ホットトイズ シビルウォー/キャプテンアメリカ アントマン レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ シビルウォー/キャプテンアメリカ アントマン レビュー

civil war antman top 
今回は、ホットトイズ シビルウォー/キャプテンアメリカ アントマン レビューです。







(全体像)
ant11 
 
今回のアントマンはシビルウォーで登場した単独作版よりリニューアルされたスーツのアントマンです。ヘルメットやスーツは、単独作版からデザインの共通点はあまりなく、ほぼ新規に作られたものを使用していました。ヘルメットや体にあるシルバーのパーツは光沢の高いシルバーカラー塗装で仕上げられており、劇中の雰囲気を損なわずに立体化できていました。なお、体にあるランプは通常のアントマンの時のレッド色になっており、ジャイアントマンになった際のブルーへの変更はできませんでした。

(各部)

DSC00749 
アントマンのマスクは単独作品版よりも近代的なデザインになり、劇中のイメージに近い光沢の強いメタリックシルバーで塗装されています。


ant06
目は単独作品版と同じく中にスコットの目のパーツがあり、劇中でのアップのシーンで見える目の状態を再現できていました。


ant08ant09
マスクは劇中や前作版のようにオープン等のギミックはありませんが、頭部や頭部パーツの模様など劇中に近い造形になっていました。

ant07
ただスコットの目がある分ヘルメットとして手に持たせた際には違和感はありますが、目が見えない角度で持たせればいいかもしれません。

DSC00390DSC00398DSC00392
スーツ表面には前作版と同様にエンボス加工が使用された凹凸が施され、肩近くのコードやベルトや各部パーツなども劇中のイメージに近く再現できていました。

DSC00399
腕のパーツや手の甲には頭部と同様に光沢の強いシルバーの塗装が施され、手にはスイッチもちゃんとありました。

DSC00396
すねは劇中スーツとは違って中央のレッドのラインは造形では再現されていませんでしたが、脛のカバーをブーツの溝に入れるようになっていました。

 

DSC00405DSC00407DSC00410DSC00411
背面のデザインも別段不具合もなく仕上がっていました。ちなみに各部のランプ等のカラーはレッドに統一されていましたが、贅沢をいうならばここをブルーに変更できればジャイアントマン状態も再現できたので交換仕様になっていたもよかったかもしれませんね。


(ライトアップ)
light03
ライトアップは頭部カバーを外してスイッチ操作を行います。 ただこの電池カバーには LR621 1.5V×2と書いている上に付属の電池は二つなのに対して、説明書にはAG1/LR621電池を3個使用すると書いてあるので、どちらが正しいのか判断できませんでした。(このレビューでは付属電池2個を使用して撮影しました)



ライトアップ
light01light04 
付属の電池二つを入れてスイッチを入れると、両目上部、口左右の2か所ずつがライトアップできます。目は若干下のライトアップ部分よりも暗いですが、劇中でも目のライトアップは暗めだったのでそこまで問題には見えませんでした。ただ連続点灯していると、目のライトアップは一番先に暗くなって見えにくくなるのが残念でした。

light02
後頭部の中心もライトアップされます。 一方電池を3個入れてもライトアップはより強くなる以外は不具合はないのですが、電池2個と3個使用のどちらが正しいのかはっきりしてほしかったですね。

(オプションパーツ)
スコット・ラング ヘッド
DSC00735DSC00737DSC00738DSC00740DSC00743headback
今回のスコットのヘッドは前作のようにマスクの中に再現されているのではなく、マスクを脱いだ状態がマスクとは別に付属していました。造形は前作版とは違って目のまわりのくぼみやしわは深く険しい表情になっていましたが、造形及び塗装はサンプルから劣化も少なく仕上げられてました。
 

DSC00780
ハンドは握り、開き二種類が付属します。ジョイントは写真にはありませんが4つ付属します。できれば前作版と同様にスイッチ使用の際の手もほしかったですね。

 

スタンド
DSC00414
スタンドはネームプレートはアントマンとなっている以外は、他のチームキャップのデザインと同じものが付属していました。


ミニアントマンフィギュア
miniant06miniant04miniant05miniant07 
アントマンにも、ミニアントマンが付属します。ポーズは直立で立っている状態でした。顔の目の部分の大きさが左右で違ったりと粗いつくりですが、ホークアイ付属分よりも詳細でそのほか体のライン等も粗いながら再現されているので、遠くから見るならばこのサイズではいいかもしれません。


minimant01
ミニフィギュアは、専用のスタンドに立ててディスプレイできます。


(可動性)
DSC00464DSC00466
ヘッドは頭部ののデザインと首がほとんど動かないこともあり、前後の可動域はあまり広くはありませんでした。

DSC00468
ヘッドは左右には30度ほどは傾かせることができます。

DSC00472
首のボールジョイントのため、ヘッドは360度回転可能でした。

 

DSC00474
説明書どうり、腕は前方には約70度ほど上がります。前作版と違って肩スーツの干渉がないのでもう少し上がりそうでしたが、衣装が破損する可能性もあるので注意が必要です。

DSC00476
説明書どうり、腕は左右にも45度開くことができます。こちらも80度ほどまでは上がりそうですが、動かす際は破損に注意が必要です。

DSC00502
後ろには約70度ほど上がります。こちらももう少し上げられるかもしれません。

 

DSC00478
ひじは120度曲げることができます。

DSC00481DSC00482
腰は前作版はほとんど動かせなかったのに対して前方には20度ほど曲げられました。ただ後方にはほとんど可動域がなかったので、もう少し動かせるようにしてほしかったですね。

 

DSC00486
脚は前方には40度ほど動かせます。これ以上動かしてもスーツの干渉で元に戻ってしまうので、これくらいが限界かもしれません。

DSC00489
左右にも40度ほど開くことができます。こちらもこれ以上曲げると戻ってしまうのでこれくらいが限界と思います。


DSC00493
ひざは説明書どうり110度ほど曲げられます。ただしっかり曲げておかないと90度ほどに戻ってしまうことも私の購入分ではありました。


DSC00505
脚は後方には約20度ほど曲がります。

DSC00497
脚は開脚させると、80度弱開くことができます。


DSC00498DSC00500
足先はボールジョイントにより前後左右に可動性は前作版よりもあるようですが、深く曲げると外れるので注意が必要です。

 

(そのほか)
antman06ant13antman01antman02antman04antman08ant15scot01ant14antman18antman17ant10antcap01antman13 
以上、ホットトイズ シビルウォー/キャプテンアメリカ アントマン レビューでした。


(総評)
良かったところ 
頭部などのシルバー塗装の部分において、劇中と違和感ない光沢を再現
スコットヘッドとスコットの目を再現したマスクが付属 
可動性は前作版よりも肩、腹部など少し改善

気になったところ

ライトアップの使用電池は、3つ使用か2つ使用かはっきりしない。

今回のアントマンは劇中での強い光沢を持つヘルメットやパーツを塗装で再現し、頭部やスーツも前作版ほど質感はないもののほぼ劇中のデザインを再現できていました。今回はライトアップ機能ヘルメットとスコットヘッドが別々に付属するためマスクをオープンにした状態は再現できないですが、ヘルメットにもスコットの目が見えるようになっており手を抜かず作られていました。スコットのヘッドは表情が険しいものの造形や塗装は問題なく仕上がっていました。 可動性は肩や腹部がデザインの変更で前作版よりも少し可動域が広くなり、全体的には可動性が高いほうではないですが前作版よりも動かしやすくなっていました。

気になったところは、あとライトアップの使用電池が説明書では3個となっているのに電池カバーには2個と書いてあるので、どちらが正しいのかはっきりと明記ほしかったですね。あと身体のレッドのランプをブルーに変更してジャイアントマン状態を再現できたり、前作版と同様にマスクオープンできるようになっているとよりよかったですね。 可動性も劇中では走り回る印象が強いアントマンなので、改善したもののもう少し動かせるようになっていてほしかったですね。

惜しい点はありますがヘッドや全身のスーツの劇中からの再現度も高いので、シビルウォーのスーツが気にっている人やチームキャップを集めている人は購入を検討してもいい出来だと思います。ホットトイズのシビルウォー関連は、今後は香港で発売されたスカーレットウィッチ、ウィンターソルジャー、ブラックパンサーとリリースが続くようです。 ただマーク46はパワーポーズすら発売されていないので、全身各部のライトアップギミックに時間がかかっていそうなので今後より遅れないか気になりますね。

それでは今回はこれにて。

 


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
                 
          
          
          
          
          

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ