「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー旧2号&サイクロン号(改造Ver.)セット」代行レビュ― - ヒーローフィギュアをレビュー!

「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー旧2号&サイクロン号(改造Ver.)セット」代行レビュ―

Exif_JPEG_PICTURE
今回は、
「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー旧2号&サイクロン号(改造Ver.)セット」の
代行レビュ―です。








1971年放送の特撮番組「仮面ライダー」に登場した
「一文字隼人」が変身する「仮面ライダー旧2号」と、
「旧2号」と「新1号」が使用したバイク「サイクロン号(改造Ver.)」がセットになった
「S.H.フィギュアーツ」です。

「サイクロン号(改造Ver.)」については、
劇中では特に説明はなかったものの、
後年には「旧サイクロン号」を改造した物という設定が追加されました。

出力増強と車体の大幅軽量化により
「旧サイクロン号」よりも機動性が高く、救助用ロープの射出能力があります。


それではレビューです。

※本レビューには作品の設定と異なる内容の写真が含まれますが
飽くまで趣味として撮影した物になりますので、何卒ご容赦願います。

「たたかえ!サイクロン」子門真人

※動画投稿者の方へありがたく使わせて頂きます。


(「仮面ライダー旧2号」全体図)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
体各部のカラーリングは、以前に発売された「旧2号」の物よりも渋みが増した印象でした。

(付属品)
Exif_JPEG_PICTURE 
交換用手首(左右各5種)
マフラー(本体用・交換用)
後輪用スタンド
支柱ジョイントパーツ

(「頭部」アップ)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
「旧2号」のマスクはシルバーの箇所も渋みが増し、
以前の物からさらに全体が暗いトーンになっています。

(マフラー)

(本体用)
Exif_JPEG_PICTURE
(交換用)
Exif_JPEG_PICTURE 
「マフラー」は「本体用」から「交換用」に換装する事で、風になびいた状態を再現できます。

(変身ベルト)
Exif_JPEG_PICTURE 
「変身ベルト」の「タイフーン」もきちんと再現されています。
旧版同様「シャッターの開閉」のギミックは不可です。

(サイクロン号(改造Ver.)全体図)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

(マフラー)
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
車体後部の6本のマフラーがきちんと造型されています。

(後輪用スタンド)
Exif_JPEG_PICTURE 
「後輪用スタンド」で後輪を挟み込む事で、車体を直立させる事が可能です。

(スタンド)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
車体下部の「スタンド」を倒して、車体を支えます。

(前輪の可動)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
ハンドルの動きに連動し、車体前部の向きを変える事が可能です。

(メーター)
Exif_JPEG_PICTURE 
運転席の手元のメーター部分が、細かい塗装により再現されています。

(ハンドル)
Exif_JPEG_PICTURE 
本ブランドの「仮面ライダーのバイク」では定番だった「予備ハンドル」が本品には付属せず、
グリップ部分を引き抜く事はできません。

(マーク)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
車体フロントと後部に「立花レーシングクラブのエンブレム」が綺麗にプリントされています。

(車体底部)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
車体底面の穴に「支柱ジョイントパーツ」を差し込みます。

(ディスプレイ)
Exif_JPEG_PICTURE 
「支柱ジョイントパーツ」に別売りの「魂STAGE ACT.4」を差し込む事で、
車体をディスプレイ可能です。

(その他)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
車体前部の外装に覆い隠される様に、内側に単眼のヘッドライトが、
同じく車体後部の外装に覆い隠される様に、内側に赤い泥除けが確認できます。

(「仮面ライダー旧2号」騎乗状態全体図)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE



(その他適当に何枚か)
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 
(総評)


(長所)
今回何よりも高く評価したいのは、
以前は限定販売であった「仮面ライダー旧2号」が、
「サイクロン号(改造Ver.)」とセットとは言え、通常販売で再商品化された点です。

「旧2号」本体のカラーリングも以前の物よりも渋みが増し、
よりかっこいい印象になっていた点も魅力でした。

「サイクロン号(改造Ver.)」も、
「旧サイクロン号」「新サイクロン号」との違いがきちんと造型され、
劇中通りのかっこいい雰囲気が忠実に再現されていました。

これまでの「S.H.フィギュアーツのバイク」で個人的に必要性を感じなかった
「予備ハンドル」がカットされ、スッキリしました。


(短所)

今回、
「救助用ロープの射出状態」が再現できない点が唯一残念でした。

「予備ハンドル」の代わりに付属させてほしいものでした。


誠に惜しい点はありましたが、
シリーズ第1作の「仮面ライダー」に登場した
「旧サイクロン号」「サイクロン号(改造Ver.)」「新サイクロン号」の3台のバイクが
「S.H.フィギュアーツ」のシリーズで全て立体化された点は大変めでたいと感じています。

このまま
「スカイターボ」「Vマシーン=Vジェット」「ブルーバージョン」
「ヘルダイバー」「Zブリンガー」「ジェイクロッサー」等の
残りの「昭和ライダーのバイク」が本ブランドで商品化されるといいですね。


(おまけ)

さて、
今回この場をお借りして申し上げたい事があります。

※商品のレビュ―とは無関係の内容となりますので、
興味のない方はどうぞ無視して下さい。

2015年10月末に開催されたイベント「魂NATION 2015」にて、
「S.H.フィギュアーツ」の新商品として、
2015年よりテレビ放送が始まったアニメ「ルパン三世(第4シリーズ)」に登場する
「ルパン三世」「峰不二子」の2点が展示されました。

作品のファンとしては喜ばしいと感じる一方、
きちんとこちらの期待に応える仕上がりになるのか気になりました。

本ブログで以前レビューした「リボルテックヤマグチ版」よりは、
デザイン・質感共については上回ると予想されます。

しかし、
プレイバリューの点については不安を拭えません。

以前「リボルテックヤマグチ」で商品化された「キン肉マン」が、
「S.H.フィギュアーツ」で商品化された事がありました。

「S.H.フィギュアーツ版」はデザイン・質感・可動性についてはほぼ申し分なかった反面、
プレイバリューのについては「リボルテック版」に軍配が上がったという印象でした。

関節部が剥き出しだったり、
全身のデザインのバランスが悪い等の短所はあったものの、
「リボルテック版」は劇中の「ルパン三世」のポーズを躍動感十分に再現でき、
大変好感を持っていました。

今回の「S.H.フィギュアーツ版」の商品化により、
上記「リボルテック版ルパン」「同次元大介」「同ルパン(緑ジャケット)」は、
今後再版される事はなくなるでしょうね。

願わくば、
クオリティーと可動性は無論の事、
「リボルテック版」に引け劣らないプレイバリューを誇る
「ルパン三世の可動フィギュア」として仕上げた上で世に出してほしいものです。

そのためにも、
「交換用フェイス(頭部)」「小道具」等が
豊富に付属される事を熱望します。

そして、
今回のイベントでは参考展示に回された
「次元大介」「石川五ェ門」「銭形警部」の3人も、
「S.H.フィギュアーツ」で通常販売で商品化される事を希望します。

何はともあれ、
今後の続報に期待したいと思います。


最後は脱線してしまいましたが、
今回はこれまで!



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ