ホットトイズ バットマン&スーパーマン(2体セット)バットマン 【ムービー・マスターピース】『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』より レビュー 前編 - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ バットマン&スーパーマン(2体セット)バットマン 【ムービー・マスターピース】『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』より レビュー 前編

batmantop

今回は、ホットトイズ 【ムービー・マスターピース】『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 バットマン&スーパーマンのレビューになります。今回は主にバットマンのレビューになります。

 





(全体像)
batmanadd01
bat01bat02bat03 
サンプルの画像ではやや太り気味の感じに見えていましたが、製品版では劇中のマッシブな体型を改良して再現しており、特に上半身の筋肉の表現が素晴らしかったです。全身を覆うスーツ表面の細かい模様の再現性も良く、バトルダメージ処理やウェザリング塗装は等は少なめですがそれでも十分な質感を出せていました。マントは下部分端の破れやウェザリング塗装が施されていました。

 

(各部)
bat04bat05bat06bat07bat08
ヘッドはサンプル画像より少し細目かつ眉間の部分が若干サンプルより険しくなった気もしましたが、そのほかについては問題はなく、カウル及びベン・アフレック氏の目や口付近も問題なく仕上がっていました。劇中ではないものの、この造形のまま素顔のヘッドが付けばさらに良かったですね。

 

 

bat09
バットマンマントのマスク付近の端にはワイヤが仕込まれており、首の上げ下げなどの際にマントの端とボディに隙間が出るのを隠すこともできます。

 

 

bat10
上半身のスーツは、表面にキズが施された胸のバットマンマーク、劇中に近いスーツ表面、盛り上がった肩や腹部分かれたの筋肉など、劇中での激しい戦闘を繰り広げたバットマンのイメージを十分再現できていました。

 

 

bat11bat12
腰のユーティリティーベルトは、ゴールドの塗装及びキズやウェザリング塗装が綿密に施されており、質感も十分でした。

 

bat13
腕にはバットマンが戦闘でも使用する腕の突起もユーティリティーベルトと同様の塗装が施されており、ハンドパーツの拳の部分にも施されていました。

 

bat14bat15
脚やブーツ等も特に問題等なく仕上がっており、足先には若干ですがウェザリング塗装も施されていました。

b38
背中はマントで常時隠れていることもありますが、スーツのチャックが見えています。

b36
b37
後方も特に目立った不具合もなく、問題なく仕上がっているようでした。

 

(オプションパーツ)

b16
バットラングは4つ付属していました。


b17
グラップネルガン専用のアンカーは、先端に取り付けて使用するものが3つ付属しました。ワイヤが伸びたものは、ワイヤ部分が金属製になっていました。

 

b18
アンカー2個、グレネードガン2つが付属します。


b19
ハンドは握り手、開き手、銃持ち手が左右一つずつ付属し、右バットラング持ち手、焼きごて専用右手が付属しました。

 

yakigote
劇中で使用した焼きごては、専用ハンドを使用して持たせることができます。


目線パーツ

b21
今回のバットマンは、ダークナイトのバットマンとは違って眼球可動システムが搭載されておらず、正面、上目、左視線の3種類のパーツが付属します。

b22
headsinside
フェイスパーツ後方には専用スティックを挟む部分があり、これをステックに固定してヘッドの内側上部に取り付けます。なおヘッドを取り外す際には、説明書のとおりバットマンを額を押しながら上に引っ張ると、ボディから外れやすいと思います。

 

 

b23
フェイスパーツは口を閉じたもの、半開きのもの、歯を食いしばったものの3種類が付属しました。口からのぞくはや歯茎などもリアルに再現されていました。

bat04

kuti02kuti04
写真のとおり、目とフェイスパーツの組み合わせで、複数の表情を再現できます。ただ目線が右向きのものがなかったので、それは用意してほしかったですね。視線を調節するのがめんどうと思う人はこちらのほうがいいですが細かく目線を調整したい人には物足らないと思うので、やはり眼球可動システムが廃止されたのは痛いですね。


スタンド
b24
バットマン専用のスタンドは、通常のクリップで挟み込むタイプではなく下から支えるタイプになっていました。台座には映画のシンボルが立体的に再現されていました。


b26b27b28
台座のシンボルは、上に引き出して支えを展開することで、前にせり出した状態にできます。

スナイパーライフル
スナイパーライフル01スナイパーライフル02
トイサピエンス限定版では、劇中で使用したスナイパーライフルが付属します。

b01
ライフルのスコープは前後に動かせます。ただ前後とも少し動かすとレールより外れてしまうので、そこまで動かす必要はないかもしれません。

rifle01rifle02
ボルトハンドルも上下に動かせ、ボルトを手前側に引き出すこともできました。



b03


b04
ライフル下部の二脚は、それぞれ下に下して銃を安定して支えることができます。

 

 

b05
説明書にはありませんでしたが、マガジンも取り外しできました。

 

 

グレネードガン

b06b07
劇中でもかなり活躍したグレネードガンが付属します。給弾のためのギミック等は残念ながら再現されていませんでしたが、外見等は特段問題はない出来でした。


b08
ストックは後方に引き出すことができます。

 

 

b09b10
付属のグレネードガン用弾薬を、銃口にセットすることができます。

 

グラップネルガン

b11b12
劇中でも活躍したグラップネルガンは、可動部位はないものの銃身のメタリック塗装やグリップの木目調の塗装での再現など問題ない作りでした。

 

 

b13b14
グラップネルガンの先端には4種類のアンカーをセットすることができます。

 

b15
未展開のアンカーは側面に二つ装備することもできます。

 


バットカウル
b29b30b32b31b33b34b35
トイサピ限定のボーナスアクセサリであるバットカウルは、表面の塗装や内部の機械部分や配線、レンズなど細かく造形されていました。ただ可動部位や着脱してバットマンにかぶせたりはできないので、そのままディスプレイするのがよさそうでした。

 


(可動性)

DSC03494DSC03495DSC03498
首は前後の可動域は割と広く、左右回転は問題なくできました。ただ左右に頭部のみを傾けるのは若干でした。

 

DSC03530DSC03533
説明書にあるとおり、腕は左右に約90度上がり、肘は約90度曲がります。

 

DSC03534DSC03539
ちょっとわかりにくいですが、肩は上下に少しですが動かせます。同様に前後にも肩を少し引き出すことができます。

 

DSC03542DSC03547
腕は前方、後方には90度は十分に上がり、無理すれば真上近くも上げられます。ただそうするとスーツをかなり引っ張るので、スーツの劣化や破損を気にする人はそこまではあまり動かさないほうがいいかもしれません。

 

 

DSC03550DSC03549
胴は腰を基点に少し左右に回転できました。

 

DSC03554DSC03561
腰は前後にそこまで深くはないですが、曲げられます。

DSC03566DSC03567
脚は前方には70度ほど、ひざは90度曲がります。脚自体は90度までは曲がりますが、少し戻ってしまうので70度ほどが限界だと思いました。

DSC03564
脚は左右に70度ほど開脚できます。これ以上開くとスーツの股が裂けそうなので注意が必要です。

 

DSC03572
足先はボールジョントにより、前後左右に可動域があるので接地性は高かったです。

 

(そのほか少し)
batman12batman09batman04batman20batman21
batman07batman14batmanadd06batmanadd07batmanadd09batman15batman10batman11batman01
batmantop

batmanadd02
後編でも多分使用するので、今回はここまで。

以上、ホットトイズ バットマン&スーパーマン(2体セット)バットマン 【ムービー・マスターピース】『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』より レビュー 前編 でした。

(総評)
(良かったところ) 
ヘッドは劇中及びサンプルからさほど劣化なく再現
劇中のスーツ表面の質感と大柄な身体を見事に再現
可動性も高めのうえ関節も固めなので安定したポージングが可能
武装も豊富なので様々な劇中場面を再現したディスプレイが可能

(気になったところ)
眼球可動システムが廃止され、パーツ交換が少し面倒
ベン・アフレック氏のヘッドもあればより良かった

 

ダークナイトトリロジー版のバットマンからついにリリースされた新しいバットマンでしたが、劇中の屈強な身体を再現しスーツの質感も申し分ない出来でした。さらにスーツが同様の素材だったアーカムシティバットマンとは違って関節の保持力が増しており、腕や脚を深く曲げた状態でも安定してポーズをとらせることができました。オプションパーツも武器や表情パーツなど豊富で、様々な武器を使用した劇中シーンのをイメージしたディスプレイに対応していました。

ただ残念な点は、眼球可動システムが廃止されて目のパーツをいちいち交換しなければならない手間と、右目線のパーツがなかったことでした。また、劇中ではこのスーツの時はないものの、ブルース・ウェインの素顔のヘッドもあればさらに良かったですね。まあ最近のバットマン単品には素顔のヘッドがないので仕方ないかもしれませんが・・・。

今回のバットマンは値段は高いものの完成度はかなり高く、多数の武器でいろいろなポーズを取らせてディスプレイしたい人にはおすすめできるフィギュアだと思います。ジャスティスの誕生からはワンダーウーマン以外はフィギュアは出そうにないですが、ワンダーウーマンは可動部位がかなり少ないと書いているので可動性を改善したものが今後出るのかどうか気になります。

後編はスーパーマン中心の予定です。
それでは今回は一旦はこれにて。

 


ホットトイズ バットマンVSスーパーマン バットマン(あみあみ)(楽天)(amazon)(駿河屋)
ホットトイズ バットマンVSスーパーマン スーパーマン(楽天)(amazon)
ホットトイズ バットマンVSスーパーマン ワンダーウーマン(楽天)(amazon)(駿河屋)

後編はこちら
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
                 
          
          
          
          
          

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ