「S.H.フィギュアーツ ハリケーン」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

「S.H.フィギュアーツ ハリケーン」代行レビュ―

Exif_JPEG_PICTURE
今回は、
「S.H.フィギュアーツ ハリケーン」の代行レビュ―です。







1973年放送の特撮番組「仮面ライダーV3」の主人公
「風見志郎=仮面ライダーV3」の専用バイク「ハリケーン」の「S.H.フィギュアーツ」です。

「ハリケーン」は
「本郷猛=仮面ライダー1号」と
「一文字隼人=仮面ライダー2号」によって開発されたマシンで、
カウル前方に取り付けられた風車には、受けた風圧をエネルギーに変換する事が可能です。

カウル両サイドのウィングを展開させ、
ロケットブースター使用する事で滑空する事も可能です。

「ハリケーン」と言えば、
番組のタイトルバックで爆炎の傍でハイジャンプするビジュアルでお馴染みですね。

番組放送当時制作側は、
とにかく派手な映像作りにこだわっていて、使用した火薬の量が半端無かったそうです。

そのため、
上記場面の撮影時、
「V3」役のスタントマンは本当に命懸けだったそうです。

現在であれば、CGで描いた爆炎を合成させ、
形としては同じ場面を再現できるかもしれません。

しかし、
CGでは再現しきれない本物の爆炎の迫力があってこそ、
今見ても強烈な印象を見る者に与えるのだと思います。

「ハリケーン」は、
「劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」等の
近年の作品にも登場し、
「昭和ライダーのバイク」の中では「新サイクロン号」と並び
目にする機会に恵まれたマシンです。

それではレビューです。


※本レビューには作品の設定と異なる内容の写真が含まれますがご容赦願います。


(全体図)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(付属品)
Exif_JPEG_PICTURE
予備ハンドル(左右)
後輪用スタンド
魂STAGE ACT.4用ジョイント
左右ウィングパーツ(本体用・交換用)

(後輪用スタンド)
Exif_JPEG_PICTURE
後輪を「後輪用スタンド」で挟み込む事で、車体を直立させる事が可能です。

(スタンド)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
車体下部の「スタンド」を倒して、車体を支える事が可能です。

(ロゴマーク)
Exif_JPEG_PICTURE 
車体側面に「SUZUKI」のロゴマークがきれいにプリントされています。

Exif_JPEG_PICTURE
その下には「V3」のマークが刻まれています。

(ハンドル)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
左右の「本体用ハンドル」を取り外し、「予備ハンドル」に換装可能です。

(ハンドルと前輪の連動)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
「ハンドル」の向きに合わせ、前輪が連動します。

(風車)
Exif_JPEG_PICTURE 
カウル前方のクリアパーツ内に「風車」が造型されています。
回転等のギミックはありません。

(ウィング)

(本体用)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(交換用)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
左右の「ウィング」を「本体用」から「交換用」に換装する事で、展開状態を再現可能です。

(マフラー)
Exif_JPEG_PICTURE 
車体後部左右の「マフラー」も再現されています。

(魂STAGE ACT.4用ジョイント)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
車体底部に設けられた穴に「魂STAGE ACT.4用ジョイント」を取り付け可能です。

(ディスプレイ)
Exif_JPEG_PICTURE 
「魂STAGE ACT.4用ジョイント」に別売りの「魂STAGE ACT.4」の支柱を差し込む事で、
車体をウイリー状態でディスプレイできます。

(「V3」騎乗状態全体図)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(以下適当に何枚か)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(オープニングのつもり)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
V3「仮面ライダーV3――!!」

(各バイク騎乗状態「新1号」「V3」「新2号」3ショット)
Exif_JPEG_PICTURE 

(バイクで疾走する3大ライダー)
Exif_JPEG_PICTURE 

(爆炎の中ハイジャンプする3大ライダー)
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE 


(総評)


(長所)


今回何よりも評価したい点は、
通常販売の商品としてリリースされた点です。

「ジャングラー」が限定販売だったため、
「昭和ライダーのバイク」で通常販売されるのは
「旧サイクロン号」「新サイクロン号」「バトルホッパー」「アクロバッター」で
終わりかと半ばあきらめていました。

予想に反して通常販売となりうれしい限りでした。

本商品に合わせ、
「魂EFFECT EXPLOSION」も発売され、番組オープニングのイメージを再現でき、
感無量でした。

デザインも劇中のイメージが忠実に再現され、
「V3」を騎乗させると雰囲気十分でした。

パーツの換装により「展開状態のウィング」を再現できる点も魅力でした。


(短所)

本商品に限った事ではありませんが、
「ハンドル」が「本体用」「予備用」両方共抜けやすい点が残念でした。

「V3本体」を騎乗させた状態でいじっていると、
手首と一緒にハンドルがスポスポ抜けて、少しストレスを感じました。


本当に残念な点はありましたが、
また1つ「昭和ライダーのバイク」が本シリーズで商品化された点は素直に喜びたいと思います。

今後気になるのは、
残りの「昭和ライダーのバイク」の中で、通常販売でリリースされる物はあるのかという点です。

個人的には、
「カブトロー」「スカイターボ」「Vマシン=Vジェット」
「ブルーバージョン」「ヘルダイバー」の全てが
限定販売に回される事は勘弁してほしいと思います。

ただ、
昨今の傾向を考慮すると、正直期待できないと思います…


何がともあれ、
今後公開される情報に注目したいと思います。

簡素な内容となりましたが、
今回はこれまで!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ