プレミアムバンダイ限定 「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーシン」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

プレミアムバンダイ限定 「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーシン」代行レビュ―

 Exif_JPEG_PICTURE
今回は、
プレミアムバンダイ限定
「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーシン」代行レビュ―です。






1992年発売のオリジナルビデオ
「真・仮面ライダー 序章」の主人公「風祭真」が変身する
「仮面ライダーシン」の「S.H.フィギュアーツ」です。

「仮面ライダーシン」は、
劇中では「生態改造兵士(バイオボーグ・ソルジャー)レベル3 」という位置づけでした。

「風祭真」は、
知らぬ間に謎の組織「財団」により、バッタの遺伝子を身体に組み込まれた
「生態改造兵士」に改造されてしまいます。

「真」は、
父を欺き恋人を殺した「財団」の「日本支部・ISS(Institute of Super Science)」の所長
「氷室巌」を惨殺し、「改造兵士レベル2」を撃破した後、「CIA」の介入により父をも失い、
いずこかへと去って行きました。

「仮面ライダーシン」の特徴は、
何と言ってもそれまでの「仮面ライダー」とは一線を画する
生物的でグロテスクなデザインでした。

その変身シークエンスも、大変生々しいものでした。

本作発表当時、公開されたデザインを見て
「何かの間違いでは?」
と正直思いました。

「仮面ライダーBLACK」の「バッタマン」の様に、
ヒーロー然とした「仮面ライダー」に変身する手前の状態ではと期待しましたが、
終始そのままでした。

勝手に失敗作かと思っていましたが、
ビデオの売れ行き自体は好調だったそうです。

タイトルに「序章」とある様に、
以降も物語が続く予定だったそうですが、結局立ち消えとなったそうです。

構想では、
「シン」が「スーツ」や「バイク」を手に入れて、
ヒーロー然とした「仮面ライダー」になる予定だったそうです。

その話を知った時、
「手塚治虫先生」原作の特撮番組「サンダーマスク」の漫画版のワンシーンが想起されました。


(主人公が変身した超人「サンダー」の姿が、
あまりにも怪物的過ぎると指摘した登場人物の「手塚先生」が、
人前に出る際に着用する様
テレビ版の「サンダーマスクのスーツ」をデザインするシーンです。)

結果として
「ライダースーツ姿のシン」は幻となりましたが、興味深い話でした。

またデザイン以外の「シン」の特色と言えば、
変身した状態で「氷室」を惨殺した事です。

たとえ相手が悪人とは言え、
生身の人間を殺害した「仮面ライダー」は、後にも先にもこの「シン」だけだと思います。

かなり自由な作風の印象がある「平成仮面ライダーシリーズ」でも、
ここまではやりませんでした。

「仮面ライダーアギト」では
「仮面ライダーギルス」が、自らを捕獲しようとした「北條透」を仕留めようとした際、
「仮面ライダーG3」によって阻止されていました。

「仮面ライダー鎧武」でも、
自分達を非難してくる一般市民に対し、「駆紋戒斗」が「仮面ライダーバロン」に変身し、
「インベス」を召喚し脅すのがせいぜいでした。

それと「シン」と言えば、
傷の回復力が歴代ライダーの中では群を抜いているとのデータがあります。

ビデオ発売直後、
「シン」が歴代の「仮面ライダー(昭和ライダー)」と共に並び立つ姿が
様々な媒体で描かれる機会が度々ありました。

しかしある日
着ぐるみのショーで「シン」が歴代ライダーと共に出演した際、
観客の子供が恐怖の余り失禁してしまうと言う事態が起きたそうです。

それがきっかけで、
「シン」は暫くの間、
「仮面ライダー」関連のイベント等に出入り禁止の扱いとなってしまいました。

そう言う訳で、
暫くの間「シン」はまるで最初からいなかったかの様な扱いとなりました。

しかし2009年公開の映画
「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」以降、
歴代ライダーの1人として登場する機会に恵まれる様になりました。


「風祭真=仮面ライダーシン」役の「石川 功久さん(現 石川 真さん)」は、
2006年放送の「ウルトラマンメビウス」に
「セリザワカズヤ=ハンターナイトツルギ=ウルトラマンヒカリ」役で出演していました。

それではレビュー開始です。

※本レビューには作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが、
飽くまで趣味として撮影した物なのでご容赦願います。
また、
残酷な描写の写真が含まれますが、
「仮面ライダーシン」本来の戦闘スタイルをイメージして撮影した物なので何卒ご容赦願います。

現実の事象を連想させ揶揄・中傷する意図は一切ありませんので、ご理解願います。





※動画投稿者の方へ、ありがたく使わせて頂きます。



(全体図)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(付属品)
Exif_JPEG_PICTURE 交換用頭部3種
交換用手首(左右各3種)


(頭部)


(A)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
口を閉じた状態の「頭部」です。


(B)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
口を開けた状態の「頭部」です。


(C)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

口を開けた上に、下顎が左右に展開した状態の「頭部」です。
(B)(C)共に口の中の「ブレイク・トゥーサー」も一応造型されています。


(胸部)
Exif_JPEG_PICTURE 生々しい印象の「胸筋」が。塗装により雰囲気十分に再現されています。

(背部)
Exif_JPEG_PICTURE 同様に「背筋」も雰囲気十分です。

(腕部)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(脛部)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
「両下腕」・「両脛」の「スパイン・カッター」が、かなりシャープに再現されています。

(爪先)
Exif_JPEG_PICTURE 爪先の「ハイバイブ・ネイル」も鋭利な雰囲気で造型されています。



(「仮面ライダーシン」に迫り来る「ゾンビ」)
Exif_JPEG_PICTURE 
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

(手にした銃を構える「ゾンビ」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(被弾し、出血する「シン」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(息も絶え絶えの「シン」に近寄る「ゾンビ」)
Exif_JPEG_PICTURE 

(倒れた「シン」に銃口を向ける「ゾンビ」)
Exif_JPEG_PICTURE 

(傷を瞬時に回復させ「ゾンビ」の左腕を掴む「シン」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(右手に力を込める「シン」)
Exif_JPEG_PICTURE 

(「ゾンビ」の左腕を引きちぎる「シン」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(尚も「シン」に迫り来る「ゾンビ」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(どこからかマチェーテを取り出す「ゾンビ」)
Exif_JPEG_PICTURE 

(マチェーテを振りかぶる「ゾンビ」)
Exif_JPEG_PICTURE 

(マチェーテで胸を切り裂かれる「シン」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(傷口を押さえる「シン」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(またも驚異的な再生力で傷を完治させる「シン」)
Exif_JPEG_PICTURE 

(マチェーテで襲い来る「ゾンビ」を迎え撃つ「シン」)
Exif_JPEG_PICTURE 

(「ゾンビ」の腹部を貫く「シン」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(「ゾンビ」の背後に回り右腕を引っ張る「シン」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(「ゾンビ」の右腕を引きちぎる「シン」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(マチェーテを掴んだ状態の「ゾンビ」の右腕を振り上げる「シン」)
Exif_JPEG_PICTURE 

(マチェーテで頭部を割られる「ゾンビ」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(跪く「ゾンビ」に歩み寄る「シン」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(「ゾンビ」の顔を掴む「シン」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(「ゾンビ」の頭部を引きちぎる「シン」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(「ゾンビ」の頭部を睨みつける「シン」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(「ゾンビ」の頭部を掲げて雄叫びを上げる「シン」)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(以下適当に何枚か)

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE


(総評)


(長所)

他の「仮面ライダー」とは異なる生物的なデザインが、よく再現されていると感じました。

また
「頭部」を交換する事で、「シン」の感情変化が具現化され、雰囲気十分な印象でした。


(短所)

「昭和ライダー」の中では
大変マイナーな位置づけのため仕方ないかもしれませんが、
やはり限定販売に回された点が残念に感じました。

デザインの関係上、
各関節の可動域が制限されていた点が非常に残念でした。

玩具オリジナルの仕様で、
関節を引き出し式にするなり、外装がスライド式にするなりして、
より躍動感のあるポーズを決められる様に、もう一工夫してほしいと感じました。

また、
「交換用手首」の種類が少ないのも残念でした。

玩具オリジナルとして「武器用手首」等があれば尚良かったと思いました。

それと、
各「頭部」の触角が、いつになく破損しやすそうな繊細な造りだったため、
取り扱いに注意が必要で多少ストレスを感じました。


少し残念な点はありましたが、
今では「昭和ライダー」の1人として欠かす事のできない「シン」が
本シリーズで商品化された事は高く評価したいと思います。

簡素な内容となりましたが、
今回はこれまで!





S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーシン(楽天)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ