ホットトイズ スターウォーズ エピソード4 サンドトルーパー レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ スターウォーズ エピソード4 サンドトルーパー レビュー

z07
今回は、ホットトイズ スターウォーズ エピソード4 新たなる希望 サンドトルーパーのレビューになります。





(全体像)
s01s02s03s04
基本的にはストームトルーパーとアーマーなどは同じですが、一般のストームトルーパーとは違って小隊長であることを表すオレンジ色の肩章や肩や腰にポーチ、背中にバックパックなどが追加されています。サンプル写真と比べると全体的に砂のウェザリング塗装が薄めに見えますが、その分アーマー全体に広がって施されていました。

 

(各部)
DSC03503DSC03505DSC03506DSC03508DSC03512DSC03510

各部のアーマーと同じく、砂漠の砂がこびりついた状態を見事に再現していました。砂場などで子供が遊んでいたおもちゃはこのような感じになったと思うので、かなりリアルに仕上がっていると思いました。

 

DSC03515

DSC03622DSC03624
肩、腰にはポーチが計4つセットできます。ポーチ自体の再現度やウェザリング塗装も申し分なかったです。

 

DSC03516
小隊長の証であるオレンジの肩パットも、ちょっと汚れたように見えるようになっていました。

 

DSC03519DSC03523
アーマー各部に残る砂のウェザリング塗装は、どのアーマーにもしっかりと再現されていました。ただ、塗装だけでなく砂状の粒子を張り付けて再現しているようなので、砂の残ったような部分を強く擦ると剥げるかもしれないので注意が必要です。

 

 

DSC03501

DSC03534

背中のバックパックは結びつけてあるストラップを正面で結んで装備させます。こちらも全体にウェザリング塗装が施してあり、左右のパーツのみですが前後に可動します。ただ、ストラップをしっかりと締めないと、バックパックが左右にゆがみやすかったです。

 

(オプション)

武器
DSC03557
ヘビーブラスターライフルは形状はストームトルーパーのものと同じですが、各部に砂のウェザリング塗装が施されていました。

 

s07DSC03561
こちらはストームトルーパーにはなかったライト・リピーティング・ブラスターです。こちらにもウェザリング塗装が施されていましたが、可動部位はなさそうでした。

 

 

DSC03562
ブラスター・ライフルはストームトルーパーと形状はほぼ同じでした。これも全体にウェザリング塗装が施されてあり、ライフル下部を後方に伸ばすこともできました。

 

パトロールドロイド

DSC03541DSC03543DSC03545

DSC03547
劇中に登場したパトロールドロイドも付属します。サンプルから形状および塗装も変更もなく、細かい部分も詳細に作られていると思いました。

DSC03549DSC03550
ドロイドには支柱を取り付けることができ、専用台座もしくは特製台座にセットして飛行した状態を再現できます。私の購入分では特製台座の穴が若干ゆるくて不安定でした。

 

特製台座

s05s06

特製台座は劇中の砂漠の砂を再現していました。砂地には足跡が3つ再現されていました。

バイノキュラー

DSC03564DSC03566DSC03568DSC03569DSC03570

バイノキュラー(双眼鏡)はルークのものとは違ってパーツ交換はできませんが、各部のウェザリング塗装やハゲチョロ塗装が細かく施されていました。

 

 

差し替え用ハンドパーツ(×5)
add01
ハンドパーツはそれぞれ甲の部分にウェザリング塗装が施されていました。

 

あと可動性ですが首と肩は肩パットなどがあるため可動域が少し狭くなりますが、他はストームトルーパーとほぼ同じなので、そちらのレビューを参照願います。

ホットトイズ ストームトルーパー レビュー

 

(そのほか)
s09s10s08s11s12 z02 sp01
z04z05z06z07zlast
車がないので乗っていませんが、フォースで操られるような感じで。

以上、ホットトイズ サンドトルーパーレビューでした。

 

(総評)
良かったところ
各部のウェザリング塗装により、砂漠仕様のアーマーを再現
武装のウェザリング塗装及び造形もサンプルから劣化なし
バイノキュラー、パトロールドロイド、 ライト・リピーティング・ブラスターなどオプションが豊富

気になったところ
首が外れやすい

基本はストームトルーパーのバリエーションですが、各部に施されている砂での汚し塗装もリアルに再現されており、肩のオレンジのパットやポーチ、背中のバックパックなど武装が多いのも良かったと思います。またパトロールドロイドや砂漠のジオラマスタンド、バイノキュラーなどオプションが多いので、ストームトルーパーよりもディスプレイの幅が広い点も良かったと思います。気になったのは私の購入分は首が外れやすかったことですが、それ以外はストームトルーパーのバリエーションではありますが値段相応の価値はあると思いました。

ストームトルーパーのバリエーションはすでに発売済みのスペーストルーパーやブラックトルーパー、そして限定発売のブロンズトルーパーなどが予定されています。私はこのサンドトルーパーまでしか買わない予定ですが、今後もイベント仕様なども出るかもしれませんね。

それでは今回はこれにて。

 

 


ムービー・マスターピース スター・ウォーズ 1/6 ファースト・オーダー ストームトルーパー(将校版)
ホットトイズ ルーク・スカイウォーカー ベスピン版ハン・ソロ&チューバッカ セットオビ=ワン・ケノービ ホットトイズ プリンセス・レイアシャドウ・トルーパースペーストルーパーサンドトルーパー ホットトイズ QS ボバ・フェット1/6 ボバ・フェット
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
                 
          
          
          
          
          

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ