ホットトイズ スターウォーズ オビ=ワン・ケノービ レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ スターウォーズ オビ=ワン・ケノービ レビュー

s09
今回は、ホットトイズ スターウォーズ オビ=ワン・ケノービ レビューです。





(全体像)
o01o02o03o04
今回のフィギュアは、劇中でのローブをまとった衣装でフィギュア化されています。劇中よりもアンダーウェアのブラウンの色が濃い目に見えますが、それ以外は特に問題もなく劇中のシルエットをよく再現しています。今回のフィギュアはスターウォーズ エピソード4でのオビ=ワンのフィギュア化でしたが、そのあとの映画で出てくる際もこの格好だったと思うので、幅広く対応できるのも良いですね。

 

(各部)
(ヘッド)
o05o06o07o08o09o20
ヘッドはサンプルよりはしわが少なめに見えて若く見える感はありますが、サンプルからさほど劣化もなくアレック・ギネス氏本人の顔をよく再現していると思います。ひげや髪の毛の薄い部分まで詳細に再現されていました。

 

DSC02727DSC02729

劇中やサンプルと同じく、ローブの端はほつれたような処理が施されていました。ただ、この部分は簡単に取れてしまうので、乱暴に扱かわないよう注意が必要です。

 

ローブを脱いだ状態

o11o12o13o14

ローブの中の衣装も、劇中に近い状態で再現されていました。白色の衣装はガウン状のものが一つ、襟のようなロングマフラー状のものが一つ、腹には帯のようなものが一つと3つの衣装から構成されていました。

 

DSC02733DSC02735

ベルトのバックルやボタン、横のポシェットも問題なく再現されていました。

 

DSC02736DSC02738

DSC02747 DSC02880
衣装の各部には、劇中でローブを脱いだ際に見えるすれて破れたような箇所が再現されていました。ほとんどは再現されていましたが、劇中では右肘にも同様の破れがあったように見えましたが、このフィギュアではありませんでした。

zz01
脚は衣装で見えないブーツの上部やズボンも、劇中の衣装に準拠して再現されていました。


(オプション)
ライトセイバー ONモード、OFFモード
raitoseiba-raito

DSC02787
ライトセイバーは2種類付属し、一つは刃を接続できないOFFモード、もう一つは刃を接続できるONモードとなっていました。 腕に接続されているライトアップ用との違いは、先端の部分が細目になっている点でした。このオプションのおかげで、ライトセイバーを左手に持たせたりライトアップしないでディスプレイする際にも使用できる点も良いですね。

 

DSC02749
OFFモード、ONモードともにホックにベルトに吊り下げることができます。



DSC02779
ハンドは、開き手、握り手が左右ともにあり、もう一つ左手の計5個付属します。サンプル写真では6つハンドが付属するようでしたが、製品版ではライトセイバー用握り手の一つは専用腕に接着されることになったようです。手はほかのフィギュアのものとは違って、深いしわが再現されていました。


ライトセイバー用右腕

DSC02780
今回のフィギュアから腕にライトセイバーが接着された右手が付属し、先端にライトセイバーの刃のパーツを差し込んでスイッチを入れるとライトセイバーが発光できます。
この腕の肘部分は問題なく曲げられますが、手首はわずかに前後に動くくらいです。
手は左右にある程度回転しますが、あまり回すと内部の配線等が傷つくかもしれないので注意が必要です。

DSC02833
フィギュアの右腕を外してライトセイバー用腕に交換することにより、発光するライトセイバーを再現できます。

ライトセイバーは中央部分が若干暗い感じがしますが、全体的に発光して見えます。
ウィップラッシュマーク2のムチもこういう風に再現してほしかったですね。 

スタンド

DSC02776

スタンドはトルーパーやハンソロなどとは違って、床の色がグレーに変更されていました。形状等はほぼ同じで、ネームプレートも外せます。


(可動性)

DSC02754DSC02755DSC02756DSC02757
ヘッドは首と一体化しているため左右はあまり傾かせることはできませんが、前後には大きく傾かせることができます。首は胴体の接続部を基点に左右に360度回転できます。

DSC02759DSC02761DSC02763

腕は衣装が柔らかめの布地ということもあり、干渉もなく上下左右自由に動かせます。肩関節のみクリック式になっていて、ほかの関節と比べるとちょっと動かしにくいかもしれません。

 

DSC02764

DSC02767
腹部は前後に素体の可動域を損なうことなく動かせます。

DSC02768
胴は左右には若干回転しますが、素体の可動性そのままに動かすことは難しかったです。

DSC02771

脚は前方に90度曲がり、ひざは120度ほど曲がります。劇中ではしゃがんだシーンはほとんどなかったと思いますが、しゃがんだ状態などにも対応できます。

DSC02774

足はブーツが薄手ということもあり、前後左右ともに接地性は高めでした。

DSC02773

股は左右にはそれぞれ45度ほど開きます。ただ劇中のオビワンは激しい戦闘シーンはなかったので、これくらいの可動域でも問題ないと思います。

 

(そのほか)
s03s04s05s06s08s09s10s11s12s13s17s18s19s20s21s22s23s27s01s25s14s24 last3
このフィギュアだけでも十分楽しめますが、ベイダーやルークと絡めてディスプレイするとさらに魅力がアップしそうですね。ルークとベイダーの発売が待たれます。

以上、ホットトイズ スターウォーズ エピソード4 オビ=ワン・ケノービ レビューでした。

 

(総評)
良かったところ
ヘッドはサンプルから劣化も少なく本人に近い顔を再現
劇中の衣装のシルエット及び細かいダメージ等も詳細に再現 
ライトセイバーが発光可能

気になったところ 
ライトセイバー専用腕の手首の可動性

今回のフィギュアは演じたアレック・ギネス氏の顔をよく再現し、衣装やシルエットも劇中の雰囲気を十分に再現したフィギュアに仕上がっていました。衣装が素体の可動域に干渉しないので可動性も高く、劇中では激しいアクションはなかったものの、様々なポーズに対応可能です。オプションでは以前出たべスピン版ルークでは発光できなかったライトセイバーが発光できるようになったのも大きいと思います。定価も他の主要キャラのスターウォーズフィギュアに比べて少し安かったこともあり、値段の価値は十分にあるフィギュアだと思います。今後発売するルークやベイダーなどと絡めて、ディスプレイするのも楽しめると思います。

気になったのはライトセイバー用腕は手首部分があまり動かなかったのが残念でしたが、内部配線のこともあるのでしばらくは無理でしょうがそのうち改善されることに期待したいですね。

今後はエピソード4のルーク、ベイダー、レイアなど主要登場人物のフィギュアがリリースされるので、値段の上昇は気になりますが今後も期待したいシリーズですね。

それでは今回はこれにて。

 




ホットトイズ スター・ウォーズ エピソード4 オビ=ワン・ケノービ (楽天)
ホットトイズ スターウォーズ エピソード4 オビ=ワン・ケノービ(ヤフー)


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
                 
          
          
          
          
          

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ