ホットトイズ バットマン・リターンズ バットマン&ブルース・ウェイン レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ バットマン・リターンズ バットマン&ブルース・ウェイン レビュー

バットマン&ブルースウェインセット TOP
ホットトイズ バットマン・リターンズ バットマン&ブルース・ウェイン レビューです。

 





 

(全体像)
DSC06323DSC06326DSC06328bm05

前作版よりもマスクはスマートになり、腹部のデザインが変更されている点も再現されています。サンプルからさほど劣化はないでようですが、前作版にあったマントを広げるための棒などは付属していませんでした。マントには4本のワイヤが仕込まれており、ある程度は形状を変えることができます。

ちなみに台座には前方にライトアップ機能がついていました。ただフィギュアを強く照らせるほど光量はないので、あまり使わないかもしれません。

(各部)
DSC06333DSC06334DSC06337
ヘッドは前作版よりも上下に長くなって丸みがなくなったように見え、劇中の形状をかなり再現できています。

 

DSC06344

DSC06346
今回の眼球可動は左右それぞれを動かす仕様になっており、上下左右に自由に動かすことができます。眼球は専用の棒を使用して動かせます。

DSC06387DSC06386
交換用の口元のパーツが3種類付属します。こちらも専用の棒を使用して取り外すことができます。ただ2種類は同じように口を開いたものなので、もう少し違った口の形のものにしてほしかったですね。

DSC06349bm04bm02
胸部、脚などのスーツはラバー素材で再現されていました。見た目は問題なく仕上がっていますが、ブーツは一応左右に動かせるとのことでしたが、ブーツが硬く実際にはほとんど動かせませんでした。

bm01
バットマンの肘はクリック式関節により曲げることができ、腕自体も真上は無理ですが前後左右に動かすことができます。脚もひざ関節は90度ほど曲げられます。しかしそれ以外はラバーのスーツの干渉が強く、曲げてもほとんど戻ってしまいました。

 

DSC06380DSC06381
ユーティリティーベルトは右側に磁石がセットされており、グラップネルガンと無線信号妨害機をセットすることができます。

(オプション)

DSC06375
ハンドは9種類とジョイントが4つ付属します。

オプション
グラップネル・ガン、ナパーム・パケット(×2)、バットラング ラインランチャー、バットモービルのリモコン、無線信号妨害機、ラインランチャーライン(×2)が付属します。

hou
ラインはラインランチャーに取り付けることができます。


破れたバットカウル
DSC06307
DSC06309
DSC06314DSC06318
DSC06310
破れたバットカウルは上部と下部が別パーツで付属します。

 

DSC06356
専用スタンドの台座には、雪に埋もれたバットマンマークがあしらわれています。

 

ブルース・ウェイン

DSC06266DSC06268DSC06270

bw01
タキシード姿のブルースウェインでフィギュア化されており、シャツもタキシードに合わせたデザインのものを着せてあります。首の蝶ネクタイがずれやすいですが、それ以外はスーツは腰あたりが締まった少し細めのシルエットやボタン等の再現も問題なく仕上がっていました。

 

DSC06275DSC06276DSC06279DSC06281DSC06283
ヘッドは劇中のマイケル・キートン氏よりも左右に太目に見えるのですが、おおむねは再現できていると思います。

 

DSC06284
正面に垂れた髪の毛も詳細に再現されています。

DSC06289
蝶ネクタイ自体は問題ないですが、左右にずれやすいので注意が必要です。

DSC06298DSC06299DSC06296
全身のスーツやブーツなどにも不具合はなく、無難に仕上がっていました。

 

DSC06305
ブルースのスタンドの台座には、こちらも雪に埋もれたバットマンマークがあしらわれています。

DSC06320
ハンドは6種類付属します。

 

(そのほか)
DSC06393
DSC06400DSC06406DSC06407DSC06414DSC06425DSC06428batmanlast03batmanlast05batmanlast04DSC06433DSC06431
バットマンはあまり動かせなくても立たせるだけでかなりかっこいいのですが、アベンジャーズキャラは可動性の改善がなされていることもあり、バットマンももっと動かせるように改善してほしかったですね。

DSC06443DSC06444DSC06471DSC06449batmanlast01batmanlast02 DSC06467
ブルースウェインのヘッドをバットマンにセットできるので、劇中でマスクを脱いだ際を再現できます。ただ劇中では目の周りは黒塗りだったと思いますが。

 

以上、短めですがホットトイズ バットマン・リターンズ バットマン&ブルース・ウェイン レビューでした。

 

(総評)
よかったところ
バットマンはシルエットなどかっこよく再現できている
劇中で使用した多数のアイテムが付属

気になったところ

バットマンは腕とひざ以外の可動性が低い

バットマンは可動性は低いですが見た目はかっこよく再現されており、多数のアイテムを使用することでディスプレイするバリエーションを増やすことができます。ヘッドは眼球可動が可能で、フィギュアが動かない分目線を動かしてディスプレイの幅が広げられています。 ブルースウェインは全体的なシルエットは問題なく仕上がっており、当時のマイケルキートンのヘッドを若干太目ですが概ねは再現しています。
気になったことは、腕と足は若干動きますが腰はラバースーツの干渉があってどちらに曲げても戻ってしまいます。そのためまっすぐ立つか少し脚を曲げた状態でのディスプレイしかできないです。もう少しここは改良がほしかったですね。 個人的にはマントを広げるギミックを付けてほしかったですね。

バットマン単体でも見栄えはしますがあまり動かせないので、ウェインのヘッドと換装して楽しめる点でセットのほうがプレイバリューは高いと思います。動かしていろいろなポーズをとらせたい人には向きませんが、あまり動かさずにディスプレイしたいならばいいかもしれませんね。

バットマンリターンズからはペンギンやキャットウーマンも出てほしいですが、最近はホットトイズは新作ばかりに力を入れているので出ないままかもしれません。そして眼球可動ももっと付属してほしかったですが、DXシリーズも最近は情報がないのでこのまま終わりになりそうなのが残念です。

それでは今回はこれにて。

 



ホットトイズ バットマン・リターンズ バットマン&ブルース・ウェインセット(楽天)(ヤフー)(駿河屋)
ホットトイズ バットマン・リターンズ バットマン(楽天)(ヤフー)(駿河屋)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
                 
          
          
          
          
          

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ