ホットトイズ キャプテンアメリカ ウィンターソルジャー ファルコン レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ キャプテンアメリカ ウィンターソルジャー ファルコン レビュー

067

今回は遅れましたが、ホットトイズ キャプテンアメリカ ウィンターソルジャー ファルコンのレビューです。





 

 

(全体像)

f01f02f03f04

劇中後半で、キャップともに戦った際のコスチュームでフィギュア化されていました。プロポーションも良く、肩のプレートや各部のベルト等も詳細に再現されており、サンプルからほとんど劣化なく仕上がっていました。

 

(各部)

 

(ヘッド)

fff01fff02fff03fff04

ヘッドは、サンプルよりは眉がきつくなって鼻が尖って見えますが、さほど違和感もなく良い出来だと思いました。

 

(胸部)
119
肩から続くベルトの再現度も高かったです。胸の左右のチャックはサンプルとは形が違いますが、劇中に準拠したものに作り直されていました。中央のジッパーは開閉できますが、ベルトなどが邪魔なので脱がすのは難しそうです。


116117

両肩のアーマーには、AIR NATIONAL GUARD(空軍州兵)の文字が小さいながら精巧にプリントされていました。

 

008

腰のベルト付近の再現も見事でした。

 

122

左右のプレートの細かいサインや造型も精巧に仕上げられていました。


(脚)

脚のズボンは劇中通りの迷彩柄、左太ももの星条旗も再現されていました。

 

110

114

背面部分のズボン及びブーツの後ろ側の装置も、細かい文字等の詳細なマーク等も手ぬかりなく作られていました。

(オプション)
(ハンド)

 f10
握り手、ウイング持ち手、銃持ち手、開き手 が左右付属します。

(ゴーグル)

097101 

ゴーグルは頭からかぶせて取り付けます。顔にはしっかりとフィットして装着できました。

 

(リストバンド)
f08f11

リストバンドは二種類あり、片方にはサブマシンガンをセットできます。サブマシンガンセットできるものは、前後にサブマシンガンを付けたままスライドさせることができます。

 

(ウィングパック)

106107

収納状態のウイングパックは、左右に収納用パーツを取り付けます。

 

f12

ウイングパックは劇中のようにライトアップすることができ、劇中での色をよく再現しています。私の分だけなのかもしれませんが、電池の消費がえらく早かったです。飾っているとあまり後ろは見えないと思いますが、ちゃんと再現されておりよかったと思います。

 

展開ウイングパーツ
ff01ff02

展開ウイングパーツは伸ばすと左右あわせて60センチになります。ウイングは半透明のパーツ等を使用しており、作り自体もしっかりしていました。

 

088 

ウイングパーツは劇中ほどではないものの、ある程度は左右にすぼめることができます。ウイングの可動部位も保持性が高く、安定してウイングの状態を維持できます。


ff03
ウイングパーツの持ち手はハンドをセットして劇中の飛行状態にできます。持ち手は取り外しできるので、手に握らせてからウイングに付けることもできます。

 

 


(サブマシンガン)
ff04

劇中で使用したサブマシンガン二丁が付属します。

 

専用ダイナミックスタンド

f01f02

スタンドは、台にシールドのエンブレムが描かれた地面が再現されています。スタンドのアームはダイナミックスタンドなので、飛行シーンが印象的なファルコンに最も適した状態でディスプレイが可能です。

(可動性)

 145146

首は左右は若干狭いですが、前後にはかなり動かせるので飛行状態を再現するための可動性も十分でした。

 

135

腕は上下前後左右ともに可動性に問題はありませんでした。肘は90度曲がり左右にも回転可能でした。

 

138

股関節と腰の可動性が高いので、脚を揃えて座らせることも可能です。写真にはありませんが、股は左右それぞれ45度ほど開けますが、ズボンの干渉があるのでそれ以上は難しそうです。

 

140143
膝の可動性も高く、完全とはいきませんが正座に近いポーズもとれます。ブーツはかかとやつま先に可動部位はありませんが、ブーツ自体を前後左右にある程度傾けられるので接地性も高いです。

 

(そのほか)

f19
f05f06f20f15f13f16f14f17f07f18
f03

最後はキャップとともに。

以上、ホットトイズ キャプテンアメリカ ウィンターソルジャー ファルコン ミニレビューでした。

(総評)
よかったところ
ファルコンの飛行状態及びウイング収納状態を再現可能
ウイングパックの背面がライトアップ可能
フィギュアの可動性が高く、飛行状態、戦闘ポーズ等も十分に再現可能

気になったところ
ライトアップの電池消費が激しい

 

ファルコンは前半ではそこまで活躍シーンがなかったので劇中終盤の衣装でのフィギュア化でしたが、この衣装でヘリキャリアや戦闘機相手に縦横無尽に飛び回っていたので、この衣装でのフィギュア化はもっとも適していると思いました。ウイングパックは羽の収納状態と展開状態を再現でき、さらに背面のライトアップも可能なので、劇中飛行ポーズの再現度はかなり高いです。また、ファルコンのフィギュア自身も衣装の干渉が少ないため可動性が高く、飛行攻撃ポーズから地上での攻撃ポーズ等まで幅広く対応できます。ヘッドもウインターソルジャーとは違ってゴーグルを取り外しできるので、飛行中と地上の状態にも対応できるのも良かったと思います。

残念な点はウイングパックのライトアップの電池消費がかなり早かったことですが、あまりライトアップしたまま飾ることはないと思うのでそこまでは気にならないと思います。ウィンターソルジャーのフィギュアはファルコンを合わせて4つ出ましたが、その中でももっともプレイバリューの高いフィギュアだと思います。ウイングを広げると場所は取りますが、最近のホットトイズの中でもかなり充実したフィギュアだと思います。

それでは今回は短めでしたがこれにて。

 

 


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ