千値練 12’HERO’s MEISTER ULTRAMAN レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

千値練 12’HERO’s MEISTER ULTRAMAN レビュー

ultra11

今回は、千値練 12’HERO’s MEISTER ULTRAMAN レビューです。





(全体像)
限値練ULTRAMAN01限値練ULTRAMAN02限値練ULTRAMAN03
ULTRAMAN04
フィギュアのプロポーションはサンプルから劣化なく再現されていました。造形は細かく見るとサンプルから少し簡略化された部分はありますがさほど気になるほどではなく商品化されていると思いました。塗装は部位によってはわずかに乱れは見られますが私の購入分はおおむね問題はなく、各部のマーキングも詳細に再現されていました。

(各部) 
DSC06008DSC06009DSC06010DSC06012DSC06014
頭部はサンプルから劣化も見当たらず、口などの複雑な部分の詳細に仕上げられていました。

DSC06016
胸部のアーマーやカラータイマーも再現されています。ただカラータイマーは、サンプルより少し造形が簡略化されているようですが、ほとんど気になりませんでした。

DSC06018
腹部の塗装や造形もほぼ劣化なく再現。

 

DSC06027
腕部分にもダイキャストが使われており、アーマーの質感を十分に再現していました。

DSC06029DSC06030
背中部分の背骨のような造形は、サンプルからちょっと簡略化されたような感じに見えました。

DSC06020DSC06022DSC06024
脚部でもひざは関節、つま先などにダイキャストが使用されており、各部の塗装も問題なく仕上げられていました。


DSC06031
全体的には、サンプルの写真では背景が黒ということもあり実際の商品はレッドカラーがより明るく見えます。そのあたりが気になる人もいるかもしれませんね。

 

DSC06130DSC06134DSC06136
各部には文字を細部までは再現できていないものの、マークがプリントされていました。


(ライトアップ)
DSC06035

DSC06037DSC06039DSC06040
ヘッドは上方を前方に引き出して頭部カバーを取り外し、LEDユニットのスイッチをONOFFできます。ライトアップは若干強めでしたが、ホットトイズのアイアンマンのようにすぐに暗くなることもなく、連続してライトアップできる点もよかったと思います。

 

DSC06046

DSC06042
胸部パーツは肩部のパーツを外して、LEDユニットを取り出します。カラータイマーはブルーにライトアップされ、こちらはライトアップの強さも問題なくブルーに綺麗に発光します。

 

DSC06116
腕のカバーを取り外してLEDユニットをONOFFします。

DSC06096
腕のライトアップは腕の中心奥がブルーに発光します。腕はスぺシウム光線のポーズの際には、腕のカバーを展開します。

(オプション)
DSC06074
ハンドは握り手、開き手、スぺシウム光線用手、ファイティングポーズ手、スペシウムブレード、ボタン電池交換用ピックが付属します。



DSC06138DSC06139

DSC06142
スペシウムブレードはブレード基部を外側に移動させ、そこにセットします。ただ私の購入分は、ブレード基部がブレード未装着では内側にしっかりと固定できないのが気になりました。


(可動性)

DSC06048DSC06050
肩のパーツを上部に動かして、腕を左右に90度以上上げることができます。

DSC06051
肘は90度以上曲げることができます。腕も肩部を軸に左右に回転可能でした。

 

DSC06054DSC06056
首は後頭部のパーツを動かすことにより、頭部をより上に向けることができます。

DSC06057
ヘッドは首に対して左右には写真ぐらいまで回転することができます。

DSC06059
首は前方にはかなり曲げられますが、左右にはパーツの干渉もありさほど動かせませんでした。

DSC06061DSC06060
肩はかなり前方に引き出すことができ、スペシウム光線などのポーズに十分に対応できます。

DSC06063DSC06064
胸部は前後左右に可動域はなさそうでしたが、腹部は前後左右に可動域が広く、左右に回転及びかなり前方に曲げることができます。ただ左右に回転させる場合には腰パーツにこすれないように注意する必要があります。

 

DSC06068DSC06066
脚は腰のアーマーを外して左右に引き出すことで、前後に可動性が向上します。

 

DSC06070
膝立ちやキックポーズなどにも問題なく対応できます。ただ太もも部分と腰パーツがこすれないように気を付けて動かす必要があります。

 

DSC06071
足先は脛アーマーとかかとやつま先が可動して足先に干渉しにくくなっており、足首のジョイントの前後左右の可動域が広いこともあって高い接地性を実現していました。

 

(そのほか)
ultramanadd01
ULTRA01ultra02ultra13ultra16

ULtramanadd02
ultra10ultra08ultra06

ultra11ultra12ultra05ultra03


ultra07ultra21ultra20ultra17ultra18ultra09
既存の12インチフィギュアを圧倒する驚異の可動と豪語するだけあって、ホットトイズのアイアンマンを超える非常に高い可動性をこのスケールで再現できていました。今後のセブンなどもこの可動性を落とさず商品化してほしいです。

以上、千値練 12’HERO’s MEISTER ULTRAMAN レビューでした。

 

(総評)
よかったところ
各部のカラーや細かいマーキングなども詳細に再現
各部のギミックにより、非常に高い可動性を実現
スタンドはないがフィギュアのバランスが良く、自立させやすい
目、カラータイマー、腕部などのライトアップを再現

気になったところ
レッドの塗装がサンプルよりも明るめに見える
進次郎ヘッドやスタンドがあればよりよかった

 

1/6スケールのULTRAMANとして初めてリリースされた本フィギュアですが、全体の造形はサンプルからさほど劣化なく、各部の細かいマーキングまで詳細に再現されていました。スタンドはありませんが関節や足先などにはダイキャストを使用しており、浮遊ポーズは無理ですがそれ以外は安定して自立させることができます。そして各部のギミックにより可動域が非常に高く、スペシウムポーズや戦闘ポーズなどの幅広い再現が可能です。また目やカラータイマーなど各部ライトアップも再現され、電池もアイアンマンの目のようにすぐに弱くなるようなこともなかった点もよかったと思います。

気になったのはサンプルのほうがレッドのカラーが暗めに見えることと、すでに千値練から早田進次郎ヘッド付きリミッター解除版ULTRAMANが発売決定されていますが、やはり通常版にも進次郎ヘッドを付けてほしかったことですね。そして飛行や空中での戦闘ポーズを再現できるスタンドがあればよかったです。

このスケールで私も多くのホットトイズのアイアンマンをレビューしてきましたが、このフィギュアは確かにそれを超える幅広い可動性を実現していました。そしてダイキャスト使用によって重量感を出すだけでなく、自立の安定性も高めていたのもよかったと思います。現在このバージョンはプレミアがついているので、どうしても通常版がほしい人以外は今後予約開始になるリミッター解除版を待ったほうがいいかもしれません。今後はスタチューなども出ますが、現時点ではULTRAMANのフィギュアとしては決定版だと思います。今後もセブンなどシリーズは続きそうで、これらも大いに期待できそうです。ただほしい人が後からでも買えるように、限定でなく一般販売で買えるようにしてほしいのと、値段はこれ以上は上げないでいてほしいです・・・。


それでは本日はこれにて。

 

bnr_UAxSHF_ULTRAMAN_SV_A01_fixbnr_UAxSHF_ULTRAMAN_SV7_2_A01_fix
ULTRA-ACT × S.H.Figuarts ULTRAMAN SUIT ver 7.2
ULTRA-ACT x S.H.Figuarts ULTRAMAN Special Ver.(2016年2月22日23時予約終了)



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグキーワード
Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
                 
          
          
          
          
          

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ