メディコムトイ RAH DX 仮面ライダークウガ アルティメットフォーム レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

メディコムトイ RAH DX 仮面ライダークウガ アルティメットフォーム レビュー

kuugautop

今回は、メディコムトイ RAH DX 仮面ライダークウガ アルティメットフォーム レビューです。





(全体)
kuugauw 
TVシリーズ「仮面ライダークウガ」に登場する、五代雄介が変身する仮面ライダークウガの最強フォーム。未確認生命体0号 ン・ダグバ・ゼバに唯一対抗しうる力を持ち、TVシリーズ最終戦においてはダグバと激闘を繰り広げました。TVシリーズ登場シーンは最終戦やその他を合わせてもかなり短かかったものの、後に仮面ライダーディケイドや映画でも登場しました。現在ではライジングアルティメットフォームが登場したためクウガの最強フォームではなくなりましたが、未だに根強い人気を持つフォームです。


kuugaw01kuugaw02kuugaw03 
今まで出たRAH DX クウガのフォームとはフォルムが大きく違い、ヘッドの造形や肩、肘、脚の尖ったパーツも新規パーツを使用して劇中のデザインを再現しています。全身は艶消しのブラックのボディとゴールドラインの縁取りを再現しており、素材の違いよるカラーの違いなどもなく仕上げられていました。

 

DSC04366DSC04367DSC04369DSC04373DSC04374
頭部の角は、劇中通り4本に分かれた形状を再現しており、口の部分もマイティフォームとは違って牙状に鋭い形状になっていました。目は裏面の特徴的なパターンを他フォームと同様に再現していますが、目の表面にはシルバーのラメが施されていました。

 

 

 body
胸部のアーマーはブラックを基調にゴールドとグレーのラインで塗り分けられており、塗装精度も目立った不具合もなく綺麗に仕上がっていました。腕のスーツ部分はゴールドのラインを3Dプリントで再現しており、アーマー塗装部分とのカラーの違いもなくスーツとの接着状態も良好でした。

 

DSC04383
肩のアーマーは他フォームとは違ったシャープな造形を再現しており、先端は触ると痛いくらい鋭く造形されていました。

 

DSC04385DSC04386
手の甲には、4本角のマークが綺麗にプリントされていました。

 

ベルト

DSC04388
ベルトも劇中通り、中央部分が黒くなった状態を再現していました。

DSC04391DSC04393
ベルト上下にプリントされた古代文字も、非常に小さいながらミス等もなくしっかりと再現されていました。

 

DSC04395DSC04397
ベルト左右のデザインも問題なく仕上がっていました。

 

DSC04400
腹部から太腿にかけてのスーツ部分にも3Dプリントされたゴールドのラインとグレーのラインが立体的に再現され、脚を動かしても剥がれたりせずしっかりと接着されていました。

DSC04401
膝当てや脛のシャープなアーマーパーツ、塗装等も不具合なくきれいな仕上がりでした。

DSC04406
脚のアンクレット自体は問題ないですが、足先と脚の間に隙間が見える際は脚アーマーパーツを少し引き下げたほうがいいかもしれません。

DSC04410
足先の造形さしたる問題はなく、脚の裏のモールドも再現されていました。

 

可動性
DSC04413DSC04417

DSC04418
ヘッドは胸部アーマーを少し下げておくと、写真くらいは前後に動かすことができます。左右には360度回転できますが、襟のゴールドのラインをこすらないように注意が必要です。あとヘッドが若干外れやすかったです。

 

DSC04420
腕は肩アーマーの干渉がほとんどないので、前からまっすぐ180度上げることができます。

DSC04425
また、腕は横にも写真のように120度近くまで上げることができます。

DSC04428
ひじは約100度ほど曲げられます。

 

DSC04426
アーマーの干渉があるものの、肩を引き出して腕を前方に動かすことができます。

 

DSC04431DSC04434
腹部はスーツの若干の干渉はあるものの、前後ともそこそこ曲げることができます。

 

DSC04436
左右もそれぞれ40度ほどまでは十分回すことができました。

 

DSC04441
足先は前後左右に可動域があるので、接地性はかなり高かったです。

DSC04442
股は180度は無理ですが、150度ほどまで開脚できました。

DSC04447DSC04444

脚は前方は約75度、後方は50度ほどは十分に可動域があります。

 

DSC04451

ひざは約100度まで曲げることができました。

さすがに素体そのままとはいきませんでしたが、腕の可動性はいままでのRAH DXのライダーの中でもトップクラスで、脚もかなり動かせる部類だと思います。

 

オプションパーツ

kuugahands
パーツは開き、握り、ポーズ、超自然発火能力用手(?)が左右付属します。

そのほかにも、写真はありませんが、プラスチック製のスタンドが付属します。

 

(そのほか)

kuugau18kuugau16

kuugau12
 

 
kuugau04 
kuugau07kuugaw07
kuugau13kuugau08kuugau14kuugaw08kuugau11kuugau06kuugau10

 
ダークアイズ

darkeyes
 kuugaw10
フォトショップで目をダークアイズ風にしてみましたが、かなり雰囲気が変わりますね。ディケイド本編、映画でもこの姿でディケイドやディケイド激情態と戦っていましたし、やはり換装パーツで再現できるようにしてほしかったですね。


kuugautop

kuugau03 
アルティメットフォームは写真だけならサムズアップポーズがあるものの劇中ではするシーンはなかったと思うのですが、フィギュアーツにも専用ハンドが付属していたこともありこちらもあってもよかったかも。

最強フォームがリリースされる中なかなかリリースされなかったクウガアルティメットですが、待たせただけあって高い完成度に仕上がっていました。以上、メディコムトイ RAH DX 仮面ライダークウガ アルティメットフォーム レビューでした。

 

(総評)
良かったところ
クウガアルティメット特徴的な各部アーマーを造形を精密に再現
スーツ部分の金ラインを3Dプリントで再現し、動かす際も剥離せず動かせる
可動域は高めで、特に腕の可動性は特に高い

気になったところ
若干ヘッドが外れやすかった

以前に出た1/6スケールものを所有していないので比較はできませんが、今までのフォームとは形状の大きく異なる各部アーマーの形状もよく再現されていました。クウガアルティメットフォームの特徴的な4本角や口、肩肘、脚の尖ったパーツも鋭く再現されており、スーツ部分の金ラインは3D軟質プリントにより浮き出た造形を見事に再現していました。また、ベルトの古代文字も詳細にプリントされており、全身の模様等も詳細に施されていました。そして見た目よりも可動性は高く、すべてではないものの劇中でのポーズに多く対応可能でした。
気になったのはヘッドが若干外れやすい点ですね。あとは劇中で使用した武器等がないフォームなのでオプションパーツが少ないので、初回限定などでダークアイズ換装可能パーツを用意してプレイバリューを高めてほしかったです。

ダークアイズが付属していないことは残念でしたが、全身のデザインの高い再現度だけでなく可動性も高めなので、このサイズのクウガアルティメットが欲しい人は購入する価値があるフィギュアだと思います。予定はないですが、ダークアイズが欲しい人のためにも今後ダークアイズ版もしくはダークアイズ交換可能なものもいつかは出してほしいですね。

それでは今回はこれにて。
 


RAH DX 仮面ライダークウガ アルティメットフォーム(駿河屋) (あみあみ)(楽天)
RAH GENESIS 仮面ライダーアマゾンオメガ(駿河屋) (あみあみ)
RAH GENESIS 仮面ライダーアマゾンアルファ (駿河屋) (あみあみ)
RAH GENESIS 仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマー レベル2(駿河屋) (あみあみ)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ