メディコムトイ RAH DX 仮面ライダーBLACK RX Ver1.5 レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

メディコムトイ RAH DX 仮面ライダーBLACK RX Ver1.5 レビュー

z14
今回は、メディコムトイ RAH DX 仮面ライダーBLACK RX Ver.1.5 レビューです。

 

 





 

 

 



(全体像)
z01z02z04 
先に発売されたRAH DX 仮面ライダーBLACK Ver1.5と同じく大型化しています。劇中よりはまだ細身に見えますが、首部分、胸部部分など新規パーツが使用されており、全体的なプロポーションは前バージョンより良くなっているように見えます。

 

(各部)

RX head02RX head03 RX head04
ヘッド付近での違いは、首部分が前バージョンとは違って分割したパーツで構成されていました。アンテナはブラックリニューアルとは違ってもう一つずつスペアが付属していました。

DSC00404
胸部パーツはRXのマークが前作よりも白くなり、腹部のサンバスクも前バージョンから変更されていました。

DSC00426
右腕にはリストビットが塗装のズレ等もなく再現されていました。

DSC00406
腰のベルトであるサンライザーも付属。外見は前バージョンと同じように見えますが、正面の劇中での発光部分の塗装が少し違うように見えました。


DSC00407
パンツ部分は前作版と同じくかなりきつめにはかせてあり、見栄えは問題ないのですが脚の可動性が制限されているのが残念でした。

 

DSC00408
前作の太腿から生地が変更されたようで、カラーはより深いグリーンになり生地自体も前バージョンのようにすぐにけば立つこともなく良好な状態でした。


DSC00410
ひざから下はラバー製のすねと踝部分が装備され、靴と同様に質感も申し分なかったです。

 

(可動性)DSC00398DSC00399DSC00401DSC00402
前バージョンは頭部の少し傾けると外れてしまったのですが、このバージョンでは上下左右に動かせるようになりました。
ただ首を曲げすぎると、首パーツ同士がはさまってしまうこともあるので注意が必要です。

 

DSC00413
肩はマジックテープで肩アーマーと接続されており、前バージョンとは違って真上にも腕を上げやすくなっていました。ひじは100度ほど曲げることができました。

DSC00423
肩の関節は上下左右に少し引き出すことができ、腕を少し正面側に動かすことができます。

 

DSC00415
腰は左右に90度回すことができます。

DSC00428DSC00430
腰は前後には前後に写真くらいまでは十分に曲げられました。

 

asi
脚は左右に両足あわせて90度ほど開きます。足先は前後左右の可動性が高いので、接地性は高めでした。


DSC00435DSC00437
脚は前方に60度ほど上げられます。ただ私の購入分では前バージョンと同じもしくは少し狭い感があったので、個体差でないならばここは改善してほしかったですね。

 

(オプション)

RX hands
ハンドは開き手、ポーズ手、握り手が左右一つずつ、リボルケイン用の持ち手が右のものが一つ付属します。

ribble cane
リボルケインは前バージョンと同じく、発光、非発光バージョンの刃部分が付属します。

あとBLACKにも付属した新スタンドが付属します。

 

(そのほか)

変身ポーズのまね
henshinRX07
henshinRX01henshinRX02henshinRX03henshinRX04henshinRX05henshinRX06henshinRX08henshinRX09henshinRX10henshinRX11

henshinRX13
 仮面ライダー01
ブラック01ブラック02R!01R!02X!01
X!02x03 

henshinRX12

z15

z07

z05


RXtwitter2 ribble
 s01RXtwitterRX02z10ribble cane 01

z13RX04

 

RX01 
Ver2.0も来るので、Ver1.5シャドームーンを通常敵役として代用

ribble crash01ribble crash04
RXgousei
Ver1.5のシャドームーンは今回のRXよりも背が小さいので、近々発売されるVer2.0の到着が待たれます。


ブラックと
BLACK&RX
かつてディケイドで共闘した感じで。放送当時に倉田てつをさんが続編をやれたらと言っていたのですが実現せず残念でした。現在はアマゾンズも製作されているので、そのうち実現してほしいですね。


sinnka
これで仮面ライダーBLACK、RXのリニューアルバージョンが揃いました。どちらも現時点ではこのサイズでの決定版ですね。ただどちらも脚がもう少し可動域があれば・・・。

以上、メディコムトイ RAH DX 仮面ライダーBLACK RX Ver1.5 レビューでした。


(総評)
良かったところ
素体と胸部パーツの改良により、プロポーションが改善
首部分の改良により、前後左右にヘッドを動かせるようになった
肩アーマーが肩に貼り付けられているので、腕の上方可動域が拡張

気になったところ
脚の前後の可動域が狭い

今回のRXは前バージョンと比較して胸部等のパーツが改良されており、よりプロポーションが良くなりました。さらに首や上半身の改善により可動域が向上しており、リボルクラッシュや変身ポーズなどに十分対応できます。残念なのは脚は左右にはそこそこ開きますが前後の可動域が狭く、私の購入分では劇中で印象的なRXジャンプなどを取らせることがきないのが残念でした。それ以外は劇中よりは細身ですがプロポーションも良く、座りやジャンプ以外のポーズにはほぼ対応できると思うので、このサイズのRXが欲しい人は前バージョンより高いですが購入を検討していもいいかもしれません。

次はVer2.0のシャドームーンが発売予定になっており、これも素体の大型化だけでなく完成度が期待できそうです。それでは今回はこれにて。

 

 


(関連レビュー)
メディコムトイ RAH DX 仮面ライダーBLACK Ver1.5
メディコムトイ RAH DX シャドームーン Ver2.0

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
                 
          
          
          
          
          

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ