「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー鎧武 極アームズ」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー鎧武 極アームズ」代行レビュ―

Exif_JPEG_PICTURE
今回は、
「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー鎧武 極アームズ」の代行レビュ―です。








特撮番組「仮面ライダー鎧武」の主人公「葛葉紘汰=仮面ライダー鎧武」が、
「カチドキアームズ」の状態で
「極ロックシード」を「戦極ドライバー」に装填する事で変身する
「仮面ライダー鎧武 極アームズ」の「S.H.フィギュアーツ」です。

「極アームズ」は全アーマードライダーの武器を召喚し、使用する事が可能です。

必殺武器として「カチドキアームズ」と同じく
「火縄大橙DJ銃」を使用します。

「カチドキアームズ」に比べ攻撃力・防御力が低下する反面、
スピード・ジャンプ力・機動力が向上します。

テレビ本編最終回では、
「始まりの男」と化した「紘汰」が、
「戦極ドライバー」「極ロックシード」を装着せずに、
「変身」の掛け声だけで変身していました。

それではレビューです。

※本レビューには作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。


「乱舞 Escalation」葛葉紘汰&駆紋戒斗(CV:佐野岳・小林豊)

※動画投稿者の方へありがたく使わせて頂きます。



(全体図)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(付属品)
Exif_JPEG_PICTURE 交換用手首(左右各4種)
火縄大橙DJ銃(銃モード・大剣モード)
マント

(頭部)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 「パルプアイ」はクリアパーツ仕様で、
「キワミカブト」と「キワミブレード」も劇中のイメージ通りに再現されています。

(キワミラング)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 胸部の「キワミラング」はクリアパーツ仕様で二層構造になっています。
内部にはオレンジ、イチゴ、スイカ、バナナ、ブドウ、メロンの
6種の「シードエンブレム」が描かれています。

(肩アーマー)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 両肩のアーマーは可動式で上に跳ね上がり、両肩関節の可動を妨げません。

(戦極ドライバー)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 今回も「カッティングブレード」が可動式です。
「カチドキロックシード」「極ロックシード」は共にドライバーからの脱着は不可です。

(ロックシードホルダー)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 右の「ロックシードホルダー」には
「オレンジ」「パイン」「イチゴ」の「ロックシード」が、
左には「レモン」「チェリー」「ピーチ」の「エナジーロックシード」が造型されています。
完全に固定式のため、各「ロックシード」のホルダーからの脱着は不可です。

(オーバードマント・キワミ)
Exif_JPEG_PICTURE 背中のマント「オーバードマント・キワミ」の下部にデザインされた模様も、
金色の塗装により再現されています。

(マントの可動)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE マントと本体を繋ぐジョイントは可動式となっており、約45度撥ね上げる事ができます。

(足裏)
Exif_JPEG_PICTURE 足裏の模様も、きちんと造型されています。

(火縄大橙DJ銃 銃モード)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(火縄大橙DJ銃 大剣モード)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 同シリーズの「カチドキアームズ」と共通の
「火縄大橙DJ銃 銃モード」「火縄大橙DJ銃 大剣モード」が付属します。
「大剣モード」は、「火縄大橙DJ銃」と「無双セイバー」に分離させる事は不可です。


(「仮面ライダー鎧武 カチドキアームズ」VS「仮面ライダーネガ電王」)
Exif_JPEG_PICTURE

(「極ロックシード」を解錠する「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE 極ロックシード「フルーツバスケット!ロックオープン!」

(「カチドキアームズ」から「極アームズ」へと変化を遂げる「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 戦極ドライバー「極アームズ!大!大!大!大!大将軍!大!大!大!大!大将軍!」

(動揺する「ネガ電王」)
Exif_JPEG_PICTURE

(「極ロックシード」を操作する「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE

(「大橙丸」を召喚する「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
極ロックシード「大橙丸!」

(「鎧武」に襲いかかる「ネガ電王」)
Exif_JPEG_PICTURE

(「大橙丸」を構える「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE

(「ネガデンガッシャー」を「大橙丸」で受け止める「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE

(「ネガ電王」に一撃を加える「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE

(「ネガ電王」に迫る「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE

(再び「ネガデンガッシャー」を受け止める「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE

(もう一撃加える「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE

(「鎧武」目掛けて突進して来る「ネガ電王」)
Exif_JPEG_PICTURE

(「極ロックシード」を操作する「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(「ソニックアロー」を召喚し「ネガ電王」に飛びかかる「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE 極ロックシード「ソニックアロー!」

(「ソニックアロー」で「ネガ電王」を斬り飛ばす「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE

(「極ロックシード」を操作する「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE

(召喚した「無双セイバー」で「ネガ電王」を圧倒する「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE 極ロックシード「無双セイバー!」

(「無双セイバー」の連射攻撃を受ける「ネガ電王」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(「極ロックシード」を操作する「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE

(「火縄大橙DJ銃」と「無双セイバー」を召喚する「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE 極ロックシード「火縄大橙DJ銃!無双セイバー!」

(2つの武器を合体させる「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(「カッティングブレード」を倒す「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE

(大剣を構える「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE 戦極ドライバー「極オーレ!」

(炎状のエネルギーに包まれる大剣)
Exif_JPEG_PICTURE

(炎状のエネルギー刃を飛ばす「鎧武」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(エネルギー刃を受けた「ネガ電王」)
Exif_JPEG_PICTURE

(「ネガ電王」撃破)
Exif_JPEG_PICTURE


(以下適当に何枚か)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(「オレンジアームズ」「ジンバーアームズ」「カチドキアームズ」「極アームズ」4ショット)
Exif_JPEG_PICTURE


(総評)


(長所)


南蛮胴を模した鎧のデザインが忠実に再現されていました。

メッキ加工ではありませんが、
銀色の塗装により劇中のイメージがほぼ忠実に再現されている印象を受けました。

「両肩アーマー」が、両肩関節の可動を妨げない様配慮され、
微妙な角度のポーズを気軽に付ける事ができました。


(短所)

上半身はほぼ申し分がない一方、
下半身の可動域がかなり制限されている点が残念でした。

腰回りの鎧は軟質素材ですが、
それでも下半身の可動の妨げになっていた印象を受けました。

「カチドキアームズ」の様に、可動式であればとも思いましたが、
劇中のイメージを損ねてしまうかもしれないので、仕方ないかもしれません。

他の購入者の皆様もコメントされていますが、
「キワミラング」の造りが粗く、シールの繋ぎ目が目立ち、少し見栄えの悪い印象を受けました。

「閉じた状態の極ロックシード」が付属しなかった点も残念に感じました。

「オーバードマント・キワミ」についても、
翻った状態を再現した「アクション用マント」が付属していれば、尚良かったと思いました。


そして、
本品単体では、
全アーマードライダーの武器を使う戦法を再現できない点が最も残念に感じました。

そもそも、
テレビ本編で「極アームズ」が登場した時点で、
既に本シリーズの「アーマードライダー」の中には、予約受付が終了していた商品もありました。

個人的に、
プレミア価格の付いた中古品を購入してまで再現する事には抵抗を感じましたので、
断念しました。

また、
今回手元にある他商品の武器を絡めて撮影しましたが、無理矢理保持させる形となり、
本品の「交換用手首」が変形・破損しそうで不安でした。

どうせなら、
本品専用の拡張パーツとして、
全アーマードライダーの武器と、
各「保持用手首」がセットになった商品を合わせてリリースしてほしいものでした。

それから、
これは商品の再現度以前に、
「極アームズ」の設定に対する不満になってしまいますが、
必殺武器が「カチドキアームズ」と同じ「火縄大橙DJ銃」であった事が物足りない気がしました。

新たに「極アームズ」専用のかっこいい必殺武器を設けてほしいと、
放送当時は考えていました。


本当に残念な点はありましたが、
テレビ本編における「鎧武の最強フォーム」が、
通常販売で商品化された点は大変喜ばしく思っています。

「魂ネイション2014」では、
「鎧武イチゴアームズ」
「鎧武スイカアームズ」
「仮面ライダーバロン スイカアームズ」
「ロード・バロン」
「龍玄キウイアームズ」
「龍玄・黄泉ヨモツヘグリアームズ」
「ナックルクルミアームズ」
「シグルドチェリーエナジーアームズ」
「マリカピーチエナジーアームズ」
「黒影・真マツボックリエナジーアームズ」
「冠シルバーアームズ」
「マルスゴールデンアームズ」
「邪武ダークネスアームズ」等の、
「鎧武関連のS.H.フィギュアーツ」が参考展示されていました。

個人的にお気に入りだった
「鎧武バナナアームズ」がなかった事は大変残念ですが、
それを差し引いても興味深いラインナップでした。

これらの中からどれが商品化されるのかが気になりますが、
既に過去の作品のため
期待し過ぎると拍子抜けする結果になる可能性が高いかもしれませんね。

結果はどうあれ、
今後の続報を待ちたいと思います。


さてさて、
2014年12月13日公開の
映画「仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル」では、
テレビ本編最終回後の「鎧武」の物語が描かれるそうですね。

「ヘルヘイム」の脅威から世界を救った「紘汰」と「舞」が暮らす新天地に、
新たな敵が襲来するそうですね。

例年の如く、
現役と直近の「仮面ライダー」が、どの様な共闘を披露してくれるのか楽しみです。


簡素な内容となりましたが、
今回はこれまで!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ