ホットトイズ スーサイド・スクワッド ジョーカー (バット・コスプレ版)レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ スーサイド・スクワッド ジョーカー (バット・コスプレ版)レビュー

joker07 
遅れましたが今回は、ホットトイズ スーサイド・スクワッド ジョーカー (バット・コスプレ版)レビュー になります。





 


(全体像)
cos05cos06cos07cos08
フィギュアのほとんどはバットマンと全く同じものが使用されていますが、配色が全く違っており各部にジョーカーのイメージに合った文字やマークが多数施されていました。またマントも各部に穴が開いた状態になっており、通常版バットマンのマントと比較して差別化されていました。


(各部)

DSC00269DSC00270DSC00272DSC00274DSC00276DSC00278DSC00279DSC00281
頭部は形状はバットマンと同じですが、各部にジョーカーをイメージした文字やマークが描かれていました。

DSC00284
頭部の目のパーツはバットマンと同じものなので、一般販売のバットマンがあれば目のパーツを交換して視線を変えることができます。


DSC00813
口パーツだけは新規造形されたものであり、スーサイド・スクワッドでジョーカーを演じる ジャレット・レト氏の口周りをイメージしたものになっていました。歯の矯正(?)の銀色の部分はサンプル写真よりは光沢はないものの、歯が真ん中から見えるデザインを詳細に再現していました。



DSC00811
胸のバットマークは色がイエローに変更されているだけではなく、焦げたような跡や「JOKER」の文字と血しぶきも上から貼り付けられていました。

DSC00798DSC00796
腰のユーティリティーベルトには、それぞれ×文字やトランプのマークがプリントされており、それぞれ汚し塗装も施されていました。

DSC00316DSC00319
右腕には口の絵が、左腕にはHAHAHAHAとジョーカーの笑い声をイメージしたデザインが施されていました。


DSC00801DSC00802DSC00804DSC00807
脚にもバットスーツの上に多数のマークや絵がプリントされていました。それぞれハゲや塗装の汚れ等もなく詳細に仕上げられていました。


DSC00323DSC00321
マントはバットマンと同じものですが、所々に穴が開いている仕様になっていました。

 

cos03
バットマンとの比較。口パーツのマント以外は同じパーツ及びスーツを使用していることがわかります。

(オプションパーツ)
DSC00326

DSC00331
スタンドは前方に映画のロゴが貼り付けられ、 劇中の床をイメージしたと思われるジオラマが再現されていました。

DSC00334
ハンドは開き、握りが左右、銃持ち手が左右、バットラング用の右手も付属しました。

DSC00336DSC00337 
パーツはグラップネルガン フラグ バットラング×2 などが付属します。それぞれ血で染まったような塗装が施されておりバットマンのものとは差別化されていました。

 


DSC00340
バットマンにも付属していた、目のパーツを取り外せるスティックと予備ジョイント2つも付属しています。 ただスティックはあっても目のパーツの替えは付属していないので、一つくらいは付属させてほしかったですね。

バックボード
DSC00343
DSC00348

DSC00351
ジョーカーをイメージしたバックボードが付属し、フィギュアをディスプレイする際に背景として使うことができます。デザインはジョーカーのイメージに合ったものなので、今後出るジョーカーにも使用してもいいかもしれません。


可動性についてはバットマンと同じため、そちらのレビューを参照願います。
ホットトイズ バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生 バットマン スーパーマン 2体セットレビュー

(そのほか)
cos04

joker14

jokerc01jokerc05 joker06joker08

cos02joker01joker04joker05joker03 joker16

バットマンと
joker11joker19joker15joker18
以上、ホットトイズ ジョーカー(バットコスプレ版) レビューでした。

 

(総評)
良かったところ
造形は口以外はバットマンと同じだが、全体のカラーや各部に施された塗装やマークでうまく差別化していた

気になったところ 
バットマンの眼球パーツを付属してほしかった

今回のフィギュアはホットトイズオリジナルのもので、フィギュア自体やアイテムもほとんどバットマンのフィギュアを流用したものです。しかしジョーカーをイメージした独特のデザインにすることにより、バットマンとよく差別化されていました。付属するアイテムも塗装をジョーカーに合わせており、バットマンと同じものですが違和感なくディスプレイすることができます。
ただ交換用スティックはあるのに目のパーツのオプションがないことと、口パーツももう一つくらいジョーカーのものがあればよかったです。

劇中には出てこないジョーカーのうえにフィギュア自体はカラバリとはいえかなり情報量が多いので、カラバリに興味のない人はいらないと思いますがこのデザインやジョーカーが好きな人は購入を検討してもいいと思います。ただイベント限定だったのでせめてトイサピ限定でネット販売してほしかったですね。

今後はジョーカー コート版、デッドショット、ハーレイクインなど順次発売されますが、それらの出来もがんばってほしいですね。そしてジャスティスリーグのバットマンも出ると思うので、マーベルヒーローだけでなくこちらもしっかりとした品質のものを開発してほしいです。

それでは今回はこれにて。


FIGURE-021770FIGURE-024458FIGURE-021769FIGURE-021768

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
                 
          
          
          
          
          

トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ