ROBOT魂 ゴッドガンダム 明鏡止水Ver.  ミニレビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ROBOT魂 ゴッドガンダム 明鏡止水Ver.  ミニレビュー

ggm05

今回は、ROBOT魂 ゴッドガンダム 明鏡止水 Ver. ミニレビューです。





 

(全体像)
robotrobot02robot03robot04 
以前発売された、ROBOT魂 ゴッドガンダムの明鏡止水発動時の全身ゴールドバージョンです。通常版を所持していないので比較はできませんが、ボディにはクリアーパーツがふんだんに使用されており、各部のゴールドの濃淡及びグラデーション塗装により小さいながらも綺麗に仕上がっていました。


DSC04457

DSC04459DSC04460
ヘッドはバルカンや目、アンテナなども塗り損じ等なく詳細に再現されていました。

DSC04462DSC04463DSC04465DSC04466
ウィング等各部に使用されているクリアーパーツは、グラデーション塗装で濃淡が付けられていました。

 

DSC04468
太ももの後ろ部分もクリアーパーツが使用されており、内部メカがうっすら透けて見える状態になっていました。

ハイパーモード

g06g07g08 
通常版も同じですが、光の輪エフェクト、光の輪エフェクト用ジョイント、ディスプレイ用ジョイントパーツ、エネルギーマルチプライヤー胸部のマルチプライヤーの交換とふくらはぎ部分を展開すると、ハイパーモードを再現できます。

g01
胸部のマルチプライヤーは、交換パーツを使用することで展開状態を再現できます。

 

DSC04482
背面の光の輪は、背中のパックにアタッチメントにセットして取り付けます。

 

DSC04480
脚背面部は展開可能で、内部メカの構造も再現されていました。

オプション

g09
交換用手首8種類

g11
ゴッドスラッシュ刃×2、ゴッドスラッシュ柄

DSC04519 
通常版には付属しない石破天驚拳エフェクトが付属します。魂ステージ等に接続して使用できます。

 

g10
展開状態手甲パーツの取り換えにより、ゴッドフィンガー発動状態を再現できます。

 

(そのほか)
ゴッドガンダム01
ggm02ggm07 

ggm06

ggm05  ゴッドガンダム03
ggm03gg01gg07
撮影途中で右手の展開した手甲パーツに不具合を発見したので、一応左のゴッドフィンガーも。


ggm01
gg06gg04
以上、短いですが ROBOT魂 ゴッドガンダム 明鏡止水バージョンミニレビューでした。

 

(総評)
今回のゴッドガンダムは、通常版と同じ可動性は問題はなく、多様なポーズに対応が可能でした。さらにボディはクリアーパーツとグラデーション塗装によって、金色に輝く明鏡止水モードをよく再現できていました。私は本放送はほとんど見れていなかったのですが、ゲームなどでも多数登場して印象的だった石破天驚拳の再現ができるのがよかったですね。あとはこういうバージョンではたまにオプションが少なくなったりするのですが、そのようなことはなく通常版と同じものがついていたのも良かったと思います。

ただ劇中では全身金メッキのように見えることもあり、劇中そのままを望む人はプラモデルの金メッキ仕様のほうが近いかもしれません。あとできれば天驚拳のエフェクトはもっと派手なものが欲しかったですね。本放送やアニメを見る機会がなくてスパロボなどでゴッドガンダムを知った人でも、可動性も高く天驚拳ポーズも決まるのでゴッドガンダムが好きな人は購入を検討してもいいかもしれません。

迷って予約しなかったのですが同じく明鏡止水モードのマスターガンダムも出るので、二体ともそろえて天驚拳対決をするのもいいかもしれませんね。
それでは短いですが今日はこれにて。

 


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 ゴッドガンダム 明鏡止水 Ver.
ROBOT魂 〈SIDE MS〉 マスターガンダム 明鏡止水Ver.

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ