ホットトイズ ガーディアンズ オブ ギャラクシー ロケット&グルート(2体セット)[ボーナスアクセサリー付き]レビュー(後編) - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ ガーディアンズ オブ ギャラクシー ロケット&グルート(2体セット)[ボーナスアクセサリー付き]レビュー(後編)

g25
今回は、ホットトイズ ガーディアンズ オブ ギャラクシー ロケット&グルート(2体セット)[ボーナスアクセサリー付き]レビュー(後編)です。
 
 




(前編はこちら)

ホットトイズ ガーディアンズ オブ ギャラクシー ロケット&グルート(2体セット)[ボーナスアクセサリー付き] レビュー(前編)



 
(グルート)
g01g02g03g05g04
劇中でもかなり高身長なこともあり、約50センチの全長でフィギュア化されていました。体型も劇中に準拠して作られており、樹木の表皮のような皮膚や体中をつたうツタのような造形も細かく再現されていました。
 
(各部)
(ヘッド)
a02a03a04a05a06a07
ヘッドは平常時のグルートの表情を良く再現し、樹皮状の皮膚や頭から延びる枝など、サンプルから劣化せず造形の再現性は高いと思いました。
 
交換顔パーツ
a08a09a10 
劇中での戦闘時に見せた叫び顔は、ボーナスアクセサリのヘッドパーツ前面を交換することによりセットできます。大きく開いた口など、劇中の雰囲気を十分に再現したパーツでした。これはかなりディスプレイの幅が広がるので、一般販売版にも付けてほしかったですね。
 
a16
肩からは伸びた枝が再現されていました。どれも軟質素材で作られていますが、過度に引っ張ったり引っかかったりしないよう注意が必要です。
 
a11a12
身体の樹皮状の表皮と、つたや苔の生えたような塗装は、全身にわたってかなりリアルに再現されていました。
 
a13
脚も胴体同様に問題なく仕上がっていました。
 
a14
足は樹木の根の地表部分に出た状態のような造形を見事に再現していました。
 
g10
足の裏もちゃんと再現されていました。
 
(オプション)
a15
ハンドパーツはベンダブルハンドが左右、発光した左手が付属します。ボーナスアクセサリは開き手左右になります。発光した左手の先端は、サンプルでは塗装でしたが製品ではクリアーパーツを使用されています。
 
リトルグルート
r08r07
ボーナスアクセサリとして、1/6スケールの植木鉢グルートが付属します。説明書にあった踊っていない状態のグルートは付属しませんが、エンディングでドラックスが見てたときのポーズが再現されています。クォータースケールのように動かすことはできませんが、塗装等特に問題はありませんでした。ただ、このポーズならなおさらドラックスがいたほうがいいのですが・・・
 
 
スタンド 
r01
スタンドはロケットと台座は同じですが、ポールはフィギュア本体の大きさに合わせて長くなっていました。
 
s02
グルートのスタンドは、クリップを取り付けてロケット用のポールをセットして、グルートとともにディスプレイすることができます。
 
(可動性)
088090092094
首は、左右には90度回転し、上下には首とヘッドパーツによりかなり前後に動かすことができます。

107
肩は左右に70度、前後には真上近くまで上げられます。
 
096
肘は90度曲がります。

097
103
腰は前方には40度、後方には30度ほど曲げられます。

130129
上半身は左右に45度ほど回転します。
 
111
脚は前方に70度、後方に約30度。膝は70度曲げられます。
 
115
脚は外側には45度ほど、内側には若干曲がります。
g11
股上部は、アイアンマンマーク43のようにパーツが前にスライドできるようになっており、脚の動きに干渉しないように工夫されていました。左右は腰の下の部品も軟質素材で作られており、こちらも脚の可動性に干渉はしにくいようになっていました。


133
足は前後左右に可動し接地性は高く、足が大きいこともあり自立性も高いです。
 
s01
ベンダブルのハンドパーツは、それぞれの指が可動します。
 
 
 
(そのほか)
b03
 
g21g22t02g23g24g25g26g27g28

t03
r09

a01
最後に交換中のガモーラ以外の3人で。あとはドラックスだけですが、情報がないのが気になります。
 
 
t01
以上、ホットトイズ グルート&ロケット セット レビューでした。
 
 
 
(総評)
良かったところ
ロケットの小柄な体型と衣装の再現性の高さ
グルートの造形及び可動性の高さ
ボーナスアクセサリによるデイスプレイの幅の向上
2体同時に飾れるスタンドが付属

気になったところ
ロケットのヘッドの塗装及びサンプルからの劣化がある  

まずロケットは、小柄な体型を1/6スケールで概ね再現し、劇中の銃を持たせても問題ない腕の可動性と保持性を持っていました。付属する銃は変形はではないものの細かい部分まで再現及び塗装されていました。サンプルにはなかった足パーツも付属し、試作品より幅広いポーズに対応できるようになっていました。
グルートは皮膚が樹木の樹皮に苔が生えたような状態を見事に再現し、身体から延びる枝までも造型されていました。そして見た目以上に可動性も高く、足が大きいこともあり安定した自立も可能でした。そしてヘッドによって戦闘状態を再現した叫び顔にも付けられられるのも良かったです。そしてスタンドも、グルートとロケットを一緒にディスプレイできるように作られている点も良かったです。
 
残念だった点は、ロケットのヘッドは毛や口がサンプルより劣化して見えたのが残念でした。今後出る単品では口などは修正されるといいですね。あと可動性も衣装の干渉でロケットの可動部位を生かせていなかった部分があるのが残念でした。そしてグルートはほとんど問題はなく思えますが、叫び顔があるだけでディスプレイの幅はかなり広がるので一般販売分にも付けてほしかったですね。ロケットが欲しい人はリトルグルートに魅力を感じなければ単品でもいいと思いますが、グルートが欲しい人はボーナスアクセサリの叫び顔パーツやハンドがあるとかなりポーズの幅が広がるので、セットのほうがよいかもしれません。
 
これでホットトイズのガーディアンズ オブ ギャラクシーはあとドラックスが出れば揃うのですが、諸問題あるとのうわさもあり発売の情報が全く伝わってきません。しかしここまで出たのだから限定でも良いので是非出してほしいですね。
 
それでは今回はこれにて。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ