ホットトイズ バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生  アーマード・バットマン レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生  アーマード・バットマン レビュー

 

batmanlast05
今回は、ホットトイズ バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生 アーマード・バットマン レビューです。

 





(全体像)

am01am02am03
通常のバットマンスーツの上からアーマーを着せた、重厚な体型をそのまま再現できていました。
全身のアーマーはそれぞれキズやウェザリング塗装が施されており、劇中のそのままのイメージでフィギュア化されているように見えました。

backbat
ケープは通常版のものとは違って2枚の布で構成されていました。先端部分にはほつれ等のダメージ処理とウェザリング塗装が施されていました。


(各部)

am05am06am07am08
ヘッドには多くのキズが施されており、汚し塗装なども申し分ない再現度でした。目の部分はライトアップしない状態でも白く見えるので、ライトアップなしでディスプレイでもさほど違和感はないように見えます。

am12
ヘッドは裏側のスイッチをONOFFすることで、目の部分をライトアップできます。口パーツも交換することで、歯を食いしばった状態を再現できます。なお、歯を食いしばったほうの口パーツは、通常パーツと比べてヒゲを再現した塗装が薄めですが、遠目ではさほど気にはならないと思いました。

 

am09am10am11
胸部のアーマーにはユーティリティーベルトが装備されており、ベルトは後ろでマントに接続されているので取り外しはできませんでした。ベルト及びアーマーのウェザリング塗装など問題なく高い質感を再現していました。

 

am13
腹部のベルトやその下に見えるバットマンスーツも、通常版のスーツと同様の素材を使用して違和感等もありませんでした。ベルトはアーマーとの色の違いも再現されていました。ただベルトは背中のパーツと接続されているため、無理に取り外したりはしないほうがいいかもしれません。

 

am14am15
脚のアーマー及びブーツの造形、質感等も問題ありませんでした。

am16am17am18
劇中ではほとんど見えませんでしたが、背中の部分のアーマーも手ぬかりなく再現されていました。


asiura
足の裏には劇中通り鋭いスパイクが再現されていました。

 

(オプションパーツ)

hands
ハンドは、開き、握り手が左右、グラップネルガン持ち手、グレネードガン持ち手ともう一つの右手が付属していました。

 

グラップネルガングラップネルガン01
劇中でのアーマー使用時のグラップネルガンも付属し、造形や塗装等はサンプルと比較しても塗装されてない場所もありますが、劇中でもかなり暗い場面で見えないこともあるので、さほど気にならないと思います。専用ハンドで持たせることができますが、通常版のようにアンカーが取り付けられるようにしてもよかったですね。

 

am19
通常版バットマンと同じ型の台座が付属します。同様にロゴが立ち上がるギミックがあります。
あとはグレネードガンと弾丸二つが付属しますが、通常版バットマンのものと同じなので、そちらのレビューを参照願います。

ホットトイズ バットマン&スーパーマン(2体セット)バットマン レビュー 前編

 

可動性
DSC04558
腕の可動域を広げるために、肩パーツと腕のアーマーのロックを外す必要があります。

 

DSC04556
腕は横に70度まで上がります。実際はもう一段上にまで上がりそうですが、スーツにダメージが出そうなので無理にはしないほうがいいと思います。

 

DSC04563
肘は約90度曲げられます。これ以上曲げてもスーツの干渉で戻ってしまうため過剰に曲げないように注意が必要です。

 

DSC04581
腰はアーマーの干渉もあり、左右及び前後ともわずかにしか動かせませんでした。股は左右には45度ほど開きます。こちらも無理すればもっと開きますが、股のスーツが裂ける可能性があるので無理にはしないほうがいいと思います。

 

DSC04587
ひざは約70度曲げられます。アーマーの干渉により、これ以上は曲げられないようでした。

DSC04578
脚は後方に45度ほど曲げられます。

 

DSC04586
足先はボールジョイントにより、前後左右とも可動域は広めのため接地性は高かったです。

 

 

(そのほか)

bat01bat02bat03bat05bat04bat07bat08

bat13

bs09

a03batmanlastBS08a02bs01a01batmanlast02batmanlast04batmanlast05
劇中ではスーパーマンの圧倒的なパワーに押されつつも、様々な策をめぐらしてかなり追い詰めましたね。アーマー自体はバットマンのパワーを強化するものではないので今後は厳しそうですが、また今後の作品で出てほしいですね。

以上、ホットトイズ バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生 アーマード バットマン レビューでした。

 

(総評)
良かったところ
通常のバットマンスーツにそのままアーマーをかぶせたような大柄の体型を良く再現
アーマーの造形及び質感も問題ない仕上がり
目のライトアップとマスクの交換により、劇中のバットマンのヘッドを再現可能
 
気になったところ
アーマーの干渉で全体的に可動性は低いが、特に肩の可動域が低いのが残念
劇中での重要武器であるクリプトンナイトの槍、顔が半分見える破損マスクがあればよかった
 
劇中でのアーマーをまとった重厚なフォルムを見事に再現し、アーマーのウェザリングやキズなど質感も申し分なかったです。
劇中通り目をライトアップでき、口パーツ交換することで戦闘時をイメージしたディスプレイが可能でした。
残念な点はアーマーの干渉もあり大きくポーズをとらせることは難しいので、無理してスーツを破損させないよう注意が必要です。そして付属品は極端に少ないわけではないですが、通常版のパーツの数を考えるともう少し充実させてほしかったですね。特に重要武器であるクリプトンナイトの槍と、劇中でのブルースの顔が半分見える半壊ヘッドがなかったのが惜しかったです。

残念な点はありますが劇中のアーマーの再現性はかなり高いので、あまり動かさずにディスプレイしてもいいならば購入を検討しても問題ないかもしれません。 このシリーズでは次のワンダーウーマンですが、最終ボスは大きすぎるため出ないと思うので後はスーサイドスクワッドに移行しそうです。ワンダーウーマンは製品仕様からもともと腕すら動かせなさそうな感じですが、製品版でどこまで改良されるか気になります。


それでは今回はこれにて。

 


(関連レビュー)
ホットトイズ バットマン&スーパーマン(2体セット)バットマン レビュー 前編
ホットトイズ バットマン&スーパーマン(2体セット)スーパーマンレビュー 後編

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ