メディコムトイ RAH DX 仮面ライダーエターナル レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

メディコムトイ RAH DX 仮面ライダーエターナル レビュー

e24
今回は遅れましたが、メディコムトイ RAH DX 仮面ライダーエターナル レビューです。

 





仮面ライダーエターナルは、映画「仮面ライダーW A to Z 運命のガイアメモリ」、Vシネマ「仮面ライダーエターナル」に登場する悪の仮面ライダーです。劇中では仮面ライダーエターナルの正体である大道克己を、ロックバンド「SOPHIA」のボーカルの松岡充氏が演じていました。演じていた松岡充氏はこの映画とVシネマの主題歌も歌っており、先日終了した仮面ライダードライブでもTVオープニング、劇場版主題歌を歌っていました。エターナルはWとは異なったフォルムやローブなどの見栄えだけでなく台詞も印象深く、平成仮面ライダーシリーズでの悪の仮面ライダーでもかなり人気があるライダーでした。

メディコムトイでは以前PBM!シリーズで出ていたサイクロンジョーカーとジョーカーがリニューアル発売されており、最新の技術でどこまでエターナルが再現されているか期待が高まります。


それではレビューを始めます。

 

 

(全体像)
a04
a01a02a03
フィギュアはヘッドは新規造形ですが、首から下の基本のボディはリニューアル版のサイクロンジョーカーなどと同じと思われます。胸と右腕、左脚にはガイアメモリスロットのベルトが装備され、腕にはブルーのファイヤーパターンが再現されています。Wなどとは違って、リストや足首(アンクル)バンドにもブルーファイヤーパターンのデザインのものになっていました。


HEADE
ヘッドは全体の形状はサンプルからほぼ変更なく見え、Wにはない三又の槍先状のアンテナと目の部分の裏面複眼パターンを詳細に再現していました。

(各部)
DSC02132
胸にはガイアメモリのスロットがセットされています。腕や足のものと違って、胸のベルトははじめからセットされていました。

DSC02134
腕にはブルーフレアのパターンが再現されていました。

ss01
腕のリストバンドにはブルーファイヤーパターンが再現されていました。ただホワイトとブルーの部分の境界がにじんだようなところもあったので、もう少し綺麗に境界を仕上げてほしかったですね。


DSC02138

腕、脚にはガイアメモリスロットベルト(ガイアーマー)をそれぞれ自分でフィギュアにセットするようになっていました。ただ腕と脚のベルトは腕などにはめるとフィギュアの表面にキズがつく可能性があるので、もし気になるならばビニール等を挟んでセットしたほうがいいかもしれません。

胸や腕のガイアメモリのスロットにもそれぞれメモリをセットすることができます。ただ、このフィギュアにはT2ガイアメモリはエターナルメモリ以外は付いていません。

 

DSC02136

腰には仮面ライダースカルやジョーカーと同様のロストドライバが装備できます。リニューアルフィギュアは持っていないので比較できませんでしたが、以前のものと比べて見ましたが大きな違いはなさそうです。同様に付属のエターナルメモリをセットできます。

 

DSC02140
足首のバンドにも、リストバンドと同様にファイヤーパターンが再現されていました。こちらは塗り分けも良く仕上がっていました。

 

(オプション)
op01

オプションはエターナルエッジの順手と逆手持ち用右手が二つ、握り手、開き手が左右一つずつ付属します。親指を立てたハンドは左のみ付属しますが、劇中では右手でもしていたので右手版もほしかったですね。武器のエターナルエッジには劇中通りT2エターナルメモリをセットできます。

 

スタンド

op02

スタンドは以前のものとは違う新型のものが付属していました。ただ、若干はフィギュアを浮かせて飾ることもできますが、できるならば今後発売するドライブに付属するスタンドを限定販売フィギュアにも採用してほしいですね。

 

エターナルローブ
op03
仮面ライダーエターナルといえば、全身に纏ったエターナルローブが印象的でしたが、このフィギュアにもローブが付属します。外側は光沢がある合皮で、内側は逆に光沢の少ない素材を使用しています。

DSC02210
ローブはマント縁部分にワイヤが仕込まれているため、形状を変えることができます。
ただローブの重さもあるのでなびいた状態などはそのままでは難しいですが、腕やスタンドを使用すればローブの形状をある程度変えたままディスプレイが可能です。

 

op04
ローブの襟巻の部分とマント部分は一部はボタンで着脱できます。

zz01
ローブの首の後ろ側のマジックテープと上記のボタンを併せて外すことで、ローブをフィギュアに容易にセットできます。


フィギュアの可動域はリニューアルが出る前のファングジョーカーとほぼ同じでしたが、私の購入分では腹部のパーツが依然のものよりも柔らかいようで、腹部付近の可動性は少し広いと思います。逆に、股関節の可動域は前方には若干狭く感じました。

 

(そのほか)

z04ke04ke03z05z03

VS ファングジョーカー

DSC02266DSC02258

e04

 

VS ヒートメタル

e11e13

e15e16ke02e18e19e21e23e24e17e26
ke01e27

e29
劇中と服が違いますがフィリップと


e20

 

e30

z02
仮面ライダーエターナル「終わりだ、過去の仮面ライダー・・・」

メディコムトイからは主人公二人やおやっさんまでかなりの数のWシリーズのフィギュアが出ていましたが、最強フォームであるサイクロンジョーカーエクストリーム(もしくはゴールドエクストリーム)は現在まで出ていないですね。エターナルも出たので、Wシリーズの締めとして是非出してほしいです。


以上、メディコムトイ RAH DX 仮面ライダーエターナル レビューでした。

 

(総評)
よかったところ
劇中のスーツのヘッドやスタイルを見事に再現
マントにはワイヤが仕込まれており形状を変えることが可能
腕のファイヤーパターン、胸等のメモリスロットベルトも詳細に再現

気になったところ
股関節あたりの可動域はファングジョーカーよりも少し狭い
親指を立てたハンドは両手ともつけてほしかった

 

今回のエターナルはサンプルから劣化は少なく劇中のスーツのヘッドやスタイルを見事に再現し、Wとは差別化されたガイアメモリ装填用のベルトやエターナルエッジなども精密に作られていました。そして劇中でも印象的だったローブ(エターナルローブ)も付属し、ローブ外側に仕込まれたワイヤで形状を変えられるのもよかったです。可動性については以前のファングジョーカーなどとほぼ同じ印象を受けましたが、腹部のパーツが以前のものよりも柔らくなっているので、腹部は以前のものよりも可動域は広いと思いました。ローブの着脱で見栄えがかなり変わるので、他のWのフィギュアよりもディスプレイの幅も広いも魅力だと思います。

気になった点は、股関節の可動域がファングジョーカーよりも狭い感があったのと、サムズダウン用ハンドは両手ともに付属してほしかったですね。あと付属のスタンドは直立状態でのディスプレイには問題ないものの、飛翔状態などでディスプレイは難しいので、今後出る予定のドライブのホットトイズダイナミックスタンド風スタンドにしてほしいです。

仮面ライダーWの中でももっとも印象深い敵だったエターナルのフィギュアとしてはもっとも劇中に近い完成度と思われるので、オプションは少し残念ですがそれが気にならないならば購入を検討してもいいかもしれません。しかし今からだとヤフオク等でしか買えないのがネックですね。

今のところW関連のRAHシリーズは予定が公表されていませんが、やはりエターナルと激闘を繰り広げたW最強フォームであるサイクロンジョーカーエクストリーム、劇場版最強のサイクロンジョーカーゴールドエクストリームのフィギュア化にも期待したいです。

それでは今回はこれにて。

 




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
                 
          
          
          
          
          

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ