ホットトイズ キャプテンアメリカ ウィンター・ソルジャー ウィンター・ソルジャー レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ キャプテンアメリカ ウィンター・ソルジャー ウィンター・ソルジャー レビュー

w06

2015年 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願します。

今回は、遅れましたが ホットトイズ キャプテンアメリカ ウィンター・ソルジャー ウィンター・ソルジャー レビューです。





(全体像)
w01w02w03w04
左腕の義手が印象的で、衣装のみならず各所に装備した武器の収納も再現されており、サンプルからの劣化もなく仕上がっていました。体型も劇中のウィンターソルジャーを概ね再現しています。

 

(各部)
ヘッド(マスクなし)
w03w04w05w06
目の周りを黒く塗った状態のヘッドです。実際に塗ったような目の周りの塗装のムラなどまで再現されており、出来は良好だと思います。 ただ、この状態よりも終盤のメイクなし素顔ヘッドでも良かったと思います。

ヘッド(マスクあり)

014

017

020

キャップ達との初戦闘の際のマスクを装着した状態のヘッドです。こちらは目の周りのメイクはないですが、ウィンターソルジャーは今後の映画に出て来そうなので、マスクなし素顔は後のもので出るのかも。


ゴーグル装備

021023
こちらのヘッドは頭髪を取り外してゴーグルを装備することができます。キャップとの中盤の戦闘の際の状態を再現することができます。

 

(各部)
w09

ウィンターソルジャーの特徴でもある金属製の腕も非金属製ですが再現されています、ただ、贅沢をいえば劇中ほどシルバーの光沢はない点が気になるかもしれませんね。

 

w14
各部のベルト等の装備の再現もぬかりなくされていました。ただ、胸のボタンはスペアが付属していていることもあり、外れやすいので注意が必要です。

 

w07

背中にはマシンガンを装備できます。ただ、割と外れやすいです。

 

w08

背中にはナイフ二本をしっかりと収納できます。

 

w10

w12

左太ももにはピストル、右には小ピストルが二丁装備できます。ただこれらも割と外れやすいので注意が必要です。


w11

w13

弾を二つベルトのバンドに設置できます。ただバンドがきついのではめる際には注意が必要です。

 

(オプション)
マシンガン

k01k02

マシンガンは、前方のポンプアクション、後方のストックの伸長が可能です。

リモートボムランチャー

k03k04
劇中では車に対して使ったリモートボムランチャーも付属します。劇中で車の下に張り付いて爆発した下のディスクは、取り外し可能で発射した後の状態を再現可能です。

k05k06

リモートボムランチャーは後方のストックは伸長でき、前方の照準も可動します。

ハンド

026

ハンドは計8種類付属します。できれば右握り手も欲しかった気がします。他にジョイント二つとボタンのスペアパーツが付属します。

 

装備武器一式

w10

マシンガン、ピストル、小ピストル2種類、弾丸、ナイフ2つ、クナイ

 

w09
サブマシンガン、ピストルなどは、それぞれ開閉またはスライドギミックが再現されています。

 

他に通常スタンドが付属します。

 

(可動性)
w13w14w15

首は前後左右にさほど衣装の干渉もなく動かすことができます。

w05w06

左腕は肩のジョイントが上下左右に引き出せるため、可動性は高めです。

w07

 

w08

腕は横90度可動し、ひじは90度ほど曲がります。

 

w09

右腕は素体の可動性に準拠し、90度以上曲げることができます。ただ、衣装の干渉があるため、肩は左腕よりは動かしにくいです。


067062

胴は衣装の干渉はあるものの前後左右に動かせます。

069

腰も左右にある程度は回せます。

w10

ひざは120度近く曲がりますが、股関節は衣装の干渉により曲げたまま保持はしにくいです。

 

(そのほか)

 


s01s03s05



w05


w06

以上、ホットトイズ キャプテンアメリカ ウィンターソルジャー ウィンターソルジャー レビューでした。

 

(総評)
良かったところ
武器の装備の充実度
二種類のヘッドとマスクによって3種類の顔の状態を再現
股関節以外は可動性が高め

気になったところ
メイクなしヘッドが未付属
ピストルなどが外れやすい

劇中で使用した武器の多くが付属し、ヘッドはメイクありマスクなし、マスクありとゴーグル装備で3種類の状態を再現できる点も良かったです。可動性も股関節以外はそこまで衣装の干渉もなく動かすことができます。ただ、劇中では目の周りがメイクされた状態よりも素顔のほうがかなり多かったので、目の周りのメイクはマスクありのほうにしてほしかったですね。あとは背中のマシンガンや脚のピストルなどが外れやすい点ですね。それ以外は特になく、劇中の戦闘シーンを多数再現するのに十分なオプションを有していますと思います。

今後は今月にキャップステルススーツと続いてファルコンも出る予定で、ウィンターソルジャー関連のフィギュアの発売はひと段落することになります。ただ、すでにアベンジャーズ続編のキャップも公開されているので、キャプテンアメリカのフィギュアのリリースは今後も続きそうです。

それでは今回はこれにて。



ホットトイズ ウィンターソルジャー(あみあみ)(駿河屋)(キャラネット)(楽天)



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ