ホットトイズ スーサイド・スクワッド ジョーカー パープルコート (通常版) レビュー - ヒーローフィギュアをレビュー!

ホットトイズ スーサイド・スクワッド ジョーカー パープルコート (通常版) レビュー

 jokerptop
今回は遅れましたが、ホットトイズ スーサイド・スクワッド ジョーカー パープルコート 通常版のレビューです。





 

(全体像)
joker01joker02joker03joker04 
素体はスーサイド・スクワッド版ジョーカーに合わせた新規のものが使用されており、演じたジャレット・レト氏の細身の体型を再現しています。そして上半身には劇中でも目立っていたタトゥーが各部に詳細にプリントされていました。

(各部)
DSC09204DSC09205DSC09208DSC09210DSC09212DSC09214 
今回のパープルコート版はタキシード版、刑務所版のにらんだような表情のヘッドとは違い、不気味に笑った表情のヘッドになっています。演じたジャレット・レト氏の顔をかなり忠実に再現しており、サンプルからの劣化もなくジョーカーの狂気が伝わってくるような感じを醸し出しており、かなり良い出来のヘッドだと思います。

 

DSC09217
顔には額や各部に小さなタトゥーも詳細に施され、額の「Dameged」の文字や目の周りのシャドウも小さくてもしっかりと判別できるほど細かく再現されていました。

 

DSC09220DSC09221

DSC09223
歯は、一つ一つの矯正した銀歯と普通の歯などの形状も細かく造形及び塗装が施されており、口やほおの形状も問題ない再現性でした。

DSC09180
上半身正面には5つのタトゥーが再現されていました。ちなみにタトゥーに影響を及ぼさないためか腰や腹部の可動部位はありませんでした。

 

DSC09184
左胸にはトランプカードと「HAHAHAHA」と笑い声のデザイン風のタトゥーが施されていました。

DSC09196
右胸にはドクロの顔をしたジョーカーのシンボルマークのタトゥーが左肩にまたがって再現されています。

DSC09197
右わき腹には「God’s only child」とのタトゥーが、側面でも問題なく再現されていました。


DSC09186
左肩には人相の悪いジョーカーのキャラのタトゥーが 施されていました。

DSC09188
左腕にはバットマークをナイフで貫いた絵が再現されていました。

DSC09736DSC09194
そして腕には胸と同じく笑い声のようなタトゥーと、手の甲には笑った口が詳細に再現されていました。

 

DSC09199
右腕には、より大型の笑った口がタトゥーで施されていました。

 

DSC09201
右腕には矢で射抜かれた小鳥のタトゥーがプリントされていました。

 

DSC09171
背中には飛翔するドラゴンのタトゥーを再現されていました。タトゥーではこれが一番大型のこともあり、飛翔する迫力ある龍を見事に再現できていました。

 

DSC09732

DSC09175
はいているボクシングトランクスはゴールドとシルバーの糸で縫製されており、サンプル画像と同じく左右非対称のデザインをよく再現していました。


DSC09177
はいているタイツは、なぜが敵であるバットマンのマークが意匠となっていました。

 

DSC09229DSC09227
ブーツにはひもの代わりに使用されたチェーンを塗装で再現しており、左の靴の先には笑った口のデザインが施されていました。

 

(オプション)
パープルコート

DSC09271DSC09269 
パープルコートはクロコダイル柄の表面をよく再現しており、光沢あるパープルカラーで仕上がっていました。コートのボタンや後ろのバックベルト等もしっかりと作られており、内側は総裏仕立てになっていました。ただその分コートが厚くなったこともあり、ジョーカーに着せた際には腕や肩の可動性に若干の干渉がありました。

DSC09728
コートの襟とフロントラインにはワイヤが仕込まれており、好みに合わせて形状を変えることができました。

jp02jp03jp04 
パープルコートを着せた状態です。写真ではそのままですが、上記のように襟は好みの形状を変えることができます。ただこのコートはボディに色移りする可能性があるので、長時間コートを着せたままではディスプレイしないほうがよさそうです。

交換用ハンド

op02op03
オプションハンド計7つ付属し、二つはグローブをはめた状態のものになっていました。素手のものは、口の入れ墨や指輪などが施されていました。

 

op01
杖は、持ち手の模様や杖本体のパープルカラーの部分の塗装なども問題なくしっかりと作りこまれていました。

 

gun01gun02
ジョーカー専用の銃はパープルを基調としてグリップにジョーカーマーク、スライドにもヒョウ柄、トリガーやハンマーはゴールドで塗装されており、細かい部分も作りこまれておりジョーカーらしい派手な仕様の銃に仕上がっていました。

 

gunmagazine
いままでの他のフィギュアの銃と同じく、銃のスライドやハンマーは可動しマガジンは取り外せます。

 

ネックレス ブレスレット

neckress
ジョーカーにはネックレスは計3種類+左腕用ブレスレットが付属し、それぞれ光沢も強く質感も申し分なかったです。

 

udewa 
右腕用にドクロをつなぎ合わせたブレスレットと、左腕用に金色の時計が付属します。

 

clock
時計は、小さいながら文字盤や秒針までも再現されていました。

スタンド
DSC09259
DSC09263
スタンドは劇中の床らしき場面が再現されたジオラマが付属し、正面には映画のロゴとこのフィギュアの名前、照準が貼り付けられていました。

バックボード

backboardDSC09318
今回はジョーカー自身のシンボルマークがプリントされたバックボードが付属し、前にフィギュアを立たせてディスプレイすることができます。

 

(可動域)
DSC09273DSC09275
ヘッドは若干上下に動かすことができます。ただ、いつものことですがあごをひいたまま左右には回転させないほうがよさそうでした。

DSC09278
首は写真よりも無理すればもう少し傾かせることができますが、私の購入分では外れることがあったので注意が必要です。

 

DSC09280
ヘッドは左右には干渉なく左右に回すことができました。

 

DSC09281
腕は上下左右には自由に動かせます。ただひじは約90度までで肩も引き出し式ではないので、十分な可動性まではありませんでした。

DSC09284

DSC09288
脚は前方に90度まで上げることができ、ひざは約150度ほどまで曲げることができました。

 

DSC09290 ashi
脚は左右には約60度ほどまでそれぞれ開き、後ろにも50度ほどまでは動かすことができました。

 

 

DSC09294
ブーツは前後左右とも可動域がそこそこあるので、接地性は高めでした。

(そのほか)
ssjoker02SSjoker01 
jokers03

jokers01jokerp02jokerp07jokerp05jokers02jokerp08jokerptopjokerp09jokerp11joker07jokerp06
通常版で武器が少ないので、バットマンのライフルを拝借

 

jokerp01jokers07jokerlaugh

bats04

jokerp10 
bats02 
映画では登場シーンはかなり少なかったので、新しいジョーカーに期待していた人はちょっと肩透かしだったのかもしれません。今後ジャスティスリーグ後などの単独作での、ジョーカーの本領発揮に期待したいですね。

 

以上、ホットトイズ スーサイド・スクワッド ジョーカー パープルコート (通常版) レビューでした。

 

(総評)
良かったところ
笑った表情のヘッドはサンプルから劣化がなく秀逸な出来
ヘッド及びボディのタトゥーは詳細かつミスもなく丁寧に再現
コート着用、上半身裸の二タイプでのディスプレイが可能

気になった点
通常版では武器等が少ない
腕、肩の可動域はさほど広くなく、腹部、腰には可動部位なし

 

今回のフィギュアは、別バージョンでは再現されなかった劇中のジョーカーの上半身のタトゥーを忠実に再現しており、かなり力を入れて作られていました。ヘッドも狂気をはらんだ表情を良く再現しており、サンプルから劣化なく仕上がっていました。紫のコートはワイヤや裏地などもしっかりと作られており、ジョーカー仕様のハンドガン、杖なども飾りや塗装も詳細に仕上がっていました。そしてコートがあることにより上半身裸とコート着用の二種類の容姿に対応できることが、他2つのジョーカーフィギュアとは大きく違う点だと思います。

気になった点は、ヘッドが笑った顔のみなのでできればヘッドと衣装が二種類のDXセットで出てくれればディスプレイの幅がより広がったと思うので残念でした。それと素体の上半身はタトゥーの再現に必要なためか可動域も少なくなっており、肩や肘の可動域はもう少し広がるとよりポーズの幅が広がってより良くなると思いました。

気になる点はありましたが、劇中で印象的な上半身タトゥーを再現した状態とパープルコートの二種類を再現できるフィギュアはこれしかないので、3種類出たジョーカーでプレイバリューが高いものならばこれが一番いいと思います。ただ真顔のものが欲しいならば私は予約するのが遅れて買えなかったタキシード版のほうがいいと思いますが、現在あまり在庫がなさそうなので今からだと買いにくいかもしれません。

今後はデッドショット、ハーレイ・クイン、トイサピ限定のバットマンが控えていますが、他のスクワッドのメンバーは今のところ情報はありません。次はワンダーウーマンやジャスティスリーグにリリースは移行するとは思います。ただスーサイドスクワッドも続編が予定されているようなので、ジョーカーもまたの登場に期待したいですね。

それでは今回はこれにて。

 


ホットトイズ ジョーカー パープルコート (あみあみ)(楽天)
ホットトイズ ハーレイ・クイン (あみあみ)(楽天)
ホットトイズ デッドショット (あみあみ)(楽天)

(関連レビュー) ホットトイズ スーサイド・スクワッド ハーレイ・クイン トイサピエンス限定版 レビュー ホットトイズ スーサイド・スクワッド デッドショット 通常版 レビュー

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Genre:趣味・実用|Thread:フィギュアコメント(-)トラックバック(0)Edit
トラックバック
Copyright © ヒーローフィギュアをレビュー! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

ブログパーツ