ホットトイズ アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン マリア・ヒル レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン マリア・ヒル レビュー

top

今回は、ホットトイズ アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン マリア・ヒルのレビューです。

 





 

 

 

(全体像)
m01m02m03
m04
フィギュアのブランドはアベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロンになっていますが、衣装は第一作アベンジャーズの際にヘリキャリアに搭乗していた際の衣装でフィギュア化されているようです(ウルトロンの映画でははじめは違う衣装で最後にヘリキャリアに乗っていたときはこれだったかもしれませんが、ブルーレイが来たら確認したいと思います)。演じるコビー・スマルダーズさんのスレンダーなプロポーションをよく再現しており、衣装等もサンプルから劣化もなく概ね問題なく仕上がっていました。


(ヘッド)
m05m06m07

顔はサンプル版と比べると皮膚の質感がちょっと下がっているように見えますが、サンプル版よりも顔が細く見えより本人に近い顔に仕上がってると思います。

m09
束ねた髪の毛もちゃんと再現されていました。

DSC02552
首の横から後ろにかけての分割線が目立ってしまいますが、その分可動域はかなり広いので仕方ないかも。


(各部)
DSC02538DSC02541

胸のチャックは下すことができ、ボディには劇中通り黒のアンダーシャツを着ています。

DSC02543DSC02545
両肩にはシールドの肩章が再現されています。

 

DSC02547
腰のベルト等もサンプルの衣装に忠実に再現されていました。

DSC02548
腰のホルスターにハンドガンを収納できます。ホルスターもブラックウィドーのものと同一のようでした。腰の部分の衣装のデザインはサンプルと同じですが、劇中とはちょっと違うようです。


DSC02551DSC02550

劇中ではみえにくい背中部分も特に不具合なく仕上がっていました。

 

DSC02555DSC02557

脚のスーツのデザインやブーツも、サンプルから劣化なく仕上げられていました。


(オプション)
m10
オプションは握り手開き手が左右、レシーバーの左持ち手、右の銃持ち手、レシーバーが付属します。

インカム
m08
劇中でも装着していたインカムは、右耳のしっかりとセットできます。

ハンドガン
r04
ハンドガンはブラックウィドーのものと同一でした。

レシーバー
r05r06
トランシーバーは、表裏ともにボタンやツマミ等も細かく塗装および造形されていました。


(スタンド)
m11m12
スタンドはホークアイなどと同様のデザインのものが付属します。台座表面のアベンジャーズマークはほかのヒーローと比べると簡素な色遣いになっていました。

(可動性)
s04s01 s02s03
ヘッドは左右に360度回転し、首も前後左右に傾けられるので可動域は広いです。

DSC02652

スーツの干渉もなく、腕は上下前後に自由に動かせます。

DSC02654
引き出し式肩部により、腕は正面で交差させることも問題なくできます。

DSC02656DSC02658
腰は若干のスーツの干渉はありますが、前後にかなり動かせます。

 

 

DSC02659

左右にも胴を回すこともできます。

 

DSC02662
股は左右には左右それぞれ45度は開くことができます。ただ私の購入分ではブーツのスーツの接着が弱いようなので、接着が弱そうなものならばこれ以上は広げないほうが安全かもしれません。

DSC02664
足は前方には80度ほどまでは上がります。ただブーツと衣装の接着部が弱いこともあり、これ以上上げたり膝をこのまま曲げると接着部がはがれると思うので注意が必要です。(私の購入分は膝を曲げたらすぐにはがれました・・・)

(そのほか)
z01z03z02z05z04z07z08z09z10z11z12z13r08
劇中では共闘はありませんでしたが、数少ない女性登場人物なので一緒に。

 

z14z15z16
無理すればここまで脚は上がりますが、前述のとおりブーツと衣装の接着が弱いのでここまでは動かさないほうがいいかもしれません。

r01r02
z06
以上、ホットトイズ アベンジャーズ マリア・ヒル レビューでした。

(総評)
よかったところ
サンプルよりも顔が細く見え、劇中の顔に近くなった
劇中のスレンダーな体型を再現
上半身の可動性はかなり高い

気になったところ
顔の表面にわずかなへこみが少なからずみられる
衣装のパーツとの接着が弱い

劇中のスレンダーな体形は問題なく再現され、ヘッドもサンプルより改良されてより本人に近くなったと思いました。さらに上半身の可動性はかなり高いので、銃を構えるポーズや通信機で通信するポーズなどにも十分対応できると思います。オプションは少なめですが、劇中で使用したアイテムも少ないこともあって劇中を再現したポーズをさせるには問題ないかと思います。

気になった点は、写真ではわかりにくいですが私の購入分には顔の表面にわずかなへこみが見られることと、衣装とパーツとの接着が弱いのが気になりました。急いでフィギュアをリリースするよりも、顔の不具合や接着不良はないようにフィギュアの品質管理はしっかりやってほしいですね。

限定販売で価格は高いですが顔やプロポーション、衣装等は問題なく、完成度は高いと思います。ただブーツと衣装の接着が甘いので、ブラックウィドーと同じように動かすと破損する可能性があるので、大きく動かす際は注意が必要と思います。

それでは今回はこれにて。

 

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (吹替版) (字幕版)(Amazonビデオ)
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (字幕版) (吹替版) (iTunes)


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ