブラスターがない代わりに香港潜入時の背中のパーツを付属させてほしかったですね。あとボーナスアクセサリ扱いとはいえ、ブルースウェインはジョーカー2.0に匹敵するようなボディにフィットした衣装で再現してほしかったです。

残念な点はありますが劇中の格納庫をほぼ再現し、アイテムのそれぞれバットマンに持たせることもできるのでバットマンのディスプレイの幅が大きく広がるアイテムでした。DX12バットマンを持っている人にもパーツ交換で使用できるので、格納庫のみ、アルフレッドセットと組み合わせてもいいと思います。ただ、ブルースはヘッドは塗装が詳細になっていますが衣装はそこまで作り込みはされていないので、DX12のブルースヘッドを使用して品質の良い衣装等でカスタムしたブルースフィギュアを持っている人にはトイサピエンスの限定セットまでは必要ないかもしれません。

 

今後はダークナイトライジングのジョンブレイクやゴードンとバットシグナルなどサンプルが発表されています。今後もフィギュアリリースは続きそうなので、そのうちジョーカー2.0に匹敵する最終版ブルースウェインにも期待したいです。あと、できればクォータースケールで最終決定版ヒースジョーカーも難しそうですが出てほしいです。

それでは今回はこれにて。

 

 
ホットトイズ バットスーツ格納庫(あみあみ)


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ